100万都市の「広島」で路面電車が発展した理由

 かつて「日本」の各都市には多くの路面電車がありましたが、昭和30~40年代のモータリゼーションを機にほとんどが廃止されました。ただし、100万都市のように車だけでは都市内の交通需要をカバーできない都市には路面電車に変わって地下鉄が台頭しました。つまり、多くの都市、特に100万都市では路面電車を廃止する、それに加えて地下鉄へ置き換えることが当時の常識だったのです。

 その100万都市で唯一の例外が「広島市」でした。現在路面電車網がこれだけ発達しているのには、以下の理由があります。

路面電車の意義を見失わなかった
 モータリゼーションが進展しているころ、「広島市」中心でも車増加による渋滞で路面電車の存続が問題視されていました。それに対して、路面電車を所有する「広島電鉄」の関係者が「広島市」や「広島県警」などに路面電車を存続させてくれるよう説得を続けました。同時に「広島県警」も独自に調査団を当時路面電車が多数残っていた「ヨーロッパ」へ視察を行いました。「ヨーロッパ」の都市では路面電車は進化を続け、中心地の渋滞緩和のための方法としての新たな役割を任されていました。

 視察や検討の結果、代替交通機関が決まらないまま路面電車を廃止したら、中心街に大量の車が集約してさらなる交通環境の悪化を引き起こすという結論に至り、辛うじて存続が叶いました。

 「日本」の多くの路面電車所有都市では、車の通行を円滑にするために悪く言えば場当たり的に路面電車が廃止され、結果中心街の交通渋滞が激しくなり、最近になって路面電車の価値が見直されてきました(路面電車復活を考えている都市はいくつかあるが、様々な問題で実現しない都市が多く、それに成功しているのは今のところ「富山市」くらい)。

 最近の「富山市」の路面電車復活・発展の運動を、それより前に「広島市」が考えて実現させていたのです。
 さらに新線・新駅の建設計画やら車両の更新やらで、「広島」の路面電車は今でも進化をつづけています。


市街地が三角州にあるため、地下鉄が造りにくかった
 他の多くの100万都市と同じく、路面電車を廃止してその代わりに地下鉄を走らせる方法もありました。しかし、「広島市」ではこれも行いませんでした。それは、「広島市」中心部は「太田川」河口部の三角州に位置し、地下水脈や地質などの問題から当時の技術では大規模な地下鉄建設が難しかったからです(地下鉄の建設自体には莫大な費用を要するので、100万都市といえども建設の決断はかなり重いものがあります)。ちなみに、現在では一部地下路線として市の中心部を南北に走っている「アストラムライン」が、唯一の地下鉄として活躍しています。
スポンサーサイト

首都圏のJR路線の列車があまり早くない理由

 京阪神の新快速が130km/hで爆走しているのに対し、首都圏のJR路線はどうものんびりしている印象があります。たとえば、高架橋で踏切のほとんどない「京葉線」は130km/h以上で走れそうですが、実際は最高100km/hです(風が強くて徐行になりやすい面もあるからか?)。「山の点線」などの都心部の通勤電車は90km/hです。

 これらの背景には列車本数が多くてスピードを出せない事情のほかに、国鉄時代のあえてスピードアップをしない方針が残っているそうです。スピードアップをすれば所要時間が短縮し便利になるため、利用者が増えます。これは鉄道会社にとって基本は喜ばしいことですが、特に人口が異常に多い首都圏ではそうもいっていられません。利用者が想定より増えすぎて混雑緩和のために列車の増発、ダイヤの過密化などの処置が必要になります。それならまだいいほうですが、増えすぎた利用者対策のために線路増設(複々線とか)、待避線の増設、線形改良など、莫大な時間と金がかかる手間まで加わるとやっかいです。こういうのは準備から完成までが大変なので。
 
 国鉄時代は、莫大な利用者対策としてこれでもかという量の新路線建設計画も上がっていましたが、財政難などで現実はそこまでできず、利用者を増やしすぎて路線改良などの手間をかけずに済みそうなスピード抑制をとり、「JR東日本」になってもそれが続いているそうです。

 対して首都圏の私鉄には京阪神の新快速のようにスピードを売りにしている路線があります。その代表格が「京急」で、特に「横浜」~「品川」間とかで最高120km/h運転をし、90~95km/hで隣を走っているJR路線をガンガン追い抜いています。JRの運転士はダイヤに忠実な運転をして「京急」の列車に抜かれようが気にしないそうですが、「京急」の運転士は前を走るJRの列車を見ると追い越そうとむきになったこともあったとか。

「瀬戸内」旅行 3日目 「ひゅうが型護衛艦」「いせ」の見学

 次の日も「呉基地」へ行ってきました。当初の予定ではそのまま帰る予定でしたが、その日は「ひゅうが型護衛艦」の「いせ」の見学日のため、足を運びました。「ひゅうが型」護衛艦は、現役の海上自衛隊の護衛艦の中で最大の軍艦で、今までのヘリ搭載護衛艦とは一線を介するでかさが特徴です。今までは護衛艦に停められたヘリは1~3機で1機1機しか発艦できませんでしたが、「ひゅうが型」は11機所有、3機同時発艦が可能です。なにより特徴的なのはどこからどう見ても空母っぽい全通甲板をもつことです。護衛艦と呼ばれていますが、実質ヘリ空母で、垂直離陸式の戦闘機の離着陸も可能との噂もあります。実際、オスプレイの離着陸訓練が行われたので、公式発表よりも空母スペックは持っていそうです。「ひゅうが型護衛艦」は全部で2隻が就役し、「いせ」は2隻目にあたります。
IMGP8348.jpg

「ひゅうが型護衛艦」「いせ」のスペック(Wikipediaより)
発注 2006年
起工 2008年5月30日
進水 2009年8月21日
就役 2011年3月16日
要目
排水量 基準 13,950トン
満載 19,000トン
全長 197m
全幅 33m
吃水 7m
機関 IHILM2500ガスタービン 4基
2軸推進、100,000PS
最大速 30ノット
乗員 約340~360名
兵装 Mk15ファランクスCIWS 2基
12.7ミリ単装機関銃 7丁
HOS-303 3連装短魚雷発射管 2基
Mk41VLS 16セル
電子装置 OYQ-10 情報処理装置
FCS-3改 対空捜索レーダー
OPS-20C 対水上レーダー
QQS-21 ソナー
FCS-3改
NOLR-3C 電子戦装置
Mk36SRBOC チャフ発射機 4基
搭載機 (通常)ヘリコプター 3~4機
(最大)ヘリコプター 11機

IMGP8345.jpg
 写真右側に停泊しているのが「いせ」です。ほかの護衛艦と比べて、明らかに形が違います。どう見ても空母ですね。そして、見学者の量が半端ないです。

IMGP8349.jpg
 護衛艦桟橋に通じる橋です。桟橋自体が島状態になっています。

IMGP8350.jpg
 人が多いです。家族連れや男仲間が多い感じです。明らかに軍ヲタっぽい喋り方をしている人がちらほらいました。

IMGP8353.jpg
 斜め下から見ても、でかいです。前の撮影者がいい味出してます。全長が197m、図体も海上自衛隊の戦闘艦でかなり巨大な部類に入るイージス艦の2倍はあります。

IMGP8364.jpg
 乗艦は、直接甲板の上ではなく艦の横腹から入ります。

IMGP8432.jpg
 格納庫内です。ヘリだけでは11機の収容が可能で、目的に応じて車両、救援物資などなどの大量輸送が可能で、「東北地方太平洋沖地震」でも1番艦の「ひゅうが」が大活躍しました。

IMGP8429.jpg

IMGP8438.jpg

IMGP8439.jpg
 格納庫内には、ヘリなどの整備や輸送を行う?ための車両や非常時の装備が所狭しとならんでいます。


IMGP8369.jpg
 格納エレベーターで上の甲板へ移動する様子です。ただいま順番待ちで、もうすぐ天井にあるエレベーター板がしたへ降りてきます。

IMGP8371.jpg
 降りてきている途中です。

IMGP8376.jpg
 乗って上昇するとこんな景色になります。

IMGP8385.jpg
 甲板上からエレベーターが下に下がると甲板に巨大な穴があきます。

IMGP8382.jpg
 完全に登りきるとこうなります。このエレベーターは「いせ」に2基設置され、自衛隊所有のすべてのヘリを昇降させることができます。翼を折りたたんだオスプレイも昇降できてましたが、実ははじめからそれを狙っていたのでしょうか?
 それにしても、この暑い日にもかかわらず自衛官の制服の着こなしが完璧です。

IMGP8392.jpg
 甲板上です。広いです。そして人が多すぎです。

IMGP8411.jpg
 艦橋です。現代艦船らしくレーダーなどがてんこ盛りです。白い板状のものが「FCS-3」で、200km以上の範囲の300以上の目標を探知でき、イージス艦に匹敵するような探知能力を持ちます。「コナン」いわく海の名探偵ですね。

IMGP8420.jpg
 小荷物用のエレベーターらしきものもちらほらあります。

IMGP8424.jpg
 艦橋側は、立ち入りできませんでした。全部公開したら、監視が大変そうですからね。

IMGP8426.jpg
 船尾の方に、「Mk41式」のミサイル発射機がありました。「名探偵コナン 絶海の探偵」でいう、携帯電話発見場所ですね。よく弾道ミサイルや軍事演習関連のニュースやエヴァの戦闘シーンで出てくる、ミサイルを垂直に発射する装置です。「ひゅうが型」には、この発射装置が16セル設置され、アスロックなどのミサイル12発とシースパローミサイル16発を搭載できます。

IMGP8387.jpg
 現代の軍艦ではおなじみの「高性能20mm機関砲(CIWS)」です。先日見学した「せんだい」にもありましたが、時代が違うので中身は結構違うかもしれません。

IMGP8405.jpg
 「12.7mm機銃M2」の台座です。テロリストや海賊などの小規模な敵勢力用です。

IMGP8397.jpg
 燃料給油口らしいです。

IMGP8398.jpg
 よくわかりませんが、何らかのレーダーでしょうか。

IMGP8414.jpg
 「Mk 36 SRBOC」です。敵ミサイルを撹乱させるチャフやフレアを発射する装置です。

IMGP8390.jpg
 「いせ」の甲板の高さは20m以上あるため、周りの護衛艦を上から眺められます。これは、建造時にどっかの清涼から空母呼ばわりされて騒がれた輸送艦の「おおすみ」です。後ろがパカっと開いて物資や兵力、ホーバークラフトなどを出せます。

IMGP8399.jpg
 手前が訓練支援艦「くろべ」、奥が「むらさめ型護衛艦」「いなづま」です。

IMGP8400.jpg
 「すがしま型掃海艇」です。

IMGP8403.jpg
 手前が「むらさめ型護衛艦」の「さみだれ」、奥が「あさぎり型護衛艦」の「うみぎり」です。イージス艦ではないけど、もうちょい角度を変えればコナンのあのシーンとかぶります。

IMGP8407.jpg
 手前より、「たかなみ型護衛艦」「さざなみ」、「あぶくま型護衛艦」「せんだい」・「とね」です。

IMGP8422.jpg
 甲板からは「呉港」の景色もよく見えます。

この見学でこの旅行は終わりですが、帰りに「名探偵コナン 絶海の探偵」を見に行きました。 

 あと、8月6日「ひゅうが型」の拡大型の「いずも型護衛艦」「いずも」が進水しました。「いずも」は全長248m、基準排水量19500t(「ひゅうが型」の満載排水量に匹敵)、満載排水量27000t、14機のヘリを収容し、5機を同時に離陸させることのできる、「ひゅうが型」を遥かに凌ぐヘリ空母です。今回進水した「いずも」ともう1隻の、計2隻体制となり、「ひゅうが型」と合わせれば、計4隻のヘリ空母が将来海上自衛隊に君臨します。
プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム