「東北地方太平洋沖地震」 その7 M9級の超巨大地震が想定され“にくかった”理由

 「東北地方太平洋沖地震」は、M9.0の超巨大な地震になりましたが、この規模の地震は「日本」ではあまり想定されず、一般人にはほとんど実感がわいてきませんでした。「日本」国内で起こり得る巨大地震と言えばM8.0級で最大でも8.5と、「東北地方太平洋沖地震」の1/5~1/30のものとされていました。何故「日本」ではM9級の超巨大地震があまり想定されていなかったのか?その理由を挙げます。


「日本国内」においては正式記録が非常に少ない
 地震は巨大なもの(Mが大きいもの)ほど起こる回数が少ないものです。したがって、M9級の超巨大地震は、全世界をみても過去100年間で5回ほどしか確認されていません。以下に記すのが、過去に起きたM9級の地震です。

カスケード地震(M8.7~9.2、1700年)
アリカ地震(M9.0~9.1、1868年)
カムチャツカ地震(Mw9.0、1952年)
チリ地震(Mw9.5、1960年)
アラスカ地震(Mw9.2、1964年)
スマトラ島沖地震(Mw9.1~9.3、2004年)
東北地方太平洋沖地震(Mw9.0、2011年)


 ここで注目すべきは、「日本」では今までM9.0級の超巨大地震が正式に観測されたことがなかった点です。以下に、「日本」で過去に起きた、もしくは想定されている巨大地震を挙げます。

三陸沖地震(多くの場合M8以上、869年の貞観地震はM8.3~8.6、1896年の地震はMw8.5、1933年の地震はMw8.4・Mj8.1、1968年の三陸沖北部地震はMw8.3・Mj7.9)
南海地震(多くの場合M8以上、1361年の地震はM8.4、1946年の昭和南海地震はMw8.1・Mj8.0)
関東地震(M8前後を想定、1703年の元禄大地震はM8.1、1923年の地震〈関東大震災〉はMw7.9)
東海・南海・東南海連動型地震(1707年の宝永地震はM8.4~8.7)
東海地震(M8前後を想定、1854年の安政東海地震はM8.4)
濃尾地震(Mw8.0、1891年)
喜界島地震(Mj8.0、1911年)
東南海地震(多くの場合M8以上、1944年の昭和東南海地震はMw8.1・Mj7.9)
十勝沖地震(M8前後、1952年の地震はMj8.2、2003年の地震はMw8.3・Mj8.0)

※Mwは「モーメントマグニチュード」、Mjは「気象庁マグニチュード」です

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E9%9C%87より


 これによると、M8.5級の巨大地震は、数十年~100年に一度起きるまれな地震で、それを超えるものと言えば平安時代に起きたM8.3~8.6の「貞観地震」(貞観11年5月26日(869年7月13日)発生)やM8.4~8.7の「宝永地震」(宝永4年10月4日(1707年10月28日)発生)など、数えるほどのようです。(ただし、当時の地震を今の技術で生で解析できていたら、9.0になることもあるかも(「貞観地震」や「宝永地震」は震源域がとてつもなく広いので))。要は、数百年に一度・今まで確認されなかった超巨大地震よりも、数十年~百数十年周期で起こるM8級の巨大地震の方が今を生きる我らには現実的で注目しやすかったともいえます。

M9級の超巨大地震は起こりにくい環境と考えられていた
 上で述べた歴史的傾向もそうですが、「日本」とその近海で超巨大地震が起こりにくい理由も科学的に考えられてきました。それには、海洋プレートの、大陸プレートへの沈み込みの角度が関係しています。海洋プレートの沈み込みの傾斜(角度)が急なものが「マリアナ型」、浅いものが「チリ型」と言われます(←モデルになっている「マリアナ海溝」は、海洋プレートの沈み込みの傾斜が急だから水深が深い)。


「マリアナ型」(←「日本」近海)
海洋プレートの沈み込み角度が大きい

海洋プレートが比較的なめらかに大陸プレートの下に沈み込む

地震の源となるひずみが溜まりにくい

比較的小さめ(とはいってもM7~8級だが)の地震が小出しで起きやすい



「チリ型」(←「チリ」近海)
海洋プレートの沈み込み角度が小さい

「マリアナ型」と比べて、海洋プレートがに大陸プレートにひっかかりながら沈み込む

地震の源となるひずみがたくさん溜まりやすい

超巨大地震(M9級)が起きやすい


 海洋プレートは大陸プレートと衝突し、擦れつつ下に沈み込みます。沈み込みの傾斜が急だとその摩擦が小さくなめらかに沈み込みます。そのためひずみが溜まりにくく地震のエネルギーが溜まりにくいのです。傾斜が浅いとその逆になります。「日本」近海の海洋プレートは多少急傾斜で沈み込むらしいです。そのため、より傾斜が浅い「チリ」近海のように超巨大地震が起こりにくい環境ではないか?と言われていました。
 しかし、よく考えてみれば、「日本列島」は過去も今も「付加体」とよばれるプレート同士の衝突で剥ぎ取られる地質体が、プレート境界で造られています。「付加体」は、海洋プレートの沈み込みの傾斜がある程度浅い=摩擦がある程度ある場所で造られるらしいです。つまり、「日本列島」でも「チリ型」の性格をはらんだプレート境界がうじゃうじゃあると言えるネタはあるのです。

 以下の新聞記事(以下の、黒色・赤色文字)には、地震のエネルギー放出とプレートのすべりの関係について記述されています。

数百年分のエネルギー放出 国土地理院がGPSデータ解析
産経新聞 6月16日(木)2時4分配信

 東日本大震災の巨大地震では、過去数百年にわたってプレート(岩板)境界に蓄積されたひずみエネルギーが放出されたことを、国土地理院の研究チームがGPS(衛星利用測位システム)による地殻変動データの解析で示し、16日付の英科学誌「ネイチャー」に発表した。

 研究チームは、マグニチュード(M)9.0の本震とその後の余震による地面の変動を、GPSの観測データをもとに解析。その結果、本震でプレート境界が大きくすべった範囲(震源域)は、日本海溝寄りの領域を中心に南北400キロに及び、すべり量は最大で27メートルだった。

 東北地方の太平洋沖では、太平洋プレートが北米プレートの下に年間7.3~7.8センチの割合で沈み込んでいる。この領域では数十年から100年程度の周期でM7~8クラスの地震が発生するが、これらを足し合わせても沈み込みで蓄積されるエネルギーの10~20%しか放出されないことが知られていた。
 研究チームの今給黎(いまきいれ)哲郎・地理地殻活動総括研究官は「残りの80~90%は、プレート境界が常時すべることで解放されているという考えが、大震災前は主流だった。実際には日本海溝寄りにエネルギーをため込む領域が存在し、今回の大震災では数百年分が一気に解放された」と説明。また、海底のGPS観測網を充実させれば、他の海溝系でも巨大地震の発生可能性などの評価に役立つとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110616-00000503-san-sociより

 今までの情報と絡めて要約すると、地震エネルギーの大半は「マリアナ型」の特性で滑らかに穏やかに消費されていると考えられていたけど、数百年~1000年周期で密かに蓄積したエネルギーが一気に開放されることがあるらしいです。それが、「東北地方太平洋沖地震」となって「貞観地震」や室町時代に起きたといわれる超巨大地震以来の規模になったのだそうです。

参照↓
「東北地方太平洋沖地震」 その1 マグニチュードについて
「東北地方太平洋沖地震」 その2 揺れについて
「東北地方太平洋沖地震」 その3 「前震」と「余震」と別の地震の誘発について
「東北地方太平洋沖地震」 その4 他の地震の誘発について
「東北地方太平洋沖地震」 その5 「貞観地震」との関連ついて
「東北地方太平洋沖地震」 その6 過去に起きた連動型超巨大地震
スポンサーサイト

「日本」で最も長距離を走る貨物列車は

 「日本」国内では、走行距離1000kmを超える寝台列車や新幹線が何本も走っています(した)。しかし、これらを圧倒的に上回る走行距離を誇る貨物列車があります。
その貨物列車は、「北海道」の「札幌貨物ターミナル駅」を出発し、「青函トンネル」→「日本海」沿い→「東海道本線」→「山陽本線」と経由して「福岡県」の「福岡貨物ターミナル駅」までの2127.7kmを約40時間余りで走破します。

貨物列車最長
 上図が、上述の貨物列車の走行経路です。現在、走行距離日本一の旅客鉄道である「トワイライトエクスプレス」よりも、「大阪」~「福岡」間の距離分上回っています(「トワイライトエクスプレス」の走行経路は、「大阪」~「札幌」間で、この貨物列車とほぼ重複する)。

 この貨物列車は「札幌」~「福岡」間の高速コンテナ専用列車(最高速度95km/h)であり、「北海道」の農産物などを積載しています。「札幌」→「福岡」の便が21:50発→翌々日の10:47到着、「福岡」→「札幌」の便が1:54発→翌日の15:28到着です。

 走行距離2127.7kmは、「トワイライトエクスプレス」(「大阪」~「札幌」)の1508.5km(下りは1495.7km)や、かつて歴代旅客列車で「日本」最長の走行距離を誇った寝台特急「富士」(「東京」~「鹿児島中央(当時は「西鹿児島」)」の1574.2kmをも軽く上回ります。

※寝台特急「富士」は、昭和40年(1965年)10~昭和55年(1980年)10月の間、「日豊本線」経由で「東京」~「西鹿児島」を24時間以上かけて運行していました(その後は、終着駅を「宮崎」、「大分」などに変更)。「鹿児島本線」経由の「はやぶさ」よりも走行距離が長かったです。

貨物列車専用の時刻表

 鉄道の世界には、旅客用鉄道専用の時刻表(よーするに、ふつーの時刻表)だけでなく貨物列車専用の時刻表が造られ、ごく一部の書店で一般販売されています。社団法人鉄道貨物協会が年に1回(ダイヤ改正ごとに)発行し、定価は2400円と、チョイ高めです(ふつーの時刻表は1000円前後)。

 現行の鉄道貨物協会の発行する「貨物時刻表」は1980年に発行を開始して、日本貨物鉄道(JR貨物)が運行するすべての貨物列車をはじめ、臨海鉄道や自動車(トラック)代行便の時刻を掲載しています。また、平成18年(2006年)3月改正分から、私鉄(三岐鉄道、西濃鉄道、小坂鉄道(現在廃止)、岳南鉄道)の貨物列車時刻も掲載されました。貨物時刻表には、日本全国で運用するJR貨物の機関車・貨車・コンテナの種類のほか、主要貨物駅の構内配線図も掲載され、各便がどのような経路で進んでいくのかを想像する楽しみもできます。

P4308484.jpg


 貨物時刻表はもともと知名度がかなり低いものでしたが、平成16年(2004年)4月に「タモリ倶楽部」で紹介されてから版元に問い合わせが殺到し、知名度が上がっていきました。

 もともとこの時刻表は貨物列車の荷主用につくられたもので、事業者向けのため発行部数が少なく、取り扱い書店は非常に限られます。現在、わずか15都市・計22の書店で市販されています(以下に記述)。

貨物時刻表を市販している街・書店名

北海道
中央区北5条西5丁目紀伊国屋書店札幌本店  011-231-2131

仙 台
青葉区五橋1丁目  JR貨物東北事業開発支店(3F)  022-213-3891
青葉区中央4丁目  ジュンク堂書店仙台店  022-265-5656

新 潟
中央区笹口プラーカ1  ジュンク堂書店新潟店  025-374-4411

大 宮
さいたま市大宮区宮町  ジュンク堂書店大宮ロフト店  048-640-3111

東 京
千代田区神田神保町  書泉グランデ  03-3295-0011
千代田区神田佐久間町  書泉ブックタワー  03-5296-0051
港区新橋5丁目  運輸情報センター  03-5405-4712

横 浜
中区伊勢佐木町  有隣堂本店  045-261-1231
横浜駅ダイヤモンド地下街  有隣堂横浜西口店  045-311-6265

静 岡
葵区呉服町2丁目  谷島屋本店  054-254-1301

名古屋
ジェイアール名古屋タカシマヤ 11F  三省堂書店 高島屋店  052-566-8877
テルミナ名鉄北口改札前  ティーズ  052-571-2505

京 都
中京区河原町京都バル  ジュンク堂書店京都バル店  075-253-6460
イオンモールKYOTOKaede館  大垣書店京都駅前店 075-692-3331

滋 賀
フォレオ大津一里山  大垣書店フォレオ大津一里山店  077-547-1020

大 阪
北区曽根崎2丁目  旭屋書店本店  06-6313-1191
アクトアモーレ  大垣書店高槻店  072-684-8700

神 戸
中央区三宮センター街  ジュンク堂書店三宮店  078-392-1001

岡 山
北区中山下NTTクレド  紀伊國屋書店クレド岡山店  086-212-2551

広 島
安佐南区中筋MEGA  フタバ図書MEGA店  082-830-0601

福 岡
中央区天神メディアモール天神  ジュンク堂書店福岡店  092-738-3322

http://www.rfa.or.jp/timetable/shoplist.htmlより

 一般人にはほとんど関わりない情報誌のため、個人的に買う人は貨物列車を撮影する、もしくは貨物列車のダイヤをトリビアとして知りたいマニアくらいです。

 貨物列車の面白い点は、さまざまな路線を旅客鉄道とは全く違ったルートで渡り歩くことにあります(例えるなら、関空特急「はるか」みたいな感じ)。この時刻表には、各便ごとに輸送するもの(例:コンテナ・石油・石灰石など)、最高速度(65~130km/h程の範囲)、貨物ターミナルの発射と到着時刻などが細かに記載されて、普段知ることのない貨物列車の動きを見ることができます。貨物列車の機関車や貨物車のちょっとした図鑑や、各機関車の配置状況なども事細かに記され、これを参考に実際に観賞へ行く人もきっといるでしょう。ちなみに、時刻表によると、運転本数は多い路線で「東海道本線」内が1日約50往復(30分以内に片側1本は走っている)、「山陽本線」内が1日約45往復、「津軽海峡線」内が1日約25往復です。

 なお、貨物列車はレールや保線用の資材を輸送することもあり、新幹線の車両・保線基地に近い貨物駅では、新幹線の線路に接近できる専用線が設けられています(例:静岡貨物ターミナル駅)。

「東北地方太平洋沖地震」 その6 過去に起きた連動型超巨大地震

 今回の「東北地方太平洋沖地震」は4つ以上の想定震源域が同時に動いた超巨大連動型地震となり、1300年前に起きた「貞観地震」の再来ともいわれました。しかし、過去の「日本」では「東北地方太平洋沖地震」に匹敵する、それに準ずる規模の連動型超巨大地震が何回か起きていました。今回は、「関東」より西側の地域に目を向けてみます。

東海・東南海・南海地震
 「東海・東南海・南海地震」の想定震源域を、「東北地方太平洋沖地震」と「貞観地震」の震源域とともに載せてみました。「日本」で最も注目されている地震の一つが、「太平洋ベルト」沿いで100~150年周期で起こるこの3つの地震です。Mは8.0~8.5の巨大地震で、規模は「東北地方太平洋沖地震」の1/10~1/30です(とはいっても相当巨大な地震ではあります)。これらの地震が、この数十年間の研究で想定されていた規模の、「日本」で起こりえる最大級の巨大地震です。最後の地震が起きてから「東海地震」の震源域ではすでに157年がたち、相当なひずみが溜まっていると言われています。「東南海地震」は最後に起きてから66年、「南海地震」は64年しかたっていませんが、地震の規模が比較的小さかった(とはいっても被害は甚大です)ため、解放されなかったひずみが残っている=近いうちにまた巨大地震が起こるのでは?と言われています。
 というのが、ここ数十年で「日本」で最も一般に広まっている“これから起こりえる想定された巨大地震”です。

宝永地震
 しかし、上で挙げた3つの想定震源域が連動して動いた超巨大地震が過去に起きています。その1つが300年前の元禄時代に起きた「宝永地震」です。Mは8.4~8.7で、動いた震源域は500kmとも700kmともいわれています。「東北地方太平洋沖地震」が起こるまでは、公式で考えられる「日本」史上最大の地震でもありました。この地震の49日後に「富士山」が大爆発を起こしました(宝永の大噴火)。この噴火は、「宝永地震」に刺激されて起こったと言われています。ちなみに、この噴火で「富士山」の山腹に「宝永火口」(「東海道新幹線」の車窓から「富士山」をみると、山腹の右側に見えるすり鉢状の大穴ですよ)ができました。

安政東海・南海地震
 さらに、幕末の黒船が来航した翌年の安政元年(1854年)12月23日に、「東海」と「東南海」の2震源域を連動型巨大地震が、その32時間後に「南海」を震源域とした巨大地震が起こりました。この2つの地震は短時間で連続して起きたため、連動型の超巨大地震ともいえます。


東海・東南海・南海地震の歴史
 地震関連の本や雑誌「Newton」などによくでている、「東海・東南海・南海地域」で過去に起こった巨大地震の年表です。これをみると、100~150年周期で巨大地震が、中には想定震源域を複数巻き込んだ連動型の地震もよく起きていることがわかります。近代的な観測機器のなかった昔の地震のマグニチュードは、過去の断層のトレンチ調査、古文書に書かれた家の倒壊範囲などから推定した揺れの範囲、津波の高さと被害状況などから導き出します。これらの地震のマグニチュードは8.0~8.5が大半で「東北地方太平洋沖地震」より規模は小さいですが、震源の範囲は非常に広く、揺れによる被害や津波の巨大化を促進します(一般にマグニチュードは値が大きいほど正確に算出しづらいので、もし現在よく使われているモーメントマグニチュードなどで計算ができたら、ひょっとしたらこれらの地震もM9級になっているのでは?と勝手に推察)。


 また、最近の研究で「四国沖」を震源とする?M9級の超巨大地震が2000年前に起きていたのでは?と言われています。それについて以下の記事に書かれています。↓

M9級・超巨大地震!2000年前、巨大津波か
   高知大学の岡村真教授(地震地質学)らが、高知県土佐市の2000年前の地層から、  
  厚さ50センチに及ぶ津波堆積物を見つけた。  
   
   高さ10メートル超となった東日本大震災の津波でも、堆積物の厚さは5~7センチ程度。  
  専門家はマグニチュード9級の超巨大地震による津波である可能性をあげ、その再来もあり得ると  
  指摘している。  
   
   駿河湾―四国沖では、海のプレート(岩板)が陸のプレートの下に沈み込む境界(南海トラフ)で、  
  東日本大震災のような巨大地震が300~350年周期で起き、大きな津波も発生している。  
   
   今回、50センチの堆積物(砂の層)が見つかったのは、現在の海岸から約400メートル内陸にある  
  蟹ヶ池。岡村教授らが約30か所で池の底を調べた結果、東日本大震災以前では、最大級とされる  
  宝永地震(1707年)の津波堆積物も見つかった。厚さは15センチ程度だったが、この時、蟹ヶ池近くの  
  寺を襲った津波は高さ25メートルだったことが分かっている。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110425-OYT1T00737.htmより

 また、近年の津波堆積物の研究で、「東北地方」のほうでも「貞観地震」を含め内陸3~4kmまで巨大津波が押し寄せるような地震が2050年前と3000年前にも起きていたそうです。今までのハザードマップでは津波の想定新水域は内陸1km前後までと想定されていましたが、少なくとも1000年に1度は「東北地方太平洋沖地震」のような巨大地震と津波が起きていたのです。


最悪の連動型
 最後に起こりえる最悪規模の連動型超巨大地震の図を載せます。これは「駿河湾」から「南西諸島」にかけて一気に連動して動いた場合の、想定震源域です(雑誌「Newton」に掲載されていた図を参照)。震源域の全長は1000数百kmで、M9.1~9.3の「スマトラ島沖地震」(震源域の全長が1000~1600km)や史上最大のM9.5を記録した「チリ地震」(震源域の全長が800km以上?)に匹敵します。地球上で起こると考えられる最大の地震が「日本」で起きるとこれだけの範囲がずれるということです。


参照↓
「東北地方太平洋沖地震」 その1 マグニチュードについて
「東北地方太平洋沖地震」 その2 揺れについて
「東北地方太平洋沖地震」 その3 「前震」と「余震」と別の地震の誘発について
「東北地方太平洋沖地震」 その4 他の地震の誘発について
「東北地方太平洋沖地震」 その5 「貞観地震」との関連ついて
プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム