三重へ…

 本日から三重に行くため、ブログの更新がしばらく停まります。大体2週間ほどですね。今後の更新速度はよくわかりませんが、帰ってきても気が向き次第書いていくつもりです。

 それにしても、8月になってから夏休みボケになってきました。小学校の頃から根付いている習慣は強いものなのか?7月終わりでちょっとタガが外れて、半月もの間、化石掘りほか、のバイトや帰省をして‘ボケ’になったあとの学校って、慣れ直るのにちょっと手間がかかりまする。実習で修正できるかどうか…。
スポンサーサイト

今現在の声優の順序です

 シャトヤーンさんのブログに、女性声優140人ソートというサイト(http://blog14.fc2.com/b/bountyhunter02/file/sort140.html)が紹介されていたので僕もやってみました。アンケート形式で答えてくと自分の好きな声優が1位から順に並びます。結構時間がかかります。ちなみに、知っている、もしくは名前を聞いたことのある声優は全体の4割ほどでした。何やら2位の声優がずらっときましたね。比べようがないのでしょうか。1位は高山みなみです。おそらくドラえもんに次いで長年聞いている声優の1人です。

1 高山みなみ
2 大谷育江
2 田中真弓
2 田村ゆかり
2 林原めぐみ
2 堀江由衣
2 山口真弓
2 雪野五月
9 かないみか
9 釘宮理恵
9 桑谷夏子
12 平野綾
12 松岡由貴
12 水樹奈々
12 皆川純子
16 生天目仁美
16 能登麻美子
18 沢城みゆき
19 白石涼子
19 田中理恵
19 茅原実里
22 後藤邑子
23 折笠愛
24 斎藤千和
25 小清水亜美
26 小林ゆう
26 酒井香奈子
26 榊原ゆい
26 阪田佳代
30 川澄綾子
31 伊藤静
32 豊口めぐみ
33 佐藤利奈
33 清水愛
35 福原香織
36 新谷良子
36 ゆかな
36 渡辺明乃
39 三石琴乃
40 門脇舞以
41 桃井はるこ
42 中原麻衣
43 あおきさやか
43 こやまきみこ
45 千葉紗子
46 池澤春菜
47 井上喜久子
47 こおろぎさとみ
47 後藤沙緒里
50 川上とも子
51 神田朱未
52 大原さやか
53 藤田咲
54 野中藍
55 井上麻里奈
56 白鳥由里
57 植田佳奈
58 水橋かおり
59 木村まどか
60 志村由美
61 野川さくら
61 野田順子
63 相沢舞
63 明坂聡美
63 浅川悠
63 浅倉杏美
63 浅野真澄
63 阿澄佳奈
63 新井里美
63 飯塚雅弓
63 井口裕香
63 石毛佐和
63 伊月ゆい
63 稲村優奈
63 井ノ上奈々
63 鹿野優似
63 金田朋子
63 喜多村英梨
63 栗林みな実
63 國府田マリ子
63 小林美佐
63 小林由美子
63 今野宏美
63 坂本真綾
63 佐久間紅美
63 笹川亜矢奈
63 真田アサミ
63 椎名へきる
63 清水香里
63 仙台エリ
63 高垣彩陽
63 高木礼子
63 たかはし智秋
63 高橋美佳子
63 竹内順子
63 辻あゆみ
63 冬馬由美
63 永島由子
63 中山恵里奈
63 名塚佳織
63 西村ちなみ
63 根谷美智子
63 長谷川静香
63 葉月絵理乃
63 朴王路美
63 花澤香菜
63 花村怜美
63 板東愛
63 半場友恵
63 氷上恭子
63 樋口智恵子
63 久川綾
63 広橋涼
63 福井裕佳梨
63 福圓美里
63 藤村歩
63 松本梨香
63 松来未祐
63 皆口裕子
63 望月久代
63 森永理科
122 かかずゆみ
123 加藤英美里
124 いのくちゆか
124 今井麻美
124 榎本温子
124 遠藤綾
124 近江知永
124 緒方恵美
124 落合祐里香
124 折笠富美子
124 甲斐田ゆき
124 倉田雅世
124 桑島法子
124 宮崎羽衣
124 矢作紗友里
124 山本麻里安
124 柚木涼香
124 吉住梢
140 甲斐田裕子

呉羽山の下り坂

 カーマに買い物へ行く際、ただ行くだけではつまらないので、自転車で呉羽山に登ってみました。学校にいるのがもったいない天気だったので。呉羽山の道路もまた、自転車で下るのが楽しい下り坂があります。まあ、登りに通った坂は急すぎて危険でしたが。呉羽ハイツ~終点までは1.6kmですが、そこを3分50秒で通過し、平均速度は25kmです。下り坂の区間1.1kmはちょうど2分で通過したので平均速度は33kmでした。途中、カーブとか車のあるところでは若干速度を下げたので、体感を踏まえると、最高で時速45kmくらいにはなってたかと。ママチャリは時速40kmあたりになるとバランスが悪くなるので危機感が生まれてきます。
呉羽山
 下り坂区間はこちら(赤線)になります。

痛車がサーキットにまで進出します

初音ミク痛車、もっと“痛く”なって「SUPER GT」へ
「もっと本気の“痛車”に」――週末の「SUPER GT」に参戦する初音ミク痛車のデザインが、当初よりさらに“痛く”なった。
2008年08月20日 18時41分 更新
 国内最大級のツーリングカーレース「SUPER GT」(GT300クラス)に参戦する初音ミクの「痛車」が、当初デザインよりも一層“痛く”なった。

 当初はボンネットに初音ミクのシルエットやロゴをあしらったデザインで、痛車と言いながらもなかなか格好よかったが、新デザインは初音ミクイラストの大きなステッカーが張り付けられ、「痛車」と呼ぶのにふさわしい見た目だ。

サイドにもでっかく初音ミク 当初のデザインは、投稿サイト「ピアプロ」で募集したもの。STGT痛車チーム広報課ブログによると「『本気の“痛車”でSUPER GT参戦!』というコンセプトに合わせ、チーム側の意向でより『本気の“痛車”』にする方向でデザイン変更した」という。

 ボンネットに配置していたシルバーのミクのシルエットは、カラーのミクのウェストアップイラストに変更。サイドにあったVOCALOIDロゴも、ミクのバストアップイラストに変わっている。

 8月23、24日に鈴鹿サーキット(三重県)で開かれる「SUPER GT」(GT300クラス)第6戦に、レーシングチームStudie and GLAD with Asada racingのレースカーとして参戦する。チームはスポンサーも募集中だ。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0808/20/news107.html

 以下の画像も上述のサイトのものです。
l_yuo_netlab_01.jpg
 これが当初デザインされたものです。初音ミクのシルエットが所々描いてあります。まだ、あまり違和感のないように見えます。

l_yuo_netlab_02.jpg
 こちらが変更後の車体です。正面の様子です。

l_yuo_netlab_03.jpg
 側面の様子です。こちらもミクのドアップです。デザイン変わりすぎでしょ。

 これは何だ?どういうことだ?こういうレースについて、自分は知識を持っていないから良くわからないけど、こういう車も出れるのか?誰か教えてください。

「恵比寿」という地名は、エビスビールから誕生しました

 恵比寿といえば、七福神の1人の恵比寿様、もしくはエビスビールを連想すると思いますが、東京に「恵比寿」という地名が存在します。ちょうど渋谷から1km弱南側に位置します。
恵比寿
 地図の真ん中の地域が「恵比寿」です。渋谷から1駅分南側にあり、山手線などの駅もちゃんと存在します。「恵比寿」という地名はもとからあったのではなく、エビスビールが創設されたあとにできました。順番で言えば

エビスビール→恵比寿駅→「恵比寿」という地名

です。特に鉄道は、普通ならば逆の順番になりますが、ここでは駅名のほうが先です。

 エビスビールは明治27年(1894年)にこの地域で創業され、そのうちにその名にあやかり恵比寿神社が創建されました。明治34年(1901年)にはビールの運搬のために山手線にえびす停留所が造られ、5年後の明治39年(1906年)には旅客用の駅に昇格し、恵比寿駅が誕生しました。そのうちに地元でもえびすという呼び名が広まり、昭和3年(1928年)に恵比寿と言う地名が誕生し、区画整理を行ううちに恵比寿駅とエビスビール工場の一体が恵比寿と正式に呼ばれるようになったのです。

 会社名や駅名から地名が生まれた面白い例ですが、日本には新幹線の駅名が町の名前になった例があります。それについては、また気が向いたら紹介しときます。

地下鉄の短絡線 その5 名古屋 鶴舞線~桜通線

 東京の完全なる短絡線の紹介も一まず終え、場所を名古屋に移します。東京には他にもありますがそれはまた別の話で紹介します。名古屋には1箇所、短絡線が存在し、場所は丸の内です。丸の内駅付近で、鶴舞線桜通線を連絡します。

丸の内
 こちらが丸の内の位置です。名古屋駅から約1km東にあります。

丸の内駅 乱落選
 上図の拡大です。鶴舞線桜通線が十字に交差し、短絡線は90度曲がって両者を結んでいます。曲線の半径は、なんと90mです。

丸の内 乱落選
 こちらが配線図です。鶴舞線から分岐したあと、桜通線の上を越えながら曲がり、その後44‰(tanθ=44/1000)という急勾配で下り、スイッチバックをして合流します。曲線部の真上には歩行者用の通路があり、鉄道特有の曲線を描いているので、すぐにわかります。東京以外の地下鉄は路線の重なり方が単純で、図を描きやすいです。

 この短絡線もまた、他の短絡線と同様の理由で作られました。新しく出来た桜通線には大規模な車両基地が無いため、その車両を基地のある鶴舞線に輸送するために造られたのです。短絡線のある地下鉄の特徴は、比較的新しい路線であることと、他の鉄道と直通運転をしていない(つまり、他の鉄道の車両基地に行けない)ことが挙げられます。

名言集 その12

一度も過ちを犯さない人に出来ることは何も無い
(ナポレオン・ボナパルト:フランスの皇帝)
 なるほど、何事をするにも何らかのリスクはどうしてもつきものであり、時折そこで失敗をしてこそ前に進めるということですな。なんか、高校や大学生の年齢になってくると、過去を振り返ってもうちょっとリスクを負ってやっとけばよかったと思ってしまうものですよ。まあ、ある意味失敗する覚悟で望まなかったことを後悔することも、れっきとした失敗であり、きっと糧にはなるでしょう。

1本の木からは100万本のマッチを作れるが、1本のマッチは100万本の木を燃やしてしまう
(アメリカの諺)
 ものを壊すのは簡単でかつ、そういうものにフィードバック(ここでは悪循環という意味)が働いています。

真の勇気が試されるのは目撃者がいないときである
(バイオハザード)
 これはかなりグサリときました。人前だと見栄を張ったり、精神的にも勇気を出して行動させられる状態になってしまいますが、見ている人がいないと、全ての行動は完全に自分の判断ですることになりますからね。

あいにくだけどこの車は4人乗りなんだ
(骨川スネ夫:ドラえもん)
 スネ夫のいとこのスネ吉兄さんがみんなを旅行に連れて行く際に、必ずといっていいほどのび太に放つ台詞です。今まで何回言っただろうか?その際ジャイアンはともかく、しずかちゃんや成人であるはずのスネ吉兄さんがのび太を金輪際フォローせずに置いてきぼりにするのは冷酷すぎるだろう。

悪いけどこのビデオは3人用なんだ
(骨川スネ夫:ドラえもん)
 前述の台詞の派生でもある台詞です。スネ夫の家でビデオ鑑賞をする際にスネ夫がのび太に放った台詞です。前述の台詞よりも酷い。その際ジャイアンはともかく(これも何気に酷い言い方だが)、しずかちゃんまでものび太をフォローせずに、ションボリしながら去っていくのび太を無視です。テレビ放送においては、ドラえもんの主要キャラって偏り過ぎた言動を平気で行いますなあ。

JR東海だからこそ

JR東海 日本車輌製造にTOB 一貫体制築く
8月15日23時19分配信 毎日新聞

 JR東海は15日、鉄道車両メーカー大手の日本車輌製造に対する株式公開買い付け(TOB)を18日から実施すると発表した。従来の車両の開発と保守に、設計、製造も加えることで一貫体制を築き技術力の向上を図る。25年開業を目指す「リニア中央新幹線」の開発にも生かす。

 買い付け価格は1株370円。最大約262億円をかけて現在の保有割合1.80%を最大50.10%まで買い増し連結子会社化する。買い付け期間は10月7日まで。日本車輌はTOBに同意している。

 日本車輌は、JR東海が昨年導入した新型車両N700系など新幹線車両の約6割、在来線の約9割を製造している。経営基盤強化が課題で、3月から提携を検討してきた。

 JR東海の松本正之社長と日本車輌の生島勝之社長は15日、名古屋市で会見し「リニア推進には技術力強化が課題だ。両社の強みを最大限生かし、総合的な技術力を高めたい」と述べた。【鈴木泰広 】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080815-00000023-maip-bus_all

 TOB自体にはいいイメージを持っていなかったけど、日本車輌も子会社化に賛成しています。というか、日本車輌って、日本の鉄道車両の大黒柱といえる存在ではないですか。そういう会社にTOBをできるのは東海道新幹線で年間1兆円以上の収入を得、自力で中央新幹線を作る財力があるJR東海だからこそであります。

地下鉄千代田線の路線図

 折角なので東京めぐりの最中に、東京メトロの地下鉄千代田線の路線図を撮影してきました。急いで撮ったため撮影ミスが所々見られますが、気にしない気にしない。知っている人は突っ込めばそれでよく、知らない人は千代田線に乗ったときにでも気付いてくださいな。
P8130289.jpg

今日は降りすぎました

 今日は北陸地方が断続的な集中豪雨に襲われました。明け方辺りは1時間30mmを越え、北陸本線でも一時運転見合わせや徐行運転が行われて、自分の乗っていた急行「能登」は40分遅れで富山に到着しました。まあ、その分余計に寝る時間が増えたのでよかったと解釈しときましょう。午前中は蒸し暑すぎましたが、午後からの豪雨で結構気温は下がりました。かったるい…。

帰る途中で

 楽しかった帰省生活も終わり、現実の世界へ帰る羽目に。あー…。昨日の21:36発の新幹線で東京へ行き、そこから一昨日も使用した夜行急行「能登」で富山に買えることにしました。今回は寄り道せずにまっすぐです。寄り道が楽しいんですけどね、本当は。静岡は夜も暑いです。柔道の最後の決勝を見て気分を良くして家を出ました。Uターンのピークは明日らしいので、まだ新幹線も能登も満席ではなく、何とか座れてよかったです。

 東京駅にN700系が停まっていたので、今度は至近距離から撮影しました。

P8150337.jpg
 先頭車両です。今までの700系と明らかに形が違い、前灯も白いです。でも、前からだと鼻でっかちです。700系と同じく、斜め上から見たほうがまだかっこよく見えるのかなあ?

P8150336.jpg
 先頭形状の影響で、乗務員用の扉まで歪んでいます。側面の青線は今までの700系と同じです。

P8150335.jpg
 連結部には新幹線で始めて採用されたホロが。空気抵抗や騒音を減らすためです。しかしまあ、ここだけが卓越して変色していますなあ。

従兄弟達のパソコン感覚

 自分の実家の近くには小学校高学年と中学生の従兄弟がいますが、かれらはすでにエクセルを授業でやったという(本人曰く、わけわからん)。自分は大学に入って初めて知ったというのに、生まれた年が10年近く違うと、感覚が大いに違うと改めて思いました。そういえば、科学博物館の中学校の自由研究のレポートのグラフが、エクセルから作られたものでした。
ここで比較してみると。

従兄弟
幼稚園:このころから自宅のパソコンでお絵かきやゲームを覚える

小学校低学年:インターネットも知っている、恐らく文章を書くこともチョクチョクと

中学校:ワードやエクセルを知る(←おおまかに?)


自分
小学校5年:初めてパソコンに触れ、機械で絵が描けることに感動

小学校6年:初めてインターネットを知る。ワードをこの頃から使用開始

中学校:データやホームページの印刷ができることを知る

大学入学時:パソコン本体だけでインターネットを見れないことを知り、落胆

大学1年:エクセルとパワーポイントの存在を初めて知る。第一印象はわけ分からない

大学4年:エクセルとパワーポイントを徐々に使いこなし始める?


うわー、比較したらとんでもない差になりました。

54時間の帰省

 実家に戻ってから親戚の家を訪れて家に戻りました。実家も暑いです。しかも湿度が富山と全く変わらない。今までの生活で疲れていながら自分は従兄弟とマラソンまでしてしまった。しかし、その後の生活は非常にのほほんとしたもので、今までと比べたらかなり落差を感じてしまいました。それでも疲れていたので平気で10時間睡眠です。滞在時間が2日と6時間と、短いため、従兄弟と夕飯食べに行って、祖父の墓参りをして過ごし、あとはだらけていました。それにしても熱すぎます。

東京駅にて

 昼過ぎに東京発の「ひかり」で実家に戻りました。お盆ということで非常に混んでいます。その一方で、いつもより様々な種類の新幹線車両を一様に眺めることが出来ました。同時間ではなく、それぞれの写真の撮影時間には最大10分の差があるので、すべての車両が同時に見れたともいえないですが、かなり多くの車両が一度に停車していたのは事実です。

P8130316.jpg
 一番嬉しかったのは500系を見られたことです。18番線に停車し、19番線には700系が停車しています。どうやらお盆休みの臨時で運転されて理羽陽です。いい誤算です。東海道新幹線から撤退し、山陽新幹線でこだま号として扱われる運命にある車両ですが、これよりかっこいい車両は当分登場しないでしょう。いつもながら、自分以外にも撮影している人がいました。むしろ撮影している人を見ないこと自体が非常に難しいでしょう。

P8130308.jpg
 前の写真の500系(18番線)と、左隣の17番線に停車している700系です。一番左側(16番線)の車両は300系で、これから僕が乗る車両です。

P8130303.jpg
 更に、15番線(写真右端)には最新型車両のN700系、14番線(写真中央)には引退が近い(3年後?)300系が停車しています。同時間で、300系、500系、700系、N700系と、現在東海道新幹線を走る全種類の車両が停まっていました。4車両一気に取れなかったのが惜しいです。取れる場所へ言ってたら出発するし。複数とって合成してもゆがみそうし。←それでも一応撮影すべきだったと後悔中

P8130304.jpg
 更に、東北新幹線のホームにも、右端から200系(23番線)、E2系(22番線)、E1系(21番線)が停車中です。

 中々楽しい時間でした。

社会科見学

 最後に秋葉原を歩いてきました。5ヶ月ぶりです。手奈訳で、いくつかの店を社会科見学してまいりました。アニメイトやゲーマーズもありましたが、どちらも7階建てでしたよ。めちゃくちゃ色々なものがありすぎました。沢山ありすぎて分けわからないのですが、その中でも知っている作品やキャラがチョクチョクいたのは何故でしょう?やはり外国人が多いですね。中には猫耳ヘアバンドをつけている外国人(学生?)の5人組がいました。何で外国人のオタクってあんなにさわやかに見えるんだ?堂々としているから?アキバ系だけでなくほかの分野でも趣味を持っているから?
 また、例の事件の現場も通過しましたが、献花台も無くなり、もとの状態に戻っているように見えました。

2日早い参拝

 地下鉄めぐりの後は、靖国神社に参拝して来ました。厳密に言えば2日早いともいえますが。境内は平日ということもあり、かなり空いていました。とても穏やかです。2日後は例年通りすごい事になっていそうです。参拝者が多くて込み合っている、というのは全然構わない、むしろあるべき姿形なのですが、この場に場違いな運動団体(主に左の)、マスコミが乱入するからいけないんですよね。第一、靖国を批判している連中って神々を否定しているんですが、あれだけ靖国に目くじらを立てるということは、神々の存在を認めているんじゃあありませんかね。

地下鉄の短絡線 その4 東京 大江戸線~浅草線

 帰省の途中ですが、地下鉄巡りをした際に例の短絡線の写真を撮ってきたので、ここで紹介します。今回は東京で3つ目になる短絡線です。この短絡線は大江戸線の「汐留駅」~浅草線の「大門」と「新橋」の間を結びます。

コピー (2) ~ 地下鉄短絡線
 こちらが短絡線の位置図です。新橋のすぐ近くの汐留に位置します。汐留といえば、旧新橋駅(日本で最初の鉄道駅)のあった場所でもあり、コナンとキッドが対決した場所の1つでもあります。

汐留駅 短絡線
 こちらが拡大図です。大江戸線浅草線が離れて並行に通ります。大江戸線浅草線の線路の幅は共に1435mmで、新幹線の線路の幅と同じです。しかし、車両の動力源は大江戸線はリニアモーター方式、浅草線は普通の電車方式であるため、互いの列車が自力で乗り入れられないそうです。

汐留 短絡線
 こちらが配線図です。このように単線で互いの路線を結んでいます。下にはJR総武・横須賀線が走ります。

P8130300.jpg
 大江戸線の汐留駅構内です。壁の向こう側から短絡線が合流してきます。

P8130301.jpg
 本線と短絡線の合流地点です。このように、ホームから閲覧可能です。その点は有楽町線の市ヶ谷駅と同じです。本線のほうは線路と線路の間にリニアモーターの機械設備が設置してあります。

P8130299.jpg
 短絡線の奥を撮影してみました。手前が本線で奥のトンネルが短絡線の通路です。このトンネルが浅草線に行くわけです。前述の通り、各車両が自力で行き来することが出来ないため、専用の機関車で牽引するらしいです。
 
 この短絡線は、大江戸線の車両を浅草線内に造られた車両構造で改良などをするために造られました。

 

副都心線巡り その4 渋谷駅

 こちらが現在の終着駅である「渋谷駅」です。地下5階です。4年後には東急東横線と直通運転を開始し、ここから横浜方面、さらには横浜地下鉄のみなとみらい線に乗り入れて中華街まで直接行けます。このように将来が期待されるターミナル駅にふさわしく、駅は2面4線と豪華なつくりになっています。ただし、内側の2線を使用するのは東急と直通運転をするときであり、今は使われていません。しかし、その分今現在は面白い駅になっています。

P8130277.jpg
 ホームの中間には吹き抜けが。他の数駅でも見られます。吹き抜けにすることで開放感がでるのに加え、車両の動きによる風や廃熱により発生する上昇気流が吹き抜けを通過するため、自然換気ができるようになりました。この吹き抜け、まだ使われていない内側の2線の真上にあります。将来東急と直通運転を始めてこの線路が使われるようになると、真上から列車の鑑賞をすることが出来るようになります。

P8130276.jpg
 終端はまだ行き止まりです。4年後に横浜方面へ繋がります。コンクリート壁の向こう側では東急のトンネル工事が行われている最中です。

P8130278.jpg
 内側の2線はまだ使われていません。しかし線路はきっちり敷いてあります。何故だろう?ホームの行き来を便利にするため。2線の間に床が所々取り付けられています。線路に下りてみたい。

P8130279.jpg
 バラスト(下の砂利のこと)もちゃんと敷いてあります。隣接する構造物へ振動が伝わりにくくするためにあります。渋谷駅も、地下構造物が複雑に入り組んでいるので。

P8130286.jpg
 ホームの端から池袋方面を撮影です。まさに絶景です。こんな絶景が見られる地下鉄なんてほとんどありえないでしょう。4線のど真ん中から撮影できますよ。ここも内側2線の上に床が敷いてあるので、このような撮影が可能です。決して線路に降り立って撮影したわけではありませんよ(写ってはいないけど、安全柵もあります)。もうちょっと低い位置から撮影したら、本当に線路上から撮っていると疑われそうです。
 ここからは列車の出発や進入が優雅に眺められます。タモリ達ははしゃいでいました。彼らは、「ここにバーを営業させたらいいんじゃない?」とまで言っていましたが、そうなったら確かに面白いです。

P8130287.jpg
 外側の線路から、本線とは別の線路が分岐しています。すぐ行き止まりになっているので、恐らく作業用車両かなんかを留置させるための線でしょう。
 
渋谷駅
 最後に、こちらが渋谷駅の立体図です(http://www.tokyometro.jp/rosen/eki/shibuya/index.htmlより)。一言でめちゃくちゃ複雑です、特に地方の人間にとっては。地上3階に地下鉄銀座線、2階にJR線や東急線、地下3階に地下鉄半蔵門線、そして地下5階に副都心線です。地下鉄銀座線(地上3階)は地上約12m、地下鉄副都心線(地下5階)は地下約28mに位置し、互いの高低差はなんと約40mではないですか!同じ地下鉄なのにすごい落差です。ちなみにこの2線は改札内乗換えが可能で、乗り換えに30分費やすらしいです。

副都心線巡り その3 東新宿駅

 東新宿駅は各駅停車の列車が急行列車を退避する駅でもあります。即ち、待避線と通過線がちゃんと分かれています。
P8130294.jpg
 こちらが池袋方面のホームの写真です。待避線には各駅停車の列車が停車し、急行を通過待ちしています。右側の壁の向こうが通過線で、通過列車が時速75kmで通過します。残念ながら通過するときの音と車両の屋根しか見られませんが、壁があるからこそ高速で通過できます。他の駅では通過速度が60kmに落とされていますので。

副都心線巡り その2 新宿三丁目駅

 まず、「新宿三丁目」から副都心線に乗りました。この路線、他の地下鉄と違い駅構内にも冷房が効いていて涼しいです。実際に他の路線のホームへ行くと明らかに空気が違います。
 「新宿三丁目」は急行が停車し、丸の内線と新宿線の乗換駅です。ちょうど伊勢丹が近くにあります。

新宿三丁目
 こちらが「新宿三丁目」の位置図です。地図の真ん中に位置し、丸の内線や新宿線と重なっています。
 副都心線のこのは立体的に見て丸の内線と新宿線の間をする抜けるように造られています。副都心線の上に丸の内線、下に新宿線が通りますが、丸の内線と新宿線の線路の落差は僅か6mしかありません。その6mの間に副都心線の駅を作ったのです。実際に副都心線のトンネル11cm下には新宿線のトンネルが、30cm上には丸の内線のトンネルが通るというすごい位置関係になっています。

副都心線巡り その1 概要

 せっかくなので、というか、最初から計画していた通りに副都心線に乗ってきました。一応「渋谷」~「小竹向原」の間をめぐりました。副都心線は東京に建設される最後の地下鉄といわれ、路線自体の需要よりも、他路線との直通運転を重視して建設されました。また、山手線のバイパスとしての役割を果たしています。地下鉄では珍しく急行列車も設定され、「小竹向原」~「渋谷」の間では、「池袋」と「新宿三丁目」にしか停まりません。急行が設定されるているため、「東新宿」には退避設備が設けられ、ダイヤの自由度が増し、「池袋」~「渋谷」の間を急行は11分で結びます。

路線図
 こちらが東京メトロの路線図です(http://www.tokyometro.jp/rosen/より)。茶色が副都心線です。このうち「池袋」~「渋谷」が開通しました。「池袋」~「和光市」の間は有楽町線と線路を共有しているため、既に開通しています。現在の所、東部東上線、西部有楽町線と直通運転をしており、4年後には東急とも接続する予定です。



以下はこの続きです
http://jp.youtube.com/watch?v=2LvtaNUkBy4&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=4mBgjogbDpg&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=6Kn9mI7_CIY&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=YXPc1D8gA8E&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=MGKc5KkgQ3Q&feature=related
 タモリ倶楽部でも、副都心線が紹介されました。まあ、ここにいる人達みんながマニアなので、会話の内容が分かりづらいですが、色々と副都心線について知ることが出来ます。みんなテンション高いなあ。

急行能登にて東京へ

 東京巡りをするために、急行「能登」で旅立ちました。23:01富山発→6:04上野着です。当然眠ります。しかし、座ったままではロクに眠れません。お盆の帰省にもかかわらず、幸いにもこの列車は空いていたので、2つの座席を使って体を横にして眠ることが出来ました。あまり良くない行為ですが、空いていたからギリギリセーフか?どうやら、10分後に走る寝台特急「北陸」に乗る人が多いようです。6300円以上高くなりますが、ゆったり寝たいですからね。

P8130264.jpg
 日暮里あたりで東北・上越新幹線のE4系に抜かれました。車体にはポケモンが描いてありました。

P8130271.jpg
 急行「能登」です。いまや懐かしいものとなってしまった、ボンネット型の先頭車両です。当然のごとく、写真を撮っている人が大勢いました。

P8130272.jpg
 10分ほど送れて寝台特急「北陸」もやってきました。こちらも、到着前からカメラを構えている人が結構いました。

帰去来(帰りなんいざ)

 今日の夜から実家に帰省します。7月は色々とめまぐるしかったので、8月の前半はバイトや帰省に費やすことにしました。そうすると、そのあとの学校生活がかったるいんだけどなあ。まあ、こういうのはやるべきときはやりましょう、てなわけで急行「能登」で東京を経由して帰ります。

地質調査法実習見学

 昨日は、今3年生が富山の山奥でやっている地質調査法実習を見に行ってきました。格好をつけて言えば指導ですが、大体は遊びに行ったという感じです。正直、自分も良くわからないようなのが出てきて質問されてもあやふやに答える始末でした。まあ、今回僕が行って少しでも+似なれたら幸いですが、いやな自体は教えたのが実は間違いでそれを先生に知られることだろうな。まあ、そうならないことを祈ります。調査はちょうど1週間目で少しは慣れてきたようです。このまま無事に終わればいいです。それにしても熱かった、良くやれるなあと思うよ。一個tでまとめれば、楽しそうでした。みんなも一年後にはそう思うでしょう。

P8110258.jpg
 露頭の観察風景です。聞かれて嬉しい質問と都合の悪い質問が交互に来ました。まあ、多少はあてると願います。
 
P8110259.jpg
 慣れてきたのか?切り込み隊長が露頭めがけて登っていきました。下の人はぶら下がっているようにも見えるが、大丈夫だろうか?

P8110261.jpg
 夏だからこそ出来る沢遊びも途中でありました。中には水中眼鏡をつけて泳いでいる輩も。なんだかんだで遊びを取り入れています。

発掘の打ち上げ

 最終日の夜は、近くの民宿で打ち上げをやりました。みんなともども陽気な人たちばかりで楽しかったです。僕はというと、先輩の学生と飲んで、鉄道やオタク系の話や、学業についてと、色々語り合いました。明日はバイトの関係で5時半起床なのに、結局1時まで飲んでしまった。

P8090253.jpg
 この宿にはあの五右衛門風呂がありました。水で埋めないと熱くては入れません。

化石発掘のバイト

 去年はいけませんでしたが、今年は行ってきました。富山の山奥には恐竜の足跡化石を一とする化石が産出する場所があります(手取層郡という地層)。そこで毎年夏に発掘作業が行われ、自分も過去に2回参加しました。そのときの作業は岩石中に含まれている化石をハンマーで少し筒砕いて探していくという、簡単だけど2日目でだれてくる作業をしておりました。まあ、それだけで給金もらえるから割がいいのだ。今回は露頭の洗浄や、その他雑用などをしてきました。露頭には恐竜や鳥の足跡化石が多数存在し、作業はその上でやるので土足でずかずか乗り込み、気付いたら足跡化石を踏んづけているということも(←上部なので踏んでも大丈夫)。直射日光にさらされているのでめちゃくちゃ暑いのですが、幸い猛暑日になるようなことは無く、時々雲ったのでミイラにならずにすみました。今回は6日連続で参加しました。

 露頭写真を公開するのは禁止されているので、その周りの写真だけとりあえず載せます。
P8080243.jpg
こういう山奥でやっています、以上。

P8090250.jpg
 カモシカがやってきました。6日間で3日見られました。他にもサルやマムシも見ましたが、残念ながカメラを持っていなかった。

名言集 その11

歴史は虹のようなものである
(発言者不明)
 虹というものはそのすぐ近くにいると単なる雲や霧(水滴)にしか見えないが、遠くから見てやっと虹そのものをはっきりと認識できます。これと同じで、世界の歴史にしろ個人個人の人生にしろ、自分がその真っ只中にいる時は中々その出来事の真意に気付けず、しばらくたってから全体像が見えるものです。この言葉はそのことを意味しています。

リアル猫耳を知らずして猫耳娘を語るべからず
(永井:乃木坂春香の秘密)
 何だこれは?二次元の物に夢中になる前に、現実を見ろということなのか。なにやら深そうな台詞だ。

人生に回り道は無いのさ
(フォルテ・シュトーレン:ギャラクシーエンジェル)
 これもまた、僕らにとっては大切な台詞です。しかし、この台詞を彼女が発した場面というのは明らかに回り道をしたほうがいい状況なんだよなあ。

金に綺麗も汚いもない、金は金だ
(桜木建治:ドラゴン桜)
 よく人が勘違いすることです。使う人だけでなく、使われた“もの”に対して嫌悪感が波及するという減少です。気をつけないと無意識のうちにこうなりそうです。

少しくらい我侭にならないと、人生がつまらなくなるわよ
(桂ヒナギク:ハヤテのごとく)
 いかにも彼女らしい言葉です。そういえば、高校の頃、ある先生も「受身は人生をつまらなくする」とか言っておりました。いい意味で自分の思うとおりに行動し、悪い意味で回りに流されてはいけないということです。

地下鉄の短絡線 その3 東京 南北線~有楽町線

 前回の記事(地下鉄の短絡線 その2)で、千代田線有楽町線が地下トンネルで繋がっていることを紹介しましたが、この有楽町線は、市ヶ谷駅で南北線とも繋がっています。すなわち、千代田線と有楽町線と南北線は地下で一繋がりになっているのです。 

コピー ~ 地下鉄短絡線
 こちらが今回紹介する短絡線の位置です。赤枠で囲った部分です。

市ヶ谷駅 短絡線
 こちらがその拡大図です。市ヶ谷駅付近で有楽町線南北線がほぼ平行に走り、その間を渡るように短絡線が存在します。

市ヶ谷 短絡線
 こちらがその配線図です。このように、2線を行き来するには2回のスイッチバックを行う必要があります。地下空間が限られているためにこういう配線になりました。途中には南北線の留置線が存在します。有楽町線の市ヶ谷駅ホームから、留置線に停まっている南北線の車両をチラ見できるときもあります。少し上には新宿線も走っています。東京の地下鉄は、こういう図を作るのが面倒くさい…。

 この短絡線は、開通当時に大規模な車両基地を持っていなかった南北線の車両有楽町線の車両基地に輸送するために造られました。さらに、前回紹介した有楽町線と千代田線を結ぶ短絡線を介して千代田線の車両基地にまで輸送する場合もあります。この短絡線も、時々イベント列車が走ります。

 今回と前回に紹介した短絡線は、東京の地下鉄巡り その4でも写真で紹介してありますので、よろしければ拝見してみてください。
 また、こちらの記事(http://www.geocities.jp/metrojpn/renrakusen.html)では、短絡線についてより鮮明な写真を交えて紹介していますので、どうぞ。

 最後に、「タモリ倶楽部」でこの短絡線について紹介されていたので、こちらも見てみてください。

「あれれ~?」を研究しているサイト

 こな研というサイトで、名探偵コナンについて色々と研究をしています。さすが研究所を名乗ることだけあり、情報量が半端じゃありません。特に、こちらの記事(http://www.geocities.jp/cona_kyu/column_27.htm)ではコナンとトイレの関係について論じていますが、これが一番ウケました。

山形新幹線と秋田新幹線の歌

 替え歌で東北新幹線や、上越・長野行き新幹線の歌を作った人が、新たに山形新幹線と秋田新幹線の歌を作っていました。(正確には、“新幹線”ではなく、“新幹線車両直通在来線”ですが)相変わらず、新幹線だけでなく、その周辺の地理なども含めて、知識の守備範囲が広いです。山形新幹線を坂田まで伸ばす構想があったとは。しかし、ネタ切れのため新幹線の歌をここで終えるようです。東海道・山陽新幹線についても作って欲しかったのですが、残念~。今までご苦労様です。



NEXT≫
プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム