「京急」の三線軌条 その2 「六浦駅」の不思議な分岐器

 前回の記事で「京浜急行電鉄逗子線」に設置されている三線軌条について語りましたが、今回はその時あえて載せなかった「六浦駅」の不思議な分岐器を紹介します。場所は三線軌条の設置されている「神武寺」~「金沢八景」間です。

PC318621.jpg

PC318619.jpg
 上の写真が「六浦駅」より「金沢八景」側、下の拡大写真が「神武寺」側です。このように、分岐器を介して標準軌の間にある回送列車用レールの位置が左右入れ替わっています。
 この三線軌条区間では、標準軌幅の「京急」の列車は両端の線路を、狭軌幅の回送列車はその間にあるレールと相対的に遠い位置にある端のレールを使用します。つまり、この分岐器を介して「京急」の列車は普通にまっすぐ通過します。一方、回送列車の通過時は下の拡大写真の右図の黄色部分のように分岐器が変化し、列車は黄色矢印のような形で進んでいきます。

無題
 「六浦駅」全体をみると、2つの分岐器(赤部分)はプラットホームを挟む位置取りをしています。そして回送列車用のレール(青部分)がその間だけ入れ替わっています。つまり、「六浦駅」のプラットホームのある部分だけ、標準軌の間にある回送列車用レールの位置が入れ替わり、回送列車自体が若干プラットホームから離れるようにしてあるのです。

 この分岐器が設置されたのは平成23年(2011年)10月と、かなり最近のことです。今までは回送列車専用のレールは同じ位置にありました。ところが、その形では「六浦駅」のプラットホームに回送列車が近づきすぎるため、プラットホームを引っ込めていました。そうすると「六浦駅」に停車する「京急」の列車とプラットホームの間に大きな隙間ができます。そこで特殊な分岐器(移線器といいます)を設置し間のレールの位置取りを変えて回送列車がプラットホームより離れるよう仕向けました。そうすれば、プラットホームを線路側に接近させて「京急」の列車との隙間をなくすことができます。

 こういうことを考え付くこと自体が凄いですね。お客の不便を解消するためなら線路ごと移動させる発想は、お客様に移動の手間をかけさせないために1分前後で留置線を使って列車をUターンさせるKQクオリティとまったく同じです。 

 最後に、この「六浦駅」の分岐器について詳しく説明している動画があったので載せておきます。この三線軌条の歴史から「六浦駅」のこの配線の仕組みまでとてもわかりやすく編集されています。

スポンサーサイト

「京急」の三線軌条 その1 概要

 せっかく「関東」に立ち寄ったので、コミケ3日目に行く前に「京浜急行電鉄逗子線」にある三線軌条を見に行きました。三線軌条とは、車輪の幅が異なる2種類の列車を走らせられるように線路を3本敷いたものです。まあ、下の写真を見て原理を解釈してください。

 「京急」の線路幅は新幹線と同じ標準軌(幅1435mm)で、JR在来線の狭軌(幅1067mm)と異なります。「京急逗子線」の「金沢八景」の隣には「東急車輛製造」、すなわち鉄道車両を造る工場があります。その完成車両を「逗子線」を経由してJRの「横須賀線」に輸送しています。しかし、「逗子線」と「横須賀線」は線路幅が異なるため、輸送区間が三線軌条になっています。

PC318613.jpg

PC318617.jpg
 終着駅一つ手前の「神武寺駅」より撮影。標準軌である「逗子線」の線路(右方向)と狭軌である回送線の線路(左方向)が分岐しています。線路の幅によって振り分けられる分岐器なので、結構シンプルです。回送線はここで「逗子線」の線路に合流して「金沢八景」まで続きます。

PC318618.jpg
 線路の使用頻度の多い順に、左端>右端>その間、となります。間にある線路は狭軌幅の回送列車の時のみに使われるので、普段「京急」の車両が使う両端の線路よりも若干さびが残っています。

PC318622.jpg
 「金沢八景」にて撮影。ここで見る限りでは、線路の継ぎ目が「逗子線」用(青色矢印)と回送線用(黄色矢印)で位置をずらしておかれています。そのほうが丈夫だからでしょうか?(シールドトンネルの壁の継ぎ目を互い違いにしているのと同じ原理?)

PC318625.jpg
 「金沢八景」より「新逗子」側を撮影。三線軌条の分岐器は、間に回送線用の線路が1本通っているため、多少複雑な造りになっています。

PC318623.jpg

PC318624.jpg
 「金沢八景」より「金沢文庫」側を撮影。回送線が「東急車両製造」へ向けて、「京急」の線路から分かれていきます。狭軌の線路は1本道で分岐器に関係なくのびています。




狭軌と標準軌の両方がどちらにも分岐する場合
800px-Hakone-Itabashi-Dualgauge.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Hakone-Itabashi-Dualgauge.jpgより。

800px-Riding-past-crossing-3rail.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Riding-past-crossing-3rail.jpgより。

 上の2枚の写真は「箱根登山鉄道」にある三線軌条の分岐器で、「京急」と違って三線両方ともが2方向に分岐しています。狭軌が片方のほうにだけ分岐する「京急」のそれよりも複雑な構造になっています。残念ながら、これらの分岐器は平成18年の配線改造で廃止されました。

正月帰省 その3 「京急蒲田駅」の現在

 せっかく「東京」に来たので、コミケ3日目に行く前に「逗子」にある三線軌条を見に行きました。その帰り途中で「京急蒲田駅」をみてみました。3年前は上下線とも地上駅で高架部の建設中でしたが、現在は上り線(2階部分)が高架化されていました。3階部分の下り線(高さ24m)は建設中です。完成したら3階建ての上下線2段構造の2面6線駅になります。プラットホームは切り吹き式で全長が389m(「京急」の車両18両分に相当)になります。

PC318628.jpg
 上り線の現在の様子です。この上(3階部分)が下り線で現在は建設中です。今の下り線は真下の1階にあります。

PC318630.jpg
 プラットホームの下に使われていない分岐器があります。将来はこの部分のプラットホームが取り払われて切り吹き式の1面3線となり、分岐器はその切り吹きホーム部分の待避線へつながります。

PC318631.jpg
 直進すると「横浜」方面、左側が「羽田空港」方面です。

PC318634.jpg
 1階部分(下り線)も2階部分(上り線)と同じ配線です。「箱根駅伝」第10区で定番となっている「京急」の踏切は左側すぐにあります。高架化されるまでもう少し定番は続きます。

PC318633.jpg
 3階に繋がるエスカレーターです。ステップがまだとりつけられていませんね。

 このあとはコミケ3日目に行き妹と落ち合って「静岡」に帰って寝正月を過ごしました。「太平洋」側のあまりに青い空にカルチャーショックを受けた次第です。正月休み明けは、そのまま会社の車で「名古屋」のほうへ向かいました。どうやら1~2か月ほどは「愛知県」にいそうです。なんか、冬の晴天で天候平和ボケはしそうです。

帰省 その2 コミケ会場に若本お兄様が来ていた

PC318638.jpg
 この連休で、コミケ81の2日目と3日目に行ってきました。2日目は毎度のことながら「あきら」に会うことと鉄道系の品を見に行くこと、3日目は頼まれ物を探しつつぶらぶらすることを目的に動きました。競争率が激しい人気サークルを完全なる目的で動いているわけでないので、両日とも昼入場というテラゆとりの動きでした。
 はっきり言って、冬コミは夏コミと比べてとてつもない天国でした。男共暖房はうっとおしいですが、参加者がペンギンの群れみたいに集まるのでそれなりに熱がこもり、太平洋側の神々しい青空と日光で「東京」は暖かかったです。今考えれば夏は地獄でしたね。

 先日の長距離ドライブ+夜更かしで寝みいです。それでも昼までに「東京」入りし、会場へ向かいました。まずは「あきら」と会ってきて、それから鉄道系のものを見に行きました。鉄道系はいつも3日目にやっていますが、会場入りする直前に、今回は2日目にやっていることを知り、あわてました。今回は鉄道の前面展望のDVDや高速道路のジャンクションの本をGETしました。

 その後はぶらぶらしつつ企業ブースを見に行こうとした途中に、あの有名な「若本規夫」(アナゴさんやセルを演じている声優)のトーク会を偶然見つけました(「癒されBar若本~風のワンダラー~ in コミックマーケットスーパーステージ」 )。そして即行きました。このトーク会は数年前から定期的に行われているようで、今回は「清水香里」(「らき☆すた」の「田村ひより」を演じた声優)との座談でした。60代半ばになっても若本ボイスは健全で、最後はしっかり「ぶるああああああ!」で締められました。

 夜は「池袋」のカプセルホテルに泊まりましたが、サウナや浴場の設備がよかった半面カプセル内にコンセントが無かったため、ネットサーフィンをせずに早寝を実現しました。

 次の日は「横浜」方面に線路の監察へ行ったあとでコミケ会場に戻り妹とぶらぶら過ごして行きました。早い段階で目的は達成したため、大半はぶらぶら探索ですが、やはりコミケは事前の予習をしっかりこなして目当てのサークルやジャンルを把握しないと、しんどいです。歩くだけでも思考が奪われますからね。そんなこんなで大みそかの夜に再び「静岡」に戻りました。

PC318637.jpg
 「東京ビックサイト」から見た「東京スカイツリー」です。開業まであと5カ月、すでに建物は完成しています。

正月帰省 その1 500kmの6時間半ドライブ

 正月明けから東海地方へ数カ月ほど?、「秘密のケンミンSHOW」連続転勤ドラマ的な感じで行くことになりました。てな訳で、今回の帰省は会社の車で「新潟」から直接「静岡」に行く形です。年末年始の連休が始まるということで調子に乗って、例によって遅寝遅起きをしでかし、部屋の突貫掃除を行って「新潟」を出発したのは15:00でした。「長岡」~「六日町」の山間部は雪がふぶいていました。もはや直線区間で70km/h、曲線では50km/hが精いっぱいです。「関越トンネル」を抜けたら一面はよい天気で路面も万全でしたが、どんどん車が増えてきました。途中「赤城」で休憩しましたが、その30分の間に車が1.5倍くらいに増えていました。

 朝見た道路情報ではその日の夕方から「東名」で25㎞の渋滞が起きると言われたので、「群馬」から「静岡」までノンストップで走りました(興味本位で通った「首都高」の「山手トンネル」で渋滞に引っかかってそれが休憩の変わりにはなりましたが)。ただでさえ混雑して満足に休めないパーキングエリアで時間を食っている間に渋滞が始まるのでは?という恐怖感と早く帰りたい欲求が自分の体を動かした感じです。こうして500kmの距離を6時間半で走りましたが、幸い渋滞には巻き込まれずに21:30に「静岡」に着きました。

 しかし、連休というものは長時間ぐっすり眠りたい欲求と夜更かししたい欲求がぶつかり合うもので、その日は後者を選んで2:30まで起きやがりました。次の日はコミケ2日目に行く態度では決してありません。

PC308598.jpg
 「静岡」の空です。
プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム