名言集 その30

東京裁判の影響は原子爆弾の被害より甚大だ
(ラダ・ビノード・パール:インドの法学者)
 今から57年前、広島の爆心地を訪れた彼がこう言いました。57年前の指摘が今もなおこの日本ではその通りであるという事実は、残念ながら変わっていません。この影響さえ無ければ、と歯がゆい思いをするニュースが今でも次から次へと出てきます。影響を打破させるための意志力や知識が今後広まってゆくことが必要です。

世界は君を許さないかもしれない、でもそれが何だってんだい!僕が、君を許すよ・・・だから、一緒に生きよう。
(富竹ジロウ:ひぐらしのなく頃に・祭囃子編)
 “時報”が“神竹”に様変わりした瞬間であります。最後の最後で全てをもっていきましたな。

言葉は騙すことができる、でもハートは騙せない
(ラモス瑠偉:元Jリーガー)
 人の言動は、心に左右されることから逃れられません。ラモスといえば、僕の年代ではカレーのCMが印象に残っているけど、よくよく見ると凄く熱い人間であります。

軍曹達はもう「オカルト」なんかじゃない…本当の存在、大切な友達なんだ!
(日向冬樹:ケロロ軍曹)
 オカルトマニアの彼がケロロ達のことを掛け替えのないものと改めて認識した瞬間です。確かにこれを聞いたドロロが泣きますよなあ。

普段静かな人間ほど、自分の力以上の事をやったと錯覚した時、自分の存在を誇示してしまうのかねェ
(樹慶蔵:もやしもん)
 いつも目立たない、人前に出ない人って、その反動でいい意味でも悪い意味でもこうなりますよなあ(全否定しているわけではないですが)。それにしてもこの言葉を述べた後、稲を踏み荒らした“普段静かな人間”たち(UFO研究会)に自作の黒色火薬の爆弾を使って復讐するとは恐るべし。
スポンサーサイト

鉄道車両が橋を渡る時に走行音が大きくなる理由

 鉄道車両が橋を渡るとき、「ご~」という大きな音が生じます。これはみなさんも聞き覚えがあるでしょう。逆に、橋以外の場所ではそのような音が生じません。それは、橋以外の場所では線路の下に砂利(バラスト)と枕木、もしくは特殊なコンクリート路盤(スラブ)が設置してあるからです。これらがクッションの役割を果たしているため、列車の音が和らげられます。一方、大半の橋にはこれらの“クッション”がありません。だから、「ご~」という大きな音が発生するのです。線路の下に砂利(バラスト)、枕木などを設置しない理由ですが、実際にそれらを設置すると橋が重くなり、その分橋自体を頑丈に造らなければなりません(橋桁を増やすとか)。また、橋の通る場所は川で、住宅地などと比べて騒音の影響はまだ小さいです。これらの効率を考え、大半の橋では線路の下に砂利(バラスト)や枕木、特殊なコンクリート路盤(スラブ)を設置しないため、あの大きな音が鳴るのです。

14年目にして公式になりました

6/4(木)から先行配布!「ヱヴァンゲリヲン 箱根補完マップ」
東京ウォーカー5月26日(火) 21時52分配信 / エンターテインメント - エンタメ総合

 現在の“箱根町仙石原”が「エヴァンゲリオン」の物語の中心地“第3新東京市”として登場することから、今回の企画が実現。アニメ中の登場シーンを現在の“箱根町”で対比した場所(全19か所)を地図により案内する。この観光パンフレットでは、19か所を効率よく回れるコースも紹介。6/27(土)から公開の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を見に行く前に“現地”をおさらいしておこう。

 なお、6/4(木)~6(土)に箱根町湿生花園駐車場にて先行配布を予定(各日1000部、10:00~12:00、1人1部まで)。6/11(木)以降の配布場所については、箱根町観光協会ホームページをチェックだ!※事前の電話・メールでの問い合わせ不可【横浜ウォーカー/木村優子】


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090526-00000016-tkwalk-ent

 放送開始からすでに14年が経過していますが、今やっと聖地巡礼用の企画を公式に行ったようです。結構前からエヴァ目当てで箱根を訪れたファンはかなりいそうですな。報道を見る範囲ではらき☆すたの町おこし以後、こういった活動が広まっているようにも感じます。消失を中心としたハルヒの新作も始まっていますが、兵庫県西宮市はこういうのはどう思っているのだろうか?町おこしを盛んに行うのは人口の少ない場所ですから、わかりませんね。それにしても、エヴァの関連グッズってあと何年市場の表舞台に出回るのだろうか、個人的に気になる。

成田空港と鉄道 その4 成田空港付近ではJR成田線と京成本線は単線になります

 成田空港は “色々な意味で”日本を代表する国際空港の一つです。そのため利用者も非常に多く、空港に通じる交通機関も頻繁に運行されています。JR成田線(成田エクスプレスなどが走る路線)や京成本線(スカイライナーなどが走る路線)などの鉄道もそうです。列車の運行が頻繁に行われている場所は大抵が複線(2本の線路が並んでいる、道路でいう対面通行)、もしくは複々線(複線が2組、つまり線路が4本)です。

 しかし、成田空港付近では、成田空港に乗り入れるJR成田線と京成本線は両方とも単線(道路でいう一方通行)になっています。これは、成田空港付近ではJR成田線と京成本線の2路線が成田新幹線用に造られた新幹線の路盤を分け合っているからであります。ご存じな人はご存知なように、日本の新幹線は全ての区間で複線です(山形・秋田新幹線は例外)。複線にするために造られた新幹線の路盤は線路を2列に並べる大きさで設計されています。そこに2つの路線を乗り入れさせたらお互いに線路を1本ずつしか敷けず、両方とも単線になります。

成田空港付近
 成田空港、および周辺の地図です。赤色の枠で囲っている地域が、以下に示す配線図の対象地域です。
 
成田空港付近の配線(成田新幹線計画時)
 上の図は、計画されていた成田新幹線の配線図(一部想像)です。空港まで完全複線の路線です。前の記事でも紹介しましたが、JR成田線を超えたあたり~成田空港駅の間は工事が進められ、路盤やトンネルは完成しましたが、工事は凍結になりました。その新幹線の路盤を現在、JR成田線と京成本線がそれぞれ使用しています。


成田空港付近の配線(芝山鉄道開通)
 こちらが現在の成田空港付近の配線図です。この地域の正式な鉄道路線名の区分は、いろいろあって複雑です。この図では話を簡単にするために成田エクスプレスをはじめとするJRの列車が走る線路を緑色スカイライナーをはじめとする空港直通の京成本線の列車が走る線路を赤色で示しています。

 JR成田線は、建設される予定であった成田新幹線との交差部分から空港方面へ向かう線路が分岐し、成田新幹線の路盤やトンネルを利用して成田空港駅へ向かいます。

 京成本線は、空港敷地内の地下トンネルで成田新幹線のトンネルと合流します。空港敷地内の地下トンネルは、両路線が成田新幹線の路盤を共同利用しているために、互いに単線になっています。それ以外の区間はJR成田線のみが新幹線の路盤を使用していますが、ダイヤ上単線ですれ違い用の信号所を1か所設けるくらいで十分と判断されたため、同じく単線です。また、現在JR成田線しか路盤を使用していない区間も、来年度に京成線直通の列車(スカイライナーなど)が使用する線路が建設されることになっています。

 2路線合流させて複線として上下線の線路を2社で共有する手もありますが、JR成田線と京成本線は線路の幅が異なります。いっそのこと三線軌にすればいいかもしれませんが、両者のダイヤの構成や線路の長さ、効率の面、諸事情を考えて、それぞれを単線にして別々に使用するほうが効率的にいいと判断されたのでしょう。

北陸新幹線を走る速達列車の停車駅は?

北陸新幹線:建設負担金問題 知事と沿線3市長、国に要望へ /新潟5月25日13時1分配信 毎日新聞

 ◇「貸付料の地元還元」と「県内駅に全列車停車」求め
 14年度末に完成予定の北陸新幹線(長野-金沢間)の建設負担金問題で、泉田裕彦知事と上越、糸魚川、妙高の沿線3市長が24日、上越市内で会談し、「負担が受益に見合っていない」として、国に対し、開業後にJRから支払われる貸付(リース)料の地元還元と、県内駅への全列車停車を求めることで一致した。泉田知事と3市長の連名で近く金子一義・国土交通相に要望する。
 同新幹線の建設費は国が3分の2、県と沿線3市が3分の1を負担する。ところが、開業後にJRが、建設を担う鉄道・運輸機構に支払う貸付料は別の新幹線の建設費に充てられるという。また、県内に開設予定の上越駅(仮称)、糸魚川駅に全列車が停車するかも、JRが運行計画を検討中で不透明な状態だ。
 泉田知事は「負担に見合った受益を確保するため、見返りを適正に処理するよう国に働きかけることで合意を得たい」と3市長に水を向けた。上越市の木浦正幸市長は「(地元の受益を)求めていく必要はある」と賛同。糸魚川市の米田徹市長は「地元負担の軽減は望ましい」、妙高市の入村明市長も「我々の考えを主張するのが大事」と同意した。【岡田英】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090525-00000102-mailo-l15

 という、要望がでています。地元からしてみればそれを望むのは自然だろうが、北陸新幹線は速達列車(停車駅を限定している列車のこと、「ひかり」や「のぞみ」のようなものです)でも、停車する駅が多くなりそうな予感です。5年後に開通する北陸新幹線の「長野」~「金沢」の間の駅は、

「長野」→「飯山」→「直江津」→「糸魚川」→「新黒部」→「富山」→「新高岡」→「金沢」(仮の駅名もあります)

です。駅間距離は、「富山」~「新高岡」間の約20kmを除き、大方30~40kmという新幹線では望ましい距離間隔になっています。このうち、「長野」、「富山」には全列車が停車する可能性は高いです。また、「直江津」はJR東日本とJR西日本の境界駅になるので、ここにも全列車が停車するらしいです。ということは、最も速い(停車駅の数が少ない)速達列車の停車パターンは

「長野」→「直江津」→「富山」→「金沢」

となります。つまり、2~3駅に1回停まることになります。時刻表でほかの新幹線と比べるとちょっと停車駅が多い印象です。1~2時間に1本くらいは4~5駅に1回しか停まらないような列車を設定したら効果とインパクトは大きいですが、それを巡っていろいろと悶着がありそうです。ただ、「糸魚川」にも全列車停車は背伸びしすぎなんじゃないかな?

採用試験 12 その3 インフルエンザの波紋

 実家で1日ニートをやった次の日は再び東京へ行き、鉄道会社の試験を受けました。以前受けたJR東海とJR東日本ですが、「うん、それ無理」でした。JR東海はエントリーシートで陥落、JR東日本はエントリーシートを通過したものの一次試験の筆記と健康診断で陥落しました。友達の話では、合同企業研修の際にJR系の新入社員を見かけたけど、彼らの雰囲気(いろいろな意味でのレベル?)がほかの企業の新入社員と比較して明らかに違ったとか。いくつかの鉄道関連の会社を受けていますが、選考結果待ちを含めてそろそろ鉄道関連のカードは少なくなってきました。

 で、今回の会社は2次の筆記試験ですが、東京も大阪と同じくインフルエンザの脅威にさらされている(というより騒がれている)。試験会場に入る際に係の人に手にアルコールを吹き付けられ、配布されたマスクを着用したまま試験を受けました。社員は「帰るまで着けていてね」とおっしゃっていたが、はたして何人がこの暑い中それを守り続けていたのだろうか?

 試験終了後は富山に戻りました。これで移動距離は25000km突破です。無事に就職できたら以外に就職活動にかかった分を取り戻すのには時間がかからないから、今はやりたいだけやるべきだろうな。

採用試験 その12 その2 実家に居心地のよさを感じるこの頃

 今回の遠征で、就職活動関連で実家に立ち寄った合計日数が1か月を突破しました。今回のを合わせると32泊であります。2年分は実家に寄ってしまいましたな。乗り物での宿泊が15泊、宿での宿泊が11泊なので、いかに実家に立ち寄っているかがわかります。就職活動関連では一番効率よく色々と物事を運べる家族の助け、物資、地理的位置があるのがこの結果につながっています。自分がどこへ就職するかわからないけど、こういう時こそ地元に帰って地元の人に顔を合わせる絶好の機会であります。しかしまあ、就職活動で遠征しているときはともかく、家にいるときは履歴書を書く以外はニートに近い気が。

 最近は東京で就職活動することがほとんどなので、富山から東京に立ち寄り、2つの予定に1~3日間があいたら実家に寄ることにしています。ちなみに、地元で試験を受けた会社はまだ3社だけですぞ。

採用試験 12 その1 ちゃんと寝るつもりだったのに…

 1週間ぶりに東京遠征です。これでも最近、遠征が減っていると感じるから怖いです。旅好きでなければ体がもちません。最近は選考が進んでいるものが出ていますが、新たな可能性、もしくは保険として新たな会社の1次試験や説明会に時々赴くこの頃です。今回は東京で面接です。朝富山を出て昼に東京へ着く計画で、前日は22:00に寝ました。ところが0:00に目覚めて2:00になっても寝付けず、今更寝付いたら寝坊するという恐怖感から起き続けました。これでコンディションがいい訳がないので、「はくたか」と新幹線に乗っていた時間の95%を爆睡に費やしました。そして、面接の時にコンディションが回復するよう直前まで近くのベンチで昼寝をし、目の疲れを最小限にして臨みました。今回の会社は、金沢や岡山などの遠方から来ている人が結構いました。遠方から来る人は、就職場所や試験場所にこだわらないことが多いです。

 この面接の2日後に東京で他の試験があるため、実家の静岡へ戻りました。3000円台のホテルやカプセルホテルに2泊して東京で過ごす手もありますが、長い目で見れば実家に行ったほうが効率いいのでそうしました。計算上、実家に帰る際に高速バスを使えば確実にお得と考えそれを使いましたが、だるいです。最近新幹線を使い慣れ、面接を終えてコンディションが再び下がったのでしょう。次の日に何もなくてよかった。

北陸新幹線の正式名称をめぐって

北陸新幹線の路線名 「長野」は残るのか?5月19日7時56分配信 産経新聞

 「長野」の名前を消さないで-。平成26年度中に金沢(石川県)まで延伸が予定される北陸新幹線の路線名で、長野県内の経済団体などが「長野北陸新幹線」とするようJR東日本などへ働きかけている。9年10月に高崎(群馬県)と長野を結ぶ北陸新幹線の一部が開通して約11年半。「長野新幹線」という通称は広く普及し、延伸後も「長野」の名前を残すよう主張する。一方、延伸先の北陸地域は「正式名の『北陸新幹線』になるのは当然だ」と反発する。地域間対立になりかねない問題の現状を追った。(太田明広)

 「気持ちは理解できるが、沿線住民の意見を聞いた上で総合的に考える」

 新潟県上越市の木浦正幸市長は、4月27日の長野市で開催された同市と上越市との経済交流懇談会後、取材に対し慎重な発言にとどめた。この会合で上越側は長野側から新幹線の名称に「長野」を含めるように理解を求められた。長野側が初めて県外地域に対し新幹線名称の理解を求めた日であったが、順調な滑り出しとはいかなかった。

 県商工会議所連合会など20団体が連名でJR東日本長野支社に要望書を提出したのが3月16日。ここから、新幹線の名称に関する運動が本格化した。

 「長野新幹線」は金沢までの延伸予定の26年まで17年間にわたり使用される▽首都圏と北陸地方を結ぶ北越急行「ほくほく線」(新潟県)が長野県内を通過していないことから、北陸新幹線も長野を通らないと誤解される-などと主張する。

 JR東日本広報室によると、北陸新幹線の高崎-長野間の一部開業の際、「長野行新幹線」と時刻表や案内表示板で示された。実際に北陸まで開通していない段階で、利用者が混乱しないための配慮だった。さらに1年後には「長野新幹線」と表示されるようになった。

 一連の名称問題の動きに、村井仁知事は「経済界の要請に私も十分に留意して発言したい」(5月1日定例会見)、鷲沢正一長野市長も「『長野』という字が入った方が妥当性があるのでないか、期待している」(4月28日定例会見)と両者とも前向きにとらえている。

 しかし一方で「通過駅の1つになる『長野』を入れると不公平になる」(富山県総合交通政策室)、「長野県の“一部”が運動していることは把握しているが、あくまで北陸新幹線という認識」(石川県新幹線・交通対策監室)、「まだ建設促進の運動をやっている最中だが、当然北陸新幹線だと認識している」(福井県新幹線建設推進課)と“北陸”3県の受け止め方は厳しい。

 長野市商工会議所などは「北陸方面と対抗することは本意ではない」としながらも、6月には各経済団体の全国会議などでPRしていくとしている。

 最終的な決定権を持つJR側は「利用者にとって分かりやすさを考慮して判断したい」と行方を見守っている状態だ。遅くとも開業の3カ月前までに決定される見込みだが、決着がつくまでにはまだ時間がかかりそうだ。

 ■北陸新幹線 全国新幹線鉄道整備法(昭和45年)に基づいて計画された整備新幹線。東京を起点に長野、富山、金沢、福井などを経由して新大阪に至る総延長約700キロ(ただし東京-高崎間105キロは上越新幹線と共用)の路線。平成9年10月に高崎-長野間が部分開通し、26年度中に金沢までの延伸が予定されている。東京-金沢間が約2時間20分ほどで結ばれ、現状より約1時間20分の短縮が見込まれる。

 金沢(白山総合車両基地)-新大阪間は福井駅を除き現時点で未着工である。 最終更新:5月19日7時56分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090519-00000015-san-l20

 やはりというべきか、駅名に限らず路線名まで議論の的になっていますね。単純に考えれば東海道新幹線を「静岡東海道新幹線」、岩手県の盛岡駅が長い間終着駅であった(平成14年(2002年)まで)東北新幹線を「岩手東北新幹線」にするようなものか。新幹線は1路線がいくつもの県を貫いているので公平にその地方の名前を使用しているものですが、これを叫びすぎちゃうのもどうかと思いますがねえ。

「600系」の正体

 新幹線の車両には現在、以下のものがあります。

東海道・山陽新幹線:0系(引退)、100系、300系、500系、700系、N700系 ← 0以外は奇数
東北・上越・北陸(長野)・山形・秋田新幹線:200系、200系2000番台、400系、E1系、E2系、E2系1000番台、E3系、E4系
九州新幹線:800系


です。
 ここで気になることは、何故600系が存在しないのか?ということです。0~800までは100ずつ数列をなすチャンスでもあるのに。実は、600系は、東北・上越新幹線内を走行する2階建て車両のE1系であるのです。E1系はかつては「MAXやまびこ、MAXあおば、MAXなすの」として東北新幹線で活躍し、現在では「MAXあさひ、MAXとき」として上越新幹線で活躍しています。北陸地方から「はくたか」と新幹線を利用して東京へ行く際に出会う可能性のある車両です。このE1系は平成6年(1994年)に日本で初めての2階建て新幹線車両として登場しました。最初は、前の車両が200系、400系と名付けられたため数列の法則で600系とする予定でしたが、それより前に国鉄が解体し、東北・上越新幹線はJR東日本の管轄になりました。JR東日本は新たに営業する車種の名前を、国鉄時代に行った100の倍数の数字をあてはめるようにはせずに、新たにE○○系と名付けることにしました。Eは、East(JR東日本の“東”)の略です。こうして、「600系」になるはずだった2階建ての新型車両は「E1系」と名付けられたのです。その後、新型車両の名前はE2~と続いていきました。

s-JR_East_Shinkansen_E128renewal29.jpg
 こちらが「600系」になるはずだった「E1系」です。(Wikipediaより)

名言集 その29

時期尚早と言う人間は100年経っても時期尚早と言う、前例がないと言う人間は 200年経っても前例がないと言う
(川淵三郎:日本サッカー協会名誉会長)
 今から20年以上前に、日本のサッカーのプロ化(Jリーグの発足)を実行するための幹部会議が開かれました。しかし、バブルの崩壊やプロ野球に太刀打ちできるのか?という理由で「時期尚早だ」、「前例がないじゃないか」という意見が飛び交い、Jリーグの発足が揺らぎました。その瞬間、川渕三郎が立ち上がって上述の台詞を叫んだのです。以下は、その台詞の続きです。「そもそも時期尚早と言う人間は、やる気がないということなんだ。でも、私にはやる気がありませんとは情けなくて言えないから、時期尚早という言葉でごまかそうとする。前例がないと言う人間は、私にはアイデアがないということなんだ。でも、私にはアイデアがありませんとは恥ずかしくて言えないから、前例がないという言葉で逃げようとする。大体仕事のできない者を見てみろ。自らの仕事に誇りと責任を持てない人間を見てみろ。次から次へと、できない理由ばっかり探し出してくるだろう。仕事というものは、できないことにチャレンジをして、できるようにしてみせることを言うんだ」
http://www.ninomiyasports.com/sc/ni_kouen/02.htmより引用)
 何かを始める、行うには綿密な計画だけでなく、不安な未来へ挑むやる気、行動力が必要だということです。この演説がなかったらサッカーのプロ化の意思通らずじまいに終わり、今の日本にJリーグは存在せず、ワールドカップが日本で開かれることもなかったといわれています。

また図書館に
(長門有希:涼宮ハルヒの憂鬱)
 この一言に長門の思いが凝縮されています。

意地も見栄もない男なんて最低よ!
(フィオ・ピッコロ:紅の豚)
 意地や見栄を出しすぎるのはよくないけど、0でもいけないんですよな。ある程度持っているからいいのでしょう。

お前の暗黒帝国は1日限り、それでも長すぎだ
(ヨーダ:スターウォーズ・エピソード3・シスの復讐)
 これ、実際に言ってみたい台詞に入ります。皇帝に真正面から向き合っている、実に勇ましい言いまわしです。

僕がトイレさ
(サスケ:ニニンがシノブ伝)
 この作品で最も飲み物を吹きやすい台詞の一つでしょう。音速丸の妄想がまだまともに見えるから困るわ。

採用試験 11 長野

 同じゼミ室の後輩が同じ会社の説明会と試験に僕と同じ日に行くため、今回は2人でドライブしながら行きました。交通費は割り勘で鉄道の半額、所要時間は鉄道とほぼ同じという効率のよさでした。
 ETCの料金が割引になっている5:30に出発しましたが、予想以上に早く(2時間半)着いてしまい、暇になりました。飲食店を探しましたが、富山や東京でなじみの店が少なく、探すのに時間がかかり、食後はしばらく本屋で暇をつぶすという状態に。今、善光寺では7年に1度の御開帳が行われています。そのため、長野駅はすごく混んでいました。時間があれば行きたかったのですが、ないため断念。計画は綿密に立てましょう。

 説明会と試験は午後にみっちり5時間開催されました。午前中に終わらせてとっとと観光したかったですわ。早起きしたので眠くてたまりませんでした。まあ、筆記試験のほうは自然体で何とかやったつもりではあるが。試験を終えた後は一路富山へ戻りました。行きでは談話をしまくっていたのだが、帰りは疲れて最後のほうは無言でした。帰ってきたのは21時過ぎです。約16時間の旅でした。運転手をしてくれた彼には本当に感謝です。長野~富山は乗り継ぎが悪く、しかも直江津~長野は鈍行しかないため、時間がかかります。もし鉄道を使っていたら帰ってきたのが23:30分でしたので。

東京でふと見たもの

 先週、就活で東京へ遠征した時にふと偶然目に入ったものがありましたので載せときます。

s-P5095309.jpg
 5月9日は、東京で江戸三大祭りの一つである「神田祭」が開かれました。秋葉原でも神輿が練り歩きましたが、その中にケロロ小隊のみこしがでていました。公式HP(http://www.kandamyoujin.or.jp/kandasai/h21/tsuke.html)によりますと、

日本三大祭の一つに数えられ、江戸の華と譬えられてきた神田祭に、なんと驚きのアニメの主人公が初参加します。
神田明神の長い歴史で初めてのこと! 伝統の祭礼に、なぜアニメが参加するの?
それは神田明神が秋葉原の氏神様だからです。
昨年6月、発生した悲劇のあと歩行者天国もなくなり、すっかり元気を失ったアキバ。子供たちが元気一杯に大好きなケロロ軍曹の曳き物を引っ張って、伝統の「附け祭」で、アキバに元気を取り戻そう!とメッセージをこめて神田祭が行われます。

ということです。1300年の歴史の中で初めてのことらしいとか。また、今年はケロロ軍曹が連載を始めてからちょうど10年ということも記念したそうです。

s-P5125314.jpg
 今は修学旅行の季節であり、修学旅行の団体客が目立ちます。新幹線の車両の行き先案内板にも「修学旅行」とありました。初めて見ました。

ほくほく線のトンネル内の信号所と美佐島駅を「はくたか」が通過すると、霧が発生する

 今回紹介するのは、前回の記事のおまけです。前の記事で、「はくたか」がトンネルに突入してトンネル内を高速で走行することにより、トンネル内に突風が吹き荒れることについて紹介しました。実は「はくたか」が起こすものは強風だけではありません。トンネル内に霧を発生させてしまいます。霧が発生する場所はトンネル内にある信号所と前回紹介した「美佐島駅」です。

 ほくほく線内にはダイヤを構成する都合から、駅構内の信号所のほかに、3つのトンネル内信号所があります(駅じゃないところにあります)。「ほくほく大島」~「まつだい」間の鍋立山トンネル内の「儀名信号所」、「まつだい」~「十日町」間の薬師峠トンネル内の「薬師峠信号所」、「しんざ」~「魚沼丘陵」間の赤倉トンネル内の「赤倉信号所」です。多くの「はくたか」はそこで停まらずに通過しますが、注意していれば窓から見える景色と音の変化でわかります。運転席から眺めたければ、普通列車に乗るか、PS2の「電車でGO!! 2」をプレイしてください(ただし霧の発生は見られません)。

赤倉トンネル - コピー
 上の図は、途中に信号所のあるトンネルの断面です。トンネルの大部分は単線ですが、列車同士の擦れ違いをするために複線になる信号所はその分トンネルの断面積が広がります。単線区間では「はくたか」の推進力で押され、その勢いで圧縮されて突風として流れた空気が断面積の大きい信号所に差し掛かった時に圧縮から解放されて膨張します。中学校?の理科の授業でもやりましたが、空気が急激に膨張すると気温が下がります。気温が下がると空気の飽和水蒸気量が低下し、空気中に水滴、すなわち霧(雲)ができます。この原理でトンネル内に霧が発生します。「美佐島駅」もプラットホームが設置されている分トンネルの断面積が大きくなり、霧が発生する環境になっています。前回の記事で載せた動画の3:28~3:31あたり(「はくたか」通過後)にその霧が見られますよ。 この現象が発生するには、トンネルの断面積が急に大きくなること、列車が高速(150km/h以上?)でそこを通過することが条件となります。ほくほく線を通る「はくたか」は、見事にその条件に一致しているため、霧が発生するのです。

凄い駅 その5 美佐島駅

 日本には山岳トンネルの中に位置する地下駅が少なくとも4つあります。JR北陸本線の「筒石駅」、JR上越線の下り線の「湯檜曽駅」と「土合駅」、そして北越北線(以下、「ほくほく線」と表現する)の「美佐島駅」です。どれも山岳トンネルの途中という珍しい場所にある面白い駅ですが、その中で最もすさまじい駅は、ほくほく線の「美佐島駅」です。


 ニコニコ動画に美佐島駅を通過する特急「はくたか」を撮影した動画が投稿されていたので紹介します。この投稿者は、他にも列車が通過する迫力のある動画を多数作っています(気になる人はこちらをクリックしてください→http://www.nicovideo.jp/mylist/2608755)。

赤倉トンネル
 上の図は、赤倉トンネルの様子を示したものです。赤倉トンネルは全長が10.5kmと、私鉄で一番長いトンネルで、ほとんどが単線です。トンネルの途中に「赤倉信号所」があり、上下の列車がすれ違うために複線になっています。また、「赤倉信号所」より十日町側に、今回紹介している「美佐島駅」があります。

 上で紹介している動画は、特急「はくたか」が赤倉トンネルの六日町側からトンネルに突入し、「赤倉信号所」と「美佐島駅」を通過して十日町側の出口へ抜けるまでの様子を撮影したものです。「はくたか」が画面上を通過するのは一瞬ですが、風の音から「はくたか」がどこを走っているのかがわかります。それについて解説します。まあ、動画にあるコメント自体が鉄道マニアの突っ込みであるため、それと重複していますがね。

0:13あたり 「はくたか」、六日町側の入口より赤倉トンネルに突入
 長い筒状のトンネルに列車が突入すると、トンネル内の空気がピストンに押される原理で列車により押されます。押されることによりトンネル内に風が生じます。この風は列車の速度が速いほど、トンネルの断面積が狭いほど強くなります。赤倉トンネルは単線でトンネルの断面積が小さく、しかも「はくたか」は最高160km/hで通過します。断面積が狭いことが作用し、トンネル内に発生する風(特に乱流)は新幹線より強力であるといわれています。トンネルに突入する瞬間の空気抵抗があまりに大きいことから、突入時の速度を130km/hに抑えて突入後に160km/hまで徐々に加速させているそうです。

 今までの説明を一言でいえば、「はくたか」がトンネルに突入すればトンネル内に風が吹くということです。動画にも風が吹き付けている様子が完璧に聞き取れます。

2:00~2:12あたり 「はくたか」、「赤倉信号所」を通過
 赤倉トンネル内は基本的に単線ですが、途中で列車同士の擦れ違いを実現するために「赤倉信号所」が設けられ、そこだけ複線になっています。つまり、トンネルの断面積がそこだけ相対的に大きくなります。「はくたか」というピストンに押されていた空気ですが、信号所ではトンネルの断面積が広くなる分、「はくたか」に押され、流される影響度が下がります。その分風が弱まります。動画でも「はくたか」が信号所に突入しているときは風が弱くなっているのがわかります。信号所を過ぎて再び単線区間、すなわちトンネルの断面積が小さい区間に入った後は再び風が強まります。

3:23~3:28 「はくたか」、「美佐島駅」を通過
 説明するまでもなく、通過しています。よく見ると、「はくたか」通過後に霧が発生しています。

4:55あたり 「はくたか」、十日町側の出口より赤倉トンネルを脱出
 「はくたか」がトンネルを抜けて“ピストン”の動きの影響が無くなったため、風が弱まりました。赤倉トンネルの全長は10.5km、音の観測より「はくたか」が赤倉トンネルを通過するのに4分42秒かかったと推定されます。これより計算すると、「はくたか」の赤倉トンネル内における平均速度は、約134km/hであります。

 以上の現象が、「美佐島駅」では日常茶飯事に発生しています。プラットホームは普通列車が美佐島駅に停車するとき以外は立ち入り禁止になっています(しかし、ほかに検索をしてみたら、ホームに出て撮影した無謀な輩はいました(上の動画とは別の人です)。これも動画として投稿されていましたが、絶対にまねをしてはいけません)。

 この記事で初めて言及しますが、青函トンネルの中には「竜飛海底駅」と「吉岡海底駅」の、2駅があります。これもトンネルの途中にある地下駅ですが、青函トンネルには将来、北海道新幹線の新幹線車両も通過します。北海道新幹線は、360km/h運転を目標とし、青函トンネル内もこの速度で走り抜ける予定です。もし新幹線開通後も2つの海底駅に立ち寄れたら、迫力のある新幹線の通過が見られるかもしれません(ただし、新幹線開通後は、海底駅には一般人の立ち入りが禁止になる可能性も考えられる)。

不況と就職活動

 去年の株の暴落、サブプライムの破綻により、そのしわ寄せが日本経済にも押し寄せました。てな訳で、その波で内定切りや派遣社員の待遇などの問題がどこまで相関しているかどうかよくわからない状態で取り上げられ、マスコミが不安を煽りまくり、就職活動にもかなりの影響が出ています。

 有効求人倍率は去年が2.4倍だったのに対し、今年度は1.6倍に下がっていると聞き、説明会に訪れた際も様々な会社の人事の方に、「今年は去年よりも学生の動きが早いね~」と散々言われました。学校や家族・親戚の方々にも「今年は大変だね」というお言葉を何度頂いたことでしょう。どうやら世間では就職活動がヤバいという認識がかなり出来上がっているようです。流石、マスコミの煽りと煽られる大衆が見事にシンクロしている国であります。そんなこんなですっかり話題の的的なものになっている1人である「太郎」でございます。

 実際には募集人数を減らしている企業、今年度の採用を見送った企業などはあります。僕も合同企業説明会に出展しておきながら1月に採用見送りを実地した企業を見かけました。そしてこれもマスコミの扇動ですが、安定性の高いと評判のJRへの応募者が格段に増えていました(僕のような人種にとってはある意味迷惑でもあるなあ)。

 まあ、こんな話題はとってもべたなので、当事者として今年度の状況をポジティブに語りましょう。ここで思うのは周り(マスコミとか)が騒いでいるほど今年は就職活動がヤバい訳でもないということです。確かに有効求人倍率は下がっていますが、バブルが崩壊したときの0.9倍台と比べればかなりマシです(今後2~3年は油断ならないものの)。また、バブルの崩壊で企業側が当時の新卒採用を見送った行為が、年齢ピラミッドの不安定化、仕事内容や技術の伝達停止、人員構成の崩壊を招きました。この教訓が、まだ熱さがのど元を過ぎていない時期であるとも言え、不況でもある程度の応募をする企業は多いそうです。特に中小企業にとっては様々な人材を採掘するチャンスであります。毎度のことながらマスコミの報道と扇動された連中の意見だけを聞けば大部分の会社がヤバいとも誤解してしまいますが、それでも元気な企業は元気であります。学生側の心情からすれば、好景気の時よりも危機感を持っていられるため、その分士気も上がるでしょう。さらに、学業と就職活動のバランスについてです。就職活動を続けていると、「そろそろ学校に戻らないといけないんじゃね?」とか、「何か先生方が『早く就職活動を終わらせろよ』とオーラで語っているのではないか?」という不安が生じて心が揺れることがあります。しかし、世間一般では今年の就職活動は厳しいと噂されています。その分学校のほうも「今年は就職活動が長引いても仕方ないな」と思っているのではないか?という仄かな期待があります。これらを旨く利用して、就職活動を続けていければいいでしょう。

採用試験 10 その3 静岡へ急遽とんぼ返り

 遠征は12日までで、東京で試験を受けた後は、そのまま富山に戻るつもりでした。しかし、その面談に訪れた担当者が、次の試験は15日と教えてくれました。29日にもありますが、早めに受けた方がいいので15日に再び東京へ行くことを決断。さらにその前の14日、もしくは21日に他の会社の試験が入り混じっているため、14と15日に東京へ行くことも決断。そうすると12日の夜に富山へ戻り14日に再び東京へ行くよりは、もう一回実家の静岡へ戻った方がはるかに効率がいいため、急遽戻りました。東京~富山の間の往復乗車券の使用期日は幸い過ぎないので問題なしです。就活ではこういう変更が何気にあるし、その変更による移動距離の変化が半端ないです。どうせ、遠征の合間にどっかの医療機関で健康診断(学校でやらなかった分野の診断)をやる羽目になったので、ちょうどいいでしょう。

 家族や親戚に「次はいつ実家へ寄るのかわからない」と言ったら、に直ぐにとんぼ返りするというジンクスが最近勃発している気がする。

採用試験 10 その2 大人帝国の逆襲ごっこ

 この日は休日でしかもいい天気だったため、東京タワーの地上~大展望台(150m)の間の階段が開放されていました。そして試験終了後、行ってきました。東京タワーの1F~大展望台の2Fまでの高低差が合計で150mと、静岡の浅間山、富山の呉羽山を上回ります。段数は600段で、小学生でも13~4分で登れると書いてありました。走って登れば10分を切れそうでしたが、スーツを着なければいけない同調圧力に不平不満をいう今日の暑さと、スーツと革靴姿で走るのは自重したほうがいいという理性と、景色をゆっくり見たいという欲求でのんびりいったので、12分かかりました。意外にすんなりと登れちゃいました。恐らく天気がよく、海風がちょうど涼しく疲れにくかったのがあるでしょう。ちなみに、エレベーターで昇ろうが階段で登ろうが大展望台への入場料は変わりません(820円)。まあ、休日でエレベーターに列ができているので、案外階段のほうが早く、しかも有意義に時間を使えそうです。欲を言えば、特別展望台(250m)まで階段で登りたいんですなあ、そこまで開放してくれればいいのに。特別展望台に直通するエレベーターですが、今日は40分待ちでしたので、行くのを断念しました。階段で行けるなら張り切って行きたいのですがね。下りも階段で下りることができたので帰りも階段を使いました。

 階段で東京タワーを登るということで、クレヨンしんちゃんの「大人帝国の逆襲」と、名探偵コナンの「漆黒の追跡者」を連想しました。劇中では、しんちゃん(5歳)は転びながらもエレベーターと対等な速さで階段を駆け上がり、コナン(7歳)はヘリからの銃撃を掻い潜りながら大展望台(150m)~特別展望台(250m)の上のデジタル放送用アンテナまで走って登りました。正直すげえな。

s-P5095306.jpg
 東京タワーが竣工してから今年で51年がたちます。たても大中には建設当時の写真があったけど、よくもまあこんなものをあの時代に造ったものだと思いました。

s-P5095305.jpg
 タワーのちょうど真下です。上に伸びている白い柱がエレベーター、その左に赤い柱が階段です。

s-P5095289.jpg
 こちらが階段です。全体的な形は異なるけど、テラ「大人帝国の逆襲」です。まあ、劇中と比べて踊り場が少ないといえるか。途中には東京タワーにまつわるクイズがあります。

s-P5095290.jpg
 階段から上を眺めると、こんな感じです。まっかっかです。

s-P5095291.jpg
 地上から約50mの位置です。

s-P5095294.jpg
 ちょうど中間点でしょうか。野原一家はこんな高くて不安定なところでドンパチを繰り広げていたのですね。くそ暑い中、海風が吹いているのがありがたいです。

s-P5095298.jpg
 大展望台の中に突入しました。風が吹かなくなり、一気に暑くなります。

s-P5095302.jpg
 混んでいますねえ。「(蘭)逃げろ、奴だ…」という雰囲気が微塵にも感じられません。

s-P5095300.jpg
 今回は10kmほどさきまでは見渡せました。

s-P5095303.jpg
 名物のガラス床です。人がわんさか集まっていました。

s-P5105312.jpg
 階段で大展望台まで上り詰めた証として、このような認定証がもらえます。

採用試験 10 その1 18畳の部屋に3800円で宿泊(東京のど真ん中)

 ゴールデンウィーク中は就職活動で遠征することもなく、就職活動というある程度の名目と休みを利用してお掃除をすることにしました。そしてまあ、やり始めたにはやり始めたけどよくもまあこんなにほったらかしにしたと自画自賛しました。次々に捨てるべきものが出てきます。以前、発掘あるある大事典で散らかり具合から性格がわかることを報道していましたが、自分は結構それに当てはまってしまいました。どっちみちだらだらやったため、少しは綺麗になったけど、まだまだきれいにする余地があります。これからこまめな掃除をして少しずつきれいにしていけるか否かにかかっています。

 で、8日ぶりに就職活動ですが、東京で面接でした。やっと学割証明書が発行再開したので、乗車料金の高い富山~東京で大いに活用していこうではありませんか。まあ、面接は自分の姿をなるたけ見せるようにはしているが、緊張することには変わりませんね。リラックスしろと言われてもそこまでできちゃいません。

 明日も試験があるため、今日は東京でお泊りです。宿泊場所はまたまた「日本青年館ホテル」です。これで5泊目です。先日このホテルについて述べましたが、1人3650~4200円の激安プランに運よく当たれば、もはや宿の選定に迷いません。ジャランnetのポイントが貯まればさらに400円引きですからね。いつも利用させてもらっているプランは風呂とトイレが共同利用の12~21畳の和室です。今回は今までで一番広い18畳に当たってしまいました。そこに1人でしかも今回は3800円で泊まれるのですから、凄いを通り越して畏れ多くなってしまいます。万が一21畳の部屋に当たったら恐怖ですよ。ど田舎の民宿ならともかく、ここは東京の、しかも神宮球場や国立競技場のすぐ隣という、完ぺきな都心部のど真ん中ですからね。どうやら今は修学旅行の多い季節らしく、この宿もある中学校の団体が泊っていました。

 s-P5085288.jpg
 こちらがお部屋です。サーセン、マジで1人で泊まってきました。都心部で3000円台の宿だったら3~6畳が当たり前なのに、これですから。もし東京へ行った際に泊まりたいと思ったら、ジャランnetに会員登録(無料)して日本青年館の限定プランを予約しましょう。ただし、プランを行う日が限定され、部屋も1日当たり3~4室と少ないので注意しましょう。それでも某大手企業の会社説明会や採用試験の予約みたいにすぐに満席になるわけでもないので、まあ焦りすぎることもないかも。

成田空港と鉄道 その3 成田空港付近では成田新幹線の路盤やトンネルが使われている

 「成田空港と鉄道 その1 かつて成田新幹線が計画されていた」の記事で成田新幹線の計画に着いて紹介しました。工事時代は途中で凍結されましたが、成田空港付近では成田新幹線の高架橋やトンネル、現在の「成田空港駅」(地下駅)は建設され、しばらくの間放置されていました。その後JR空港線と京成本線を乗り入れさせる際にこれらの設備が活用されることになりました。

 JR成田線(成田エクスプレスが通ります)は、「成田駅」より成田線と空港線が分岐した直後~「成田空港駅」の区間で路盤やトンネルなどを使用しています。京成本線(京成スカイライナーが通ります)は、成田空港の敷地内を通る地下トンネルの入り口からJR空港線と並行し、ともに終点まで並走します。JR成田線と合流している場所から、新幹線用の設備を利用します。

 地図や航空写真を見ますと、JR空港線がやけに緩やかなカーブ(新幹線っぽい)を描いているのがわかります。新幹線を高速で走らせることを前提に作ったからです。また、新幹線車両は普通の在来線の車両よりも大きいため、その分トンネルの断面積も少し大きいです。そして、新幹線が16両乗り入れることを想定して「成田空港駅」のプラットホームが異様に長いです(400mくらい?)。わかる人にはこういう違和感が感じられますぜ。

mk_map成田空港周辺 - コピー
成田空港上空 1 - コピー
 上の2図は、成田市街地と成田空港を示す地図、および空中写真です。空中写真において、黄色の実線はJR成田線(成田新幹線用の)のトンネル、破線は成田新幹線の計画ルートを示します。成田新幹線とJR成田線が重複している場所は、黄色の矢印で示しています。桃色の実線は、京成本線のトンネルを示します。ほかの箇所では桃色の矢印で示しています。図のように、JR成田線が成田空港方面と銚子方面の2方向に分岐する地点から、成田空港方面へ向かう成田線が計画されていた成田新幹線のルートと重なります。その区間は異様にまっすぐしているのがわかります。すなわち、成田新幹線の路盤やトンネルを活用しています。京成本線は、成田空港の敷地内のトンネル付近で成田線と合流し、そのまま「成田空港駅」へ向かいます。

成田空港上空 2 - コピー - コピー
s-成田空港上空 2
 次に、JR成田線が成田新幹線の路盤に乗り入れる様子を地図と空中写真で紹介します。場所は成田市街地より北の「土屋」というところです。図のように、成田空港方面へ行く路線と銚子方面へ行く路線(図の上方向)が分岐しています。成田空港方面へ行く路線は、空中写真に見られる“異様にまっすぐとした構造物”と合流します。この構造物こそが、成田新幹線の高架橋です。そして、成田新幹線の路盤やトンネルを利用して成田空港へ向かいます。もともと成田新幹線は、写真の黄色い破線沿いに東京方面へ伸びていく予定でした。

 これらの開設や写真が以下のサイトに詳しく載っていますので、さらに興味のある方はどうぞ。
http://www.geocities.jp/narita77772001/naritashinkansen6.html

神奈川県でも誘致合戦が始まっています

<リニア中央新幹線>新駅誘致へ綱引き開始 住民団体「橋本に」 /神奈川4月24日18時34分配信 毎日新聞

 ◇相模原駅に対抗

 JR東海が25年の開業を目指すリニア中央新幹線の新駅を誘致しようと22日夜、神奈川県相模原市の橋本駅周辺住民が「橋本駅誘致促進同盟会」を結成した。JR相模原駅周辺の自治会長も2月、同駅への誘致を要望しており、住民間で誘致の綱引きが始まった。まちづくりの将来構想を大きく左右する課題だが、市は候補地を絞り込んでおらず静観の構えだ。

 結成大会には橋本地区の商店会長ら約300人が参加=写真。「全国との交流窓口となる県の『北のゲート』を」と気勢を上げた。加山俊夫市長や市幹部は姿を見せなかった。

 リニアは東京-名古屋間をノンストップなら時速500キロで40分で結ぶ。JR東海は「1県1駅」とされる整備計画を作成中。ルート案は相模原市を通っており、県内での整備が決まれば、市は新駅の有力候補地となる。市は09年度予算に新駅設置などの都市交通施設整備基金3億円を計上、24年度までに100億円を積み立てる。

 市内の新駅候補はこれまで、JRなど3路線が乗り入れる橋本駅が有望とされてきた。ターミナル駅として市街地が形成されており、津久井地域の玄関口でもあるためだ。

 ところが在日米軍相模総合補給廠(しょう)の一部約17ヘクタールの返還と35ヘクタールを共同使用する日米合意により、隣接する相模原駅も急浮上した。同駅は小田急線の乗り入れ計画があり、補給廠の返還地が将来的に拡大すると、新駅を含む周辺整備は市勢発展の最重要課題となる。【高橋和夫】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090424-00000033-maiall-soci

 以前山梨県で4か所の自治体が駅の誘致合戦を繰り広げていた(もちろん今現在も)ことを紹介しましたが、神奈川県でも目立ってきています。

 乗物は速度が速ければ速いほど統一された運転(運転間隔、速度調整、停車駅のパターンの簡略化など)をする必要性が生じてきます。極端にいえば路面電車は団子状態(前後の列車が視認できるくらい詰まっている)になってもまだ融通(小回り)が利きますが、新幹線は秒単位でダイヤが調整され、さまざまな分野で精密な管理がされます。リニアに至ってはその精密性がより問われます。

 速度の速い乗り物は駅の数を極力減らしたほうが、ダイヤが簡略化されていいのです。これは新幹線の駅の数が在来線のそれよりかなり少ないことからもわかるでしょう。リニア中央新幹線の場合は、「品川」~「新大阪」の間の途中駅(駅名はてきとーにつけてます)が「新横浜」、「名古屋」、「京都南」の3つに絞るのが理想で、もうひとつ「甲府南」を追加するくらいにとどめるのが本当はいいのです。計画では地方の中間駅は1県に1駅設ける方針ですが、これは恐らくぎりぎりの妥協ラインで1県に2駅以上作られる可能性は非常に低いと言われています(神奈川県は「相模原」(新横浜は中間駅に含まないとする)、山梨県は「甲府南」、長野県は「飯田付近」、岐阜県は「明智付近」、三重県は「亀山付近」が有力)。そのため、県内でも複数の自治体が誘致合戦を繰り広げているのです。

名言集 その28

気持ちがこもっていなくても体でカバーできるというプレーなんてないですよ。その逆はいくらでもあるけど
(イチロー:メジャーリーガー)
 何をやるにしても志、すなわちやる気が大切だということです。WBCの日本代表のあの闘志と団結力がまさにそれを証明していました。


もし彼女がカラスは白いと言ったなら、俺は世界中のカラスを白く染め上げてやろう
(保坂:みなみけ)
 保坂ならやりかねん。このとき、彼はどういう妄想をしていたのだろうか?

犯罪のトリックは人間が考えたんだから、人間の私が解けない訳がない
(古畑任三郎:古畑任三郎)
 自分も他人も同じ人間だからという理屈で、物事を前向きにとらえております。逆にどこかの脱獄犯も「人間の作った牢屋を同じ人間の自分が破れない訳がない」と言っていました(脱獄に成功)。前述のイチローの言葉と同じく、何かをやる時はその心意気が大切ですね。

隊長はいつでも無責任に勝つことだけ考えてつったってりゃいいんだよ、じゃないとこっちのやる気までなえちまうぜ
(クルル:ケロロ軍曹)
 ケロロ小隊もまた、本気を出せばすごい結束力をもった隊といえる発言です。彼も彼なりにケロロのことをかっているのです。

ほんとにもう、きみにはあきれた!!どうしてそういつもお風呂にばかり入ってるの。 これじゃさわれないだろ!人の都合も考えてよ
(野比のび太:ドラえもん)
 この発言に至った経緯を解説します。のび太はドラえもんの道具を使ってしずかちゃんに変装しようとしました。道具の都合上、変装するには変装したい本人に触る必要があるため、のび太はどこでもドアを使ってしずかちゃんの所へ行きましたが、お約束でお風呂場へ直行してしまいました。いつもののび太ならあわてて謝るところですが、今回ばかりは開き直って上述の発言をしてしまいました。しずかちゃんは悲鳴を上げずにただ唖然とするのみ。これは原作の漫画の場面ですが、これを見るとドラえもんってすごい毒気のある(面白い意味で)作品でもあります。

駅名を巡る争い その4 那須塩原駅

 “その3”以下が一見見当たらないですが、この駅名シリーズは前記事から1年以上も書いていませんでしたので、そういうことでお願いします。実に久しぶりの分野ですが、今回は東北新幹線の「那須塩原駅」を紹介します。 

 先日の記事で「那須塩原駅」が語源で合併した新しい市の名前が「那須塩原市」になったことについて書きましたが、前述のとおりここに新幹線の駅ができた時は「那須塩原市」はまだ無く、現「那須塩原市」の領域には、「黒磯市」、「西那須野町」、「塩原町」の3つの町がありました。この3つの町をはじめ、「那須塩原駅」近辺の地域では新幹線の駅名をめぐって激しい争いが繰り広げられました。以前の記事でも紹介したように、沿線地域の知名度を高く上げる可能性のある新幹線の駅は、その看板である駅名をめぐって様々な思惑がぶつかります。「那須塩原駅」は、特にそのぶつかりあいが激しい地域だったといわれています。

西那須町、塩原町、黒磯市
 上の地図は、「那須塩原駅」の位置、および当時(昭和57年)の「黒磯市」、「西那須野町」、「塩原町」の位置とそれらの境界を示したものです(市町村境界は平成13年のもの)。

 「那須塩原駅」は、「黒磯市」の中心地であり観光地で有名な那須高原の玄関口でもある「黒磯駅」と、「西那須野町」の中心地であり観光地で有名な塩原温泉郷(「塩原町」に位置する)の玄関口でもある「西那須野駅」の中間に位置します。当時は「東奈須野駅」という名前でした。今挙げた両駅は町の中心で観光地への玄関口でもあり、当時の急行列車も止まる大きい駅です。一方で新幹線のできる「東奈須野駅」(後の「那須塩原駅」)は、急行すら止まらない小さい駅です。本来なら「黒磯」か「西那須野」に新幹線の駅をつける可能性の高いものですが、両者の間に平等に位置する、この位置に駅を造るという方針でしたのでしょう。今まで書いたことを下に簡単にまとめます。

黒磯市:市街地から離れた位置に新幹線の駅が設置される。中心の「黒磯駅」は那須高原の玄関駅である。塩原町よりは知名度が低い。

西那須野町:新幹線の線路が通る。中心の「西那須野駅」は塩原温泉郷の玄関駅である。

塩原町:新幹線の線路がまったく通らないが、塩原温泉郷があるため、有名である。


 当時の国鉄は、全国的に那須という地名が有名だったことから「新那須」という駅名にする方針でした。ところが、地元から2つの意見が出て激しく対立することになります。

① 黒磯市に駅があるから「新黒磯」にしたい。どうしても駄目なら「新那須」でもやむを得ないけど、新幹線が通っていない塩原町の名前を入れた「那須塩原」は認めない。

② 観光地として有名な那須高原(黒磯市)から那須、塩原温泉郷(塩原町)から塩原をとり、両者を合わせて「那須塩原」とし、全国にアピールしたい。


 ①の意見は、主に「黒磯市」からでました。黒磯市は特急列車も止まる、栃木県のほうでは大きい町です。観光地である那須高原の玄関口の町でもあり、新幹線が止まるレベルにあります。新幹線の駅は市内から外れていますが、黒磯市内に位置するため、「新黒磯駅」を主張し、駄目なら那須高原を取って「新那須」で妥協するつもりであるため、「那須塩原」は受け入れがたい名前でした(「黒磯」という名前は相対的に知名度が低いけど、「黒磯駅」は路線の直流(東京)と交流(仙台側)の境界駅として、それなりのマニアには有名ですぞ)。②の意見は主に「塩原町」や、観光地で新幹線の駅をアピールしたい人たちからでました。町の名前よりも全国的に有名な観光地の名前を使おうと考えていたのです(似た例で、東北新幹線の「白石蔵王駅」、上越新幹線の「上毛高原駅」などがありますよ)。

 これらの意見がかな~り激しくぶつかり合い、両陣営が当時の国鉄の担当員に名前の決断を迫り、いたたまれなくなった担当者が責任係を辞退しようとする状態にまでなりました(結果的には思いとどまりました)。そんな紆余曲折を経てなんとか「那須塩原駅」に落ち着きました。そして「那須塩原駅」が誕生して17年後(平成17年)3つの町が合併して「那須塩原市」が誕生しました。この3つの町の合併により「那須塩原市」が誕生した今は、市名と駅名が一致している状態でこのような物語があったことはなかなか実感しにくいかもしれません。逆に、この争いで「那須塩原駅」が生まれていなかったら合併後の市名は変わっていたのかもしれません。

 実に久しぶりの分野であるため、以前の駅名シリーズを載せておきます。
駅名を巡る争い その1 燕三条駅
駅名を巡る争い その2 佐久平駅
駅名を巡る争い その3 小郡駅(現在の新山口駅)

栃木県那須塩原市の市名の語源は新幹線の駅名である

 栃木県の北側には、「那須塩原市」という人口約11万6千人の町があります。この町には東北新幹線と東北本線がとおり、「那須塩原駅」という新幹線と在来線の駅もあります。新幹線をはじめとする鉄道の駅名は、大半は設置した場所の地名(特に市町村名)から引用されますが、逆に「那須塩原市」は「那須塩原駅」から名づけられました。

那須塩原市 - コピー
 上の図は那須塩原駅の位置を示します。黒磯駅と西那須野駅の間に位置し、新幹線が開通する前は「東那須野」という名前でした。昭和57年(1982年)に東北新幹線が開通し、新幹線の駅ができたときに「那須塩原」へ改名したのです。

 「那須塩原市」は、平成17年(2005年)1月1日に、「黒磯市」、「西那須野町」、「塩原町」が合併して誕生した、新しい街です。東北新幹線が開通し、この地に「那須塩原駅」が誕生した当時は「那須塩原市」という町はありませんでした。駅は「旧黒磯市」の南端に相当しました。3つの町が合併して新しい市名を決める際に、町の玄関口である新幹線の駅、「那須塩原駅」の名前を新市名にあてはめることにしたのです。

 このように新幹線の駅名が町の名前になった珍しい例ですが、「那須塩原市」が誕生する20年以上前、ここにおける新幹線の駅名を決めていた時は、駅名をめぐって地元がドンパチを起こしていました。それについては次回紹介します。

「学歴フィルター」と、「学部・学科フィルター」について

 就職活動関連の記事もこれで100記事目ですね。てなわけで、今回はいくつかの面接試験を経て思ったことを語りましょう。

 日本では「人物重視」を唱えて、まるで学歴よりも人柄を見ているというような印象を企業側が与えて?そして学生側も都合よくそれを解釈しているきらいがありますが、やっぱり学歴フィルターはまだまだ根強いようです。ネット上では、説明会の予約がすぐに満席になるように感じられるのは学歴フィルターに通らなかったことによるものではないか?との噂があります。

 これはある人事の方が話してくれた実話です。その人事の方本人が就職活動をしていた時期(20年前の話)に、ある会社の説明会に参加をするために電話をしました。「○○大学の△△ですが、説明会の申し込みをしたいです」と言ったら、会社側は「済みませんが満席です」と言いました。そのあと声色を変えて「慶應義塾大学の□□ですが、説明会の申し込みをしたいです」と言ったら説明会の日程を教えてくれたというのです。これは酷いほうの例に入ると思いますが、実際には現在も、特に大企業・大手企業はエントリーシートの提出時点で学歴フィルターを発動しているんじゃないか?との噂がちらほらと入りますぞ。難関大学に入っているのは、人物の分野からみてもそれ相応の努力と忍耐力がある一種の証拠なのは事実でもありますので。式で表せば 人物⊃学歴 、ベン図で表せば学歴の円は完全に人物の円に取り込まれているのでしょう。

 お次に学部・学科フィルターについてです。これは僕の所属している理学部の人間の立場から述べます。僕は土木や鉄道系の会社の試験も受けてみました。周りは工学部系の人間が大多数です。そして、実際に試験を受けて面接時に「君は理学部出身だけど、弊社で自分の学んできたことをどう活かせると考えますか?」という質問をいろんな会社から受けました。まあ、これは個人的にも「待ってました!」と言える質問なので、普通に答えます。そして、自己PRとしては妥当なものだと思えますが、会社・面接官によっては「君は本当にこの出身学科でありながら弊社を希望したの?」や、「(エントリーシートに記載している)会社を受けた方がいいんじゃないの?」という、被害妄想を拡大すれば圧迫面接っぽいような対応をされることも。この態度は本音なのか、受験者の反応を試しているのかはわかりませんが、何気に理学部の人間は、土木や鉄道関連の業種でフィルターにかけられる感じがしますなあ。理学部では、工学部で学ぶ土木工学や電気、測量などの会社の業務で直接役に立つような授業はそんなにやっていないのは事実でしょう。でも、野外調査や研究で得た、現場を堪能した経験値や課題を解決する意気込みなどは理学部で得られる大切なもんだと主張したいのだが、それを企業の人事の輩たちはどこまで理解してくれているのかねえ?本当に理学部は即戦力にならないと思っているのか?歓迎はしているもののツンデレでいうツンな態度で接し、学生の心意気を試しているのか?見極めるのは難しい…。

 どの分野に目を向けようが、結局は各会社によりけりなんですね。あと、欧米では大学で学んだ分野と一致する企業に就職するのが常識らしいので、日本は選択肢に恵まれているかもしれません。ようは、学生の出身学校・学部・学科のよさをわからない企業はほっといて、わかってくれる企業を探せれば最終的にはよいのでしょう。

採用試験 9 その5 「能登」満席

 説明会を終えた次の日(4月30日)は何もなかったので、実家に戻りました。東京にいてもわざわざ実家に帰っても、かかる金がそんなにかわらなかったので。そして次の日は再び東京へ行き、試験を受けてきました。運よく面接が一番最初で待つ必要がなかったためすぐに終わってしまいますた。面接は順番が重要です。就活が始まったころはまだ順番が後で心の準備をしたいとも思うのだが、このころになったらちゃっちゃと終わらせたい気持ちが大多数です。

 せっかくなので、近くの品川でコナンの映画を見てきました。折よろしくも、今日はサービスデーで1000円だったのでホイホイです。でも、スーツを着て見に来ている人は少ねえなあ、私服が多いです。で、コナンの映画でしたが、基本的には面白かったです。ちょっと無理矢理感とご都合主義的な流れが見受けられましたが、組織の話を旨く絡めてきました。また、今まで原作やテレビアニメで登場したキャラクターやネタが色々と盛り込まれていたので、昔からコナンを見続けている人にとってはなかなか楽しめるものでした。

 その後はてきとーに本屋や秋葉原でぶらぶらし、上野発23:33の急行「能登」に乗りました。急行「能登」は、普段は自由席の乗車率が20%なので、そういう場合は2~4つの席を使って体を横にして少しでも快適に眠ります。しかし、本日はゴールデンウィークの真っただ中。指定席、女性専用車両、グリーン席はすべて満席、自由席の乗車率は100%を上回りました。出発30分前の上野駅のプラットホームはすでに長蛇の列で、それでなんとか座れた状態です。恐らく途中駅から乗ったら立ちっぱの確率が高かったでしょう。実際にそうなってしまった人もいて、北陸地方の途中駅で席に座っていた人が降りてすぐに席を得た人も。いつものように横にならずに過ごせませんでしたが、疲れていたので座ったままでも同じレベルで寝ました。

 利用者の減少が著しいと騒がれている寝台特急や夜行急行ですが、特に年末年始やゴールデンウィークなどの大移動の時期は、大いに利用されるものです。

s-P5015284.jpg
 出発30分前にホームへ到着しましたが、僕の前にはこんなに人が。僕の乗った先頭車両(自由席で禁煙だから、前の景色は見ることができないため、前の景色を見たくて先頭車両へ行った訳ではない)は扉が1つしかないためこれだけ長蛇の列ができているのですが、とにかく多いです。

会社説明会11 久しぶりの説明会

 このところ、面接を中心とした採用試験の量が圧倒的に多くなったため、この日に行った説明会はかなり久しぶりなものでした。

 午前と午後、それぞれ2社の説明会に行きました。午前の方は、暇だったのでたまたま目にとまった会社を選んで参加しましたが、そこの会社の人事の人が某大学の“安西先生”みたいに人生論を延々と語っていました。学生が社会人としてこれから自分の人生をどう生きていくべきか、ということについてかなり熱を持って語り、会社内容の説明は二の次でしたが、自分としてはとても勉強させてもらいました。

 午後は予定通りの会社へ向かいました。鉄道系の会社ですが、この会社はあまり学歴に関係なく採用試験を受けさせてくれ、研修制度もしっかりしていそうという雰囲気が、今まで訪れた鉄道系(工学部を優先している)の会社よりはあったので期待したいです。

 そういえば、最近履歴書やエントリーシートを書く機会も減って底の部分では楽になりましたが、最終面接を終えて選考結果待ちの企業も出てきました。そのため、そろそろ採用試験が色々な意味で終わった後のことも考えなければいけなくなったので、ひっきりなしに面倒なものがやってくると実感してきました。そこのところは連休で会社訪問が無い間にゆっくり落ち着かせましょう。

採用試験 9 その4 激安日に行くべき東京の宿はやはりここですぜ

 今回は「日本青年館ホテル」に再び泊まりました。これで今年に入って4泊目です。今回は激安日にうまくあたり、ためたポイントも使えて3800円でした。

 やはり、「日本青年館ホテル」は今までで泊まった宿の中で一番いいと思っている宿です。宿代ですが、ジャランnetで予約するビジネスホテルは一番安いもので大体2500円です。それ以下の値段だとカプセルホテルやネットカフェです。3000円台が安い部門に入るので、自分も3000円台になるように選んでおります。

 「日本青年館ホテル」は、一番安い日は1人で3650円です。2人以上で泊まれば3150円にもなります。場所は山手線の環状の内側の信濃町(国立競技場の近く)に位置し、東京のどこへ行くのにも、立地条件としてはほぼ完ぺきです。部屋も12~21畳の和室(今回は12畳)を独り占めでき、LANケーブルがあるため無料でインターネット使い放題、大浴場も完備してあり、至れり尽くせりってやつです。普段の宿泊費は1泊8400円で、3000~4000円台で泊まれる限定プランが時々開催されています(毎日ではないので注意)。これは1日3室限定のプラン(今までの傾向から)なので、もし東京に泊まる予定があり、「日本青年館ホテル」で激安プランをやっていたら、ぜひ予約をしちゃいましょう。敢えて不便な点を挙げれば、近くにコンビニや飲食店が無いことでしょう。素泊まりをする場合(限定プランは素泊まり)は、そこを受け入れましょうね。

 次の日(4月29日)の朝、ホテルの前の公園に「革マル」を始めとする真っ赤な真っ赤なマルクス過激団が集まっていました。公園の周りには警備員も徘徊していました。昭和の日だからなのか?某大学の学生自治会が増殖したような感じでしたぜ。

採用試験 9 その3 国立科学博物館

 次の日(4月28日)は東京で面接試験があり、行ってきました。なんか、面接官が適正試験の結果に着いて教えてくれたのだが、「あちゃー、やっぱり僕ってこんな奴なのね…にょれろ~ん」と思いました。

 話は変わり、午後は時間が開いていたので、久しぶりに国立科学博物館へ行ってきました。ちなみに、同じ上野公園内にある国立博物館は、怪人二十面相に狙われた場所でもあります(「怪人二十面相シリーズを参照」。館内は改装工事がなされ、非常にきれいになっていました。日本館と地球館の2つの建物がありますが、古かった日本館が、みちがえりました。日本の文化や科学、さらには地球科学的なことまで様々です。就職活動中はあまり考えたくない地質のことまでばっちりしっかり展示してありました。地球館の方は地下から地上まで非常に立体的に広い建物に様々な物理化学の法則を示す展示がなされておりました。こちらは子供の科学館ポイ感じで、「ああ、昔ならいましたなあ」と思い出しました。ここで学校の先生方がやってきたら、うんちくを延々と語られそうです。

s-P4285280.jpg
 魚が泳いでいるように見える化石です。

s-P4285277.jpg
 こちらは、日本列島にどのような岩石が分布しているのかを、地質体(○○帯とか)に区分して示しています。自分の研究地域以外はもう忘れかけておりまする。

採用試験 9 その2 面接試験でのやりとり

 次の日は面接試験を受けてきました。そこで、自分の出身学科が会社にどのように活かされるのか聞かれました。しかしまあ、業務内容が工学系に近く、自分が理学部出身であるため「他の会社の方が向いているんじゃないの?」的なことを言われて僕の方も理学部で培ったことを会社の業務にも活かせることを自分なりに述べていきました。自分の言語できちんと伝達できたのか?それとも評価されたのかは会社との相性もあるので何とも言えませんが、それなりには言ってきちゃいました。なんか、面接官側の方も新鮮な内容だったらしく、一体結果はどうなるんだろうか?と気になる状態であります。まあ、こういう面接ではわざと相手が困るようなことを言って受験者を試す可能性もあるので、後は相手がどう受け止めてくれるかですな。ちなみに、以前受けた同じ業種の会社は募集学科不問の方針で人材募集を行うため、面接でも出身学科のことに対しては深く突っ込まなかったです。同じ業種でも会社によって方針が様々なのですね。
NEXT≫
プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム