日本地質学会第117年学術大会(富山大会)

 先週の三連休に、なにやら20年近くぶりに「富山大学」で地質学会の学術大会が開催されやがりました。ちょうど連休初日の土曜日に会社の講習会で「富山」に来ていたので後はそのまんま大会会場である「富山大学」を訪れて、夜は「tomoyan」の家に停めてもらいました。彼もまた自分の学科の学会の大会のためにポスター作りに励む毎日でとても忙しそうでしたが、夜のお酒が健全なところは相変わらずでしたwww。

 大会ですが、地球科学科の先生や学生、「富山」や「福井」の博物館関係者、恐竜の化石発掘に来られている方々など、学生時代に顔を合わせた方が来られていて久しぶりとも言い切れませんが再会を果たしました。また、この学科の関係者全ての大先輩である先生を偲ぶ会も行われ、ここでもOBや関係者の方々と顔を合せました。みなさんお元気そうでなによりです。偲ぶ会の主役となられた先生が去年亡くなられたのは本当に残念です(最後までお元気でしたので)。日中はポスター発表や講演などを聞いて回りました。最近はジルコンを使った年代測定がおはやりのようで。

P9197791.jpg
P9197792.jpg
 「富山」は標高約3000mの「立山連邦」と水深約1000mの「富山湾」を所有し、両者の標高差が4000m近くあるので、長年このようなアピールをしていますねえ。「静岡県」は同じようなことを言わないのでしょうか?

おまけ
P9197790.jpg

P9197789.jpg
 学生会館が取り壊されています。どうやら来年の初めころまで改修工事を行うようです(恐らく基礎部はそのまま再利用?)。「富山大学」はここ10年弱少しずつ建物を改修しています。残る古い建物は教育学部と共通塔の一部(あと工学部かな?)くらいでしょうか。
スポンサーサイト

「北陸新幹線」の建設工事 その4 平成22年9月21日

 「富山大学」で開かれた地質学会を見学した帰りに「呉羽丘陵」に登って「北陸新幹線」の建設工事の様子(「富山」方面)を撮影してみました。

無題
 今回の撮影地点は「呉羽丘陵」の、平野を見渡しやすい2か所からです。①では新幹線の橋脚をやや斜め方向から、②ではほぼ垂直方向から撮影しています。



P9207793.jpg
 ①は、数年前に「サザエさん」のOPで描かれた場所です(「富山」の様々な景色を描写して、「呉羽丘陵」から見た「富山平野」が出た。作中では、銅像もしっかり映っていました。)。「神通川」より「金沢」側の平地に高架橋が造られていっている様子がわかります。

P9207794.jpg
 チョイ拡大して「神通川」と「富山駅」を撮影。在来線よりも大きな橋になりそうですね。よ~く見てみたら、「富山駅」のホームに「ワイドビューひだ」が停まっているのが見えます。


P9207799.jpg
 ②は、一番絵になる場所かもしれません。晴れていれば「立山連邦」も映るのです。開通日には必ず人々が集まるでしょう。

P9207803.jpg
 拡大写真です。新幹線用の用地が確保されていますね(「北陸本線」や「高山本線」より右側の空き地)。神通川にかかる「北陸新幹線」の橋の左隣は「高山本線」、そのさらに左隣は「北陸本線」です。ちょうど「高山本線」からやってきた貨物列車が「神通川」を渡ろうとしています(写真中央)。「高山本線」は「富山駅」が終点ですが、貨物列車はさらにその先へ進むので、橋の手前の渡り線を通って「北陸本線」の線路に乗り換えています。

「北陸新幹線」の建設工事 その3 平成22年9月12日

 前回に引き続き、9月の「北陸新幹線」の建設工事の様子を、「富山」付近にあてて紹介します。

無題
 今回撮影してきた場所の地図です。赤色の線が「北陸新幹線」のルート、番号は各写真の撮影地点です。機会が会ったら今度は「呉羽丘陵」の上から撮影してみたいです。

① (2)
 「神通川」においても、橋脚と橋げたがだんだん存在感を強めていっています。

②
 この場所も用地が確保され、だんだんと橋げたが造られていっていますね。

③

③ (2)
 上の写真が「富山」側、下の写真が「金沢」側を示します。「呉羽丘陵」までは「北陸本線」のお隣を通ります。

④
 「神通川」~「呉羽丘陵」の間は、かなり高架橋が出来てきました。

⑤

⑤ (2)
  上の写真は「富山」側、下の写真は「金沢」側を示します。「呉羽丘陵」は、「新呉羽トンネル」で通り抜けます。ここも「北陸本線」の「呉羽トンネル」(写真右側)のすぐ隣です。モルタル(白い壁)をトンネルが貫きます。

⑥
 「呉羽駅」の手前で「北陸新幹線」が「北陸本線」の北側に移ります(「金沢」側を撮影)。

⑦
 「呉羽駅」よりちょい西側です。この辺はかなり高架橋が出来てきています。国道8号線でいうジョイフルなどが散乱している場所です。

「北陸新幹線」の建設工事 その2 平成22年7月4日

 この種の記事も久しぶりです。
参照→『北陸新幹線の建設工事 その1 平成21年6月21日

 今回は、「富山」~「西金沢」間における「北陸新幹線」の建設工事の様子をを上りの普通列車の車窓より撮影したものを紹介します。

a.png
 こちらが全体図です。赤色・青色で示す線が「北陸新幹線」のルートになります。青色の区間は路盤がほぼできている区間、赤色の区間はただいま建設真っ盛りの区間です。番号は、それぞれの写真の撮影地点です。


①
 「富山駅」より、「新潟」側を撮影。新幹線の高架橋を造るための用地が開けられています。元々「北陸本線」の線路が会った場所で、新幹線設置工事に伴い、[北陸本線」の線路は北側(写真左方向)に移設されました。

②
 「神通川」です。橋脚もしだいに造られています。

③
 「神通川」と「呉羽山」の間もこのように高架橋の源、鉄筋が設置されてきています。

④
 「新呉羽トンネル」の掘削も近いのでしょう。「富山」側の坑口となる場所にモルタルが吹きつけられています。

⑤
 「呉羽山」より「金沢」側も用地が延々と続きます。

⑥
 途中で新幹線の線路が「北陸本線」よりも北側に移ります(これより「富山」よりでは南側)。

⑦
 高架橋の出来ているところとそうでないところが交互に現れますが、時がたつごとに出来ているところが増えていっている気がします。

⑧
 「石動」より西はトンネルや高架橋がおおよそ完成しています。その付近の工事はやはり進んでいるように見えます。
ここはかつて、「北陸新幹線」の路盤と「北陸本線」を繋ぐ予定だった場所です。

⑨
 「新倶梨伽羅トンネル」の東口です。このトンネルは長さが6km以上ありますが、黒歴史的事情ですでに完成しています。

⑩
 「石川県」内ではほとんどこんな完成状況です。

⑪
 「金沢車両基地」では、高架橋が高くなっています。

⑫
 スラブ軌道の路盤も設置され、あとは線路や架線を設置するだけです。

⑬
 「金沢」を過ぎて「犀川」を渡り終わった付近で高架橋が途切れています。これより以西でも、「敦賀」「白山車両基地」まで線路を延ばします。

⑭
 もうすぐこういう場所にも高架橋が出来るでしょう。

⑮
⑮ー2
 「金沢西」において。上の写真は「金沢」側、下の写真は「福井」側を示します。

 まとめれば、順調にできてきているということでしょう。なお、どうして「倶梨伽羅峠」~「金沢駅」の間の高架橋やトンネルが既に完成しているのか?疑問に思う方は、下に示すリンクより関連記事を見てみてください。「北陸新幹線」建設に関する黒歴史がわかりますよ。

参照↓
金沢付近にある北陸新幹線の路盤(高架橋やトンネル)について その1 何故ここだけ先に作られたのか?
金沢付近にある北陸新幹線の路盤(高架橋やトンネル)について その2 政治とエゴに翻弄された路線

名言集 その45

3日歩けば人里に出られる
(「富山大学」の教授)
 「日本」国内なら道に迷ってもとにかく歩き続ければ3日以内に人里にたどりつけるという、彼の非常にたくましい持論です。

一流と言っても色々な一流があると思うんだ。あの馬鹿正直なオーナーは、人の良さでは一流でしょ。
(磯野しずか:王様のレストラン)
 「ベル・エキップ」のよさをこの一言で集約していますね。狭い範囲での一流にいつの間にかとらわれていた千石の反応がとても印象的です。

人類を救う前にやることが多すぎます
(エヴァンゲリヲン破:伊吹マヤ)
 すぐに行動したいけど、双方のエゴやら本当に必要と言えるかわからない手続きやら、本当に面倒ですね。

銃が人を殺すのではない、人が人を殺すんだ
(全米ライフル協会)
 「日本」は銃の所持が禁じられていてそれは言うまでもなく「日本」の良き習慣でしょう。だけど、彼らの主張内容もまた考えさせられますね。これは銃に限らず他のことでも言えます。

パンツにザリガニ入れられたいか!! それとも・・・はは~ん 俺に入ってほしいワケか!?
(音速丸:ニニンがシノブ伝)
 「ぎゃーっ!」か「あーっ!」の結末しかないんすけど。

「金沢」の「三つ目トンネル」

 普通、道路や鉄道のトンネルは対面通行や単線(もしくは複線)で穴が1つ、4車線以上や複線で穴が2つ並んでいます。しかし、「金沢」には穴が3つ並んでいる「三つ目トンネル」があります。3つのトンネルが一か所に集中する場合、1つは大体が作業用の小さなトンネルですが、今回紹介するのは3つとも一般通行にきっちり使用されているトンネルです。


金沢の三目トンネル
 「三つ目トンネル」の位置は「金沢」市内、および周辺を通る、「山側環状」の「涌波IC」です。ちょうどこのへんは山腹にあたり、トンネルが多いです。

P7117698.jpg
 「三つ目トンネル」の遠目写真です。下2つが「山側環状」の本線(「崎浦涌波トンネル」)、上の1つが「山側環状」と一般道路を繋ぐ連絡線(よーするにICのランプ)(「涌波トンネル」)です。

P7117700.jpg
 正面から撮影。まさしく「三つ目がとおる」ですね。デジカメをガムテープで固定し、時速30km/h走行で撮影。後ろに車がいなくて精神安定が保たれましたとさ。

金沢の三目トンネル
 「三つ目トンネル」を簡易的な絵にするとこんな感じになります。

金沢の三目トンネル
 絨断面は、こんな感じです。本線のトンネルの上の台地を一般道路が走り、このトンネルの両側から一般道への連絡線が通っています。「三つ目トンネル」が見られる東側(図で言う右側)は山が険しいため連絡線もトンネルで貫いています。このため「三つ目」になりました。連絡線は本線よりも急こう配であるため、本線とは次第に離れていきます。

お盆休み 6日目 さらばお休み

 「シャトヤーン」の家を朝発ちました。彼はすでに仕事に出ていたのでご両親に駅まで送っていただきました。色々とありがとうございます。

 そのまま「しらさぎ」で「金沢」へ戻りました。明日からまた平日です。昼過ぎに金沢に到着し、最後の休暇をここでもグダグダ過ごして終わりました。

P8187750.jpg
 最近「北陸本線」には普通列車としてこのような車両走っています。これは521系で、「北陸本線」や「湖西線」が「敦賀」まで直流化された4年前に導入されました。今では「金沢」以西で走っています。

 んで、翌日ですが、暑さでまいりました。お盆休み6日間でよほどグータラで不規則な生活に慣れたのか?この間に体内に無駄な物をため込んだのか?汗の量が半端なかったです。その分体質が平日モードに戻ったようで、午後からは少し体が軽くなりましたが、いつでも夏バテする自信に満ち溢れております。

お盆休み 5日目 「シャトヤーン」ちのオタク訪問

 今日は「静岡」を発つ日です。家族や親せきの方々とは元気に別れました。午前中はグダグダしたいという贅沢な未練を残しつつ、母と妹ともにブランチを食いました。昨日ニートしていたからか?不規則生活で体内に無駄な物がたまったためなのか?食欲がなかったのが惜しいです。

 昼過ぎに「静岡駅」より「ひかり」で出発し、「シャトヤーン」の実家の「岐阜」へ向かいました。彼は今日と明日は仕事で夜しか会えませんが、1年半ぶりの再開ということで大いにはっちゃけました。彼もご家族の方もとても元気で学生時代とほとんど変わらぬ時を過ごしました。夕飯の帰り道、電波ソングを車の窓を開けて熱唱しましたとさ。ていうか、彼は学時代の時より色々のめりこんでいるようにも見えたのだが!!

 短い間でしたが、「シャトヤーン家」の方々に色々とお世話になりました。実家などへ行き来する際は機会があったら訪れてまた顔を合わせたいですね。

P8177746.jおpg
 「岐阜駅」です。「名古屋圏」の普通列車や快速の車両は大体こんな配色が多いですね。「静岡圏」でもこんな配色の傾向になってきています。

P8187749.jpg
 「岐阜駅」前に「織田信長」の像がありました。金ぴかで非常に目立ちます。

お盆休み 4日目 家で英気を養いつつ情報収集

 実家滞在2日目の夜も2:00までグダグダ過ごしました。結果めっちゃ寝みいです。そして今日は兄弟そろいもそろって家で英気を養いながら情報収集をしました。相変わらずイーモバイル付きノートパソコンを狙われています。まあ、僕が寝たり寝込んでいるときには好きにさせましたがね。しかし毎日平日はサウナ体験をして22:00~23:00就寝5:30~6:00起床の生活を続けてきた反動で、この連休、実家に帰ってだれすぎです。完全に学生時代の不規則な生活習慣に戻っています。次の日は昼過ぎに「静岡」を発つので、この日は実家で最後のグダグダを慣行しました。今回の帰省は、完全にグダグダするための帰省でした。これで疲れがとれたでしょうか、いや、休日は疲れをとるためにあるものですが、休日は休日でどこかへ遊びに行ったり不規則な生活になるのでそれなりに疲れるんですよねえ。

珍しい台風

 今日は「北陸」や「東海」、「関東」を台風9号が通過し、色々と話題になりました。ここ「金沢」も日中は是t目が強く、外の現場も今日は作業中断で、事務所で待機しつつときどき現場の見回りをしたりしていつもより体がなまりました。現場の川は一時的に50cmほど上昇しました。

 で、今回の台風ですが、観測史上初めて台風中心の上陸地点が「北陸地方」(「福井県敦賀」)だったのです。つまり、台風が「東シナ海」から「対馬」、「日本海」を通過して「福井県敦賀」に至りやっと日本列島四島に上陸したのです。

1009-00.png
http://www.jma.go.jp/jp/typh/1009l.htmlより。
 台風9号の進路図です。見事に「日本海」を通過しています。ちなみに、本日の午前中は黄色線の予想進路が取られていました。本来「石川県」直撃という僕にとっては緊急事態でしたが、昼過ぎになっていきなり「静岡県」方向に進路を変えました。ちなみに、過去の台風で「日本列島」に一切上陸せず「日本海」を完全に通り過ぎたものがあるそうです。

 さらに、今日の「金沢」の最高気温は26.1℃と、約40日ぶりに30℃を下回りました。また、50日ぶりに「日本国内」で35℃を観測した場所がなかったそうです。

お盆休み 3日目 飯

 前日は体を酷使したので寝みいです。そして腹の調子が若干おかしくなりました。食欲は健全ですが、1日に5,6回の火山噴火(幸いストロンボリ式噴火ではなく、溶岩ドーム形成でした)を引き起こしました。午前中はほとんどグダグダでパソコン遊びをしつつ過ごしました。

 昼過ぎになって母方の祖父母のところへ向かいました。今日は妹や祖父母やいとこ達と食を楽しみました。ただいま「静岡」では夜店市をやっていて「呉服町」はテラ混んでいました。そして今日も蒸し暑いです。明確な目的がなければずっと家に引きこもっていたいです。気温が25度くらいで湿度50%、そよ風のそよぐヨーロッパ型の夏が来てほしいものです。まあ、みなさん元気なことで、もしかしたら僕が一番ばてていたかもしれませんね。それにしても、あの人までがあの知識を得ていたとは、少々驚きましたとさ。

お盆休み 2日目 休日は休日なりに肉体を酷使します

 次の日、午前中はお墓参りへ行ってきました。お墓が離れた場所にあるため家族全員でkるるまで行きましたが、僕が運転しました。やる気満々だったのですが、友達や会社の先輩が同伴するよりも気付かれしたのは何故だろう?とりあえずいつもより伸長穏やかに運転したつもりでした。そのまま昼食を共にして僕は家に戻ってだれました。

 夕方は県民プールが無料開放日ということで親戚のおじさんに連れられて泳ぎに行きました。プールで泳ぐのは2年半ぶりですが、いきなり20分で800m泳いだらなんだかぼーっとして次の日首が筋肉痛になりました。

 帰ってからはニコ動鑑賞をしつつ、初の投稿動画である『「のぞみ号」が停まらない』の仕上げ作業を行い、気が付いたら次の日の3:30になっていました。疲れがたまっていて疲れることやらかしたので寝みいです。でも、動画の仕上げはお盆休みにやるのが一番いいので、1日でけりをつけて無事うpを果たして再生回数やコメントの内容が予想通りか?を気にしつつ気を失いました。

お盆休み 1日目 経由ではなく帰省

 5月以来の長期休暇であるお盆休みで6日の休みをもらえたため、ためらいなく実家へ帰りました。3月末にも帰りましたが、あの時は100%自業自得の引っ越してまどりで全くゆっくりできなかったので、実家でゆっくりくつろぐのは正月以来です。ここんとこ実家へは経由目的で訪れたことが多いですからな。

P8137738.jpg
 「米原駅」にて。右:「300系」、中央:「N700系」、左「700系」。「東海道新幹線」を走る営業車両がすべて集約しました。

P8137739.jpg
 真っ赤な電車は「名古屋」では「名鉄」のことですね。

 こちとら8月上旬は暑さでばてばてだったのに、「静岡」は「北陸」よりも容赦ない蒸し暑さでした。曇っていて気温は低そうですが、湿度が半端なく高いです。ひと思いに夕立が降ってくれればよかったのに、家に帰ってクーラー生活が即始まりました。家族や親せきの方はみなさん元気にされていて何よりです。社会人になったらしい僕なのだが、実家に帰ればとりあえず息子的な立場ですね。ちょうど妹も帰っていましたが、ノートパソコンとイーモバイルをつけ狙われる日々が始まりましたとさwww。

停車駅争奪戦

駅間5キロ…最速新幹線「みずほ」も各停?九州自治体が綱引き

産経新聞 9月3日(金)10時52分配信

 来年3月に全線開業する九州新幹線鹿児島ルートの停車駅をめぐり、JR九州に沿線自治体から「わが駅に停車を」と要望が相次いでいる。山陽新幹線を運行するJR西日本は「停車駅を減らし、航空機に勝てる新幹線を」との姿勢を崩さない。JR九州は、地域の熱意と対航空機競争との狭間(はざま)で苦しんでいる。(小路克明)

 ■久留米vs新鳥栖

 九州新幹線「さくら」の歓迎式が2日、久留米駅(福岡県久留米市)と新鳥栖駅(佐賀県鳥栖市)で行われた。楢原利則・久留米市長と、橋本康志・鳥栖市長は異口同音に「1本でも多くの停車を目指して努力する」と語った。

 両駅間はわずか5キロ。停車駅の綱引きはまさに真剣勝負だ。

 楢原市長は「久留米駅は在来線との併設駅で、連結がいい。また(人口約30万人の)久留米の規模もJRに考えてもらえるよう今後も要望していく」と話す。

 一方、高速道路の東西南北を結ぶ鳥栖ジャンクションを抱え「九州交通のクロスポイント」を標榜(ひょうぼう)する鳥栖市。橋本市長は「長崎県を含めた後背地人口を考えてもらいたい」と訴える。

 将来の九州新幹線長崎ルートをにらみ、佐賀県の古川康知事は「鹿児島ルートという縦軸に対し、横軸の効果をもたらすため、大分や長崎にも声をかけている」と、長崎県との“共闘”を強調。

 佐賀、長崎両県は8月、合同で新鳥栖駅停車をJR九州に要望した。

 ■同床異夢の4県

 「九州新幹線建設促進期成会」を構成する福岡、佐賀、熊本、鹿児島4県は歩調を合わせ、JR九州に「利便性の高い運行ダイヤ」などを要望しているが、思惑は別だ。

 特に、新大阪~鹿児島中央を約4時間で結ぶ「さくら」と、3時間47分で結ぶ計画の最速新幹線「みずほ」の停車駅やダイヤをめぐっては意見が異なる。

 「みずほ」は博多、熊本、鹿児島中央の3駅だけに停車する可能性が高い。熊本市の幸山政史市長は「みずほが熊本~新大阪間3時間を切れば、関西方面に与えるインパクトは大きい」と大歓迎。これに対し、佐賀県の古川知事は「みずほ」についても、新鳥栖停車を求めていくとしている。

 ■JR九州は板ばさみ

 JR九州によると、今年9月1日までに寄せられた停車駅や利便性に関する要望は34件にのぼる。

 しかし、航空機との競争を勝ち抜くため、JR西は九州新幹線の「時短」を強く主張している。

 沿線自治体からは「(停車駅を減らしたい)JR西に対し、JR九州はがんばってほしい」とエールも送られるが、JR九州幹部は「新幹線について実績を持つJR西の意向は無視できない」と板ばさみに苦しんでいる。

 九州新幹線鹿児島ルートのダイヤ、停車駅は年末にも発表される。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100903-00000530-san-bus_all


 この新聞記事の題名は、停車駅争奪戦が新幹線にとって最悪の結果になった想定でつけられたのでしょうか?いつの時代のどこの沿線地域でも起きえるのであまり驚きませんが、起きちゃいましたね。特に、「新鳥栖」と「久留米」の駅間距離は5.7kmしかないので、高速運転を生かしたい新幹線としては、完全なる各駅停車ではなくこのどちらかに停車する組合せで列車を設定したいくらいです。最近開通した新幹線、もしくは列車には停車する駅の数が多い便がよく見られますが、沿線地域の都市人口の格差が小さい、もしくは分散されている影響もあるかもしれません(特に「東海道新幹線」沿線は都市人口の格差が大きすぎるため、「静岡県」内の駅に「のぞみ」が停まらない原因になっている。しかし、大きい視点で見れば速達型があってこそ新幹線の高速性能を生かせるので設定されることを願います。まさかすべての自治体が「全列車をうちに停車させぃ!」と言わないですよねえ。

発掘現場の打ち上げ

 8月の上旬に「富山」の山奥で恐竜の足跡化石発掘が行われ、学生時代はそこのアルバイトでしょっちゅうお世話になっていたので、今回は打ち上げだけ参加させていただきました。出来れば2~3日現地に滞在して露頭ではしゃぎながら発掘のお手伝いをできたらいいのですが、流石に土曜の夜~日曜の朝だけの参加になっちゃいました。

 先週や先々週の土曜日がお休みだった分+夏は現場作業まっ盛りなおで当日の日中は「金沢」で作業。夕方に作業を終えた後で急いで車で現地へ向かいました。授業中に居眠りをする自信に満ち溢れる状況でしたが、人間楽しみがあると強くなれるもので、「金沢西IC」~「富山IC」を32分で走ってしまいました。現地へ着いたのは「金沢」出発から70分弱、予定より30分早く着いちゃいました。そしてTシャツがまた一枚増えました。

 現地にはかつてお世話になった先生、専門家の皆さまや、宿のおばさん、「ヒバリ」や学科の先輩後輩、他の学校の学生たちがわんさかいました。毎年恒例の打ち上げ前に行う「試し飲み」やら「試し食い」などが健全に行われました。到着が打ち上げ開始の3時間後であったため飲み食いがかなり進んで中には酔いつぶれ気味の人もおりましたが、そこはテンションでお互いに保ちました。特に、他の学校の地質学科のOBや学生に、地質調査における、当時はあまり言えなかったやましい行動(←研究に大きな支障はでないレベルだが、言うに言えないこと)について話しましたが、みんな同じような“ネタ行動”をやっていたのでめっちゃウケました。夜も更けるにつれ一人また一人と眠りに着き、ぼくは1:00ころにようやく眠りました(仮に打ち上げがなかったら21:00でもその日は寝られました)。

 次の朝はみなさんフリーダムに起きて解散しました。昨日はあまり飲み食いが出来なかったので、攻めて朝ごはんだけでも沢山いただきました。その後は持ってきたパソコンのパワポを上映したりして過ごし、9:00過ぎに「ヒバリ」とともに宿泊場所をあとにしました。ここ1~3年は北陸のいずれかにいそうなので、来年以降もできるだけ、欲張りを言えば2~3日この場に行きたいです。

 その後は「ヒバリ」と「満天の湯」に行き、2人で「金沢」まで向かい、「金沢駅」で解散しました。楽しみというドーピングをフルに使ったので「金沢」に戻ってからはかなり疲れました。明日から平日かぁzzz「サザエさん効果」が大きかったです。
プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム