今の雰囲気で、一昔前の新幹線駅を決めるとどうなるか?妄想してみた

 「北海道新幹線」の3つの駅名が決まりました。「奥津軽」(仮)→「奥津軽いまべつ」、「木古内」は変わらず、「新函館」(仮)→「新函館北斗」と、何やら長くて奥や新を入れなくてもいいんじゃね?とい言えるくらいです。最近の新幹線駅の駅名は、複数の地名を入れたものが多くなっていますが、それだけ地元の要望を良くも悪くも入れていく時代になったのでしょう。

 では、一昔前に造られた新幹線駅の駅名を今の雰囲気で決めたらどうなるのか?自分の独断と偏見で勝手に妄想してみました。真面目に受け取るも、風刺と受け取るも、それは各々にまかせます。ここでは、国鉄時代に造られた区間を対象にしています(駅の年代はJR化後も含む)。

「東海道新幹線」

「新横浜」→「新横浜川崎」 ←100万都市のメンツ介入
「小田原」→「小田原箱根温泉」 ←まさかの「箱根」介入?
「新富士」→「新富士田子の浦」 ←「田子の浦」が、百人一首に出てくる名所のため
「三河安城」→同じ?
「岐阜羽島」→同じ?
「米原」→「米原彦根」 ←「彦根」という由緒正しき街を無視できずに
「新大阪」→同じ?


「山陽新幹線」

「新神戸」→「神戸有馬温泉」 ←まさかの「有馬温泉」介入?
「西明石」→同じ?
「新倉敷」→「新倉敷玉島」 ←元々「玉島」を残して欲しいという要望があった
「新尾道」→同じ?
「東広島」→「東広島西条」 ←「西条」という場所にあるので
「新岩国」→変わらない ←地元の要望がこれ以外には、ほぼないため
「小郡(現在の「新山口」)」→「新山口小郡」 ←旧「小郡町」と「山口市」の妥協、「山口市」がちゃっかり先頭に名前を入れる
「新下関」→変わらない ←地元の要望がこれ以外には、ほぼないため



「東北新幹線」

「那須塩原」→「黒磯那須塩原」 ←「黒磯市」の夢が叶う
「新白河」→「新白河西郷」 ←「西郷村」から元々「西郷」を入れる要望があった
「白石蔵王」→同じ?
「くりこま高原」→「栗原くりこま高原」 ←「栗原市」をとりあえず入れる
「水沢江差」→「奥州水沢江刺」 ←「奥州市」をとりあえず入れる
「新花巻」→同じ?



「上越新幹線」

「本庄早稲田」→同じ?
「高崎」→「高崎前橋」 ←まさかの県庁所在地介入
「上毛高原」→「上毛月夜野」 ←「月夜野町」にあるため
「浦佐」→「魚沼浦佐」、「魚沼大和」 ←「魚沼」という地名が有名なため。「大和」は、「浦佐駅」の旧街名。
「燕三条」→「新弥彦燕三条」 ←「燕」や「三条」よりも「弥彦」の知名度が高いので。
スポンサーサイト

【動画】 駅名をめぐる争い 【後編】-「那須塩原駅」の誕生物語-

 駅名シリーズの後半動画をうpしました。今回は、新幹線の駅でおそらく一番ややこしい争いが起こった「那須塩原駅」のお話をします。動画では、当時、「那須塩原駅」をはじめとする、関東地域の新幹線駅名の最終決定責任者でもあった「山之内秀一郎」(故人)の立場・視点から争いの内容を見ていきます。



原作↓
『駅名を巡る争い その4 那須塩原駅』
『「加賀温泉」の真実』


次回予定
新幹線、雪との戦い

 たぶん、いつもどおりの前後編シリーズになります。忙しくなるので、ゆっくり作ります。ご了承を

「広島」旅行1日目 その3 「岩国」の珍百景

白蛇
 「岩国」といえば、「錦帯橋」に並んで「白蛇」が有名です。「白蛇」は、普通の「アオダイショウ」が白化(アルビノ)したもので、突然変異によってメラニン色素ができなくなったため白くなっています。

 「白蛇」は、「日本」各地で縁起のいい生き物とされ、「長野県」の「諏訪大社」でも神使として祀られます。ちなみに、「諏訪大社」は「東方」に出てくる「守矢神社」のモデルとなっているため、「守矢神社」の住人である「八坂神奈子」が白蛇を象徴していること、「東風谷早苗」の「白蛇」の髪飾り(←「八坂神奈子」を表している)がついているのは、偶然ではありません。

 「岩国」特有の気候などの影響か?「白蛇」は自然環境下で自然に育ち、繁殖し、江戸時代に発見されてからも地元民に大切に扱われ、国の天然記念物となり現在に至ります。蛇が白くなる例は他地域でもありますが、これだけ自然繁殖したのは「岩国」だけです。

DSCN0047.jpg

DSCN0048.jpg

DSCN0051.jpg
 「白蛇」は、観光用として、「岩国城」袂の閲覧所で鑑賞することができます。体が白いことに加え、目が赤いのも特徴です。性格は非常に大人しくて温厚だそうです。

DSCN0052.jpg
 小さい飼育カゴに子蛇がいました(腹側を撮影)。ナメクジみたいにうねっていました。


ソフトクリーム

DSCN0025.jpg
  「錦帯橋」の近くに、TV番組「ナニコレ珍百景」で紹介されたソフトクリーム屋がありました。この店では現在、120種ものソフトクリームが販売され、これは「日本」記録となっています。

DSCN0053.jpg
 メニュー欄です。普通のものからマニアックなものまで、思わず全制覇をしてみたくもなります。納豆、ババネロ、すっぽんまむし、七味、カレー、クレオパトラ等、よくもまあ開発したとうなるものが結構あります。「名古屋」の「喫茶マウンテン」と重なるところがあります。

DSCN0054.jpg

DSCN0055.jpg
 「納豆」(350円、写真上)と「すっぽんまむし」(700円、写真下)を食べました。納豆味は、醤油と納豆とソフトが以外に会いました。納豆臭さはあまりなかったです。すっぽんまむしのほうは、言われないとわかりらない感じです。まあ、普段食べることありませんからね。

DSCN0057.jpg
 納豆ソフトには、こんな感じで納豆の粒がまばらにはいり、

DSCN0058.jpg
 トルコアイスみたいにちょっとのびます。
 また来店して色々試食したいところですが、この店まで行くのが大変なのが残念です。

「広島」旅行1日目 その2 「岩国城」

 「錦帯橋」を渡って「岩国城」へ行きました。「岩国城」は、「岩国市横山」にそびえ立つ城で、「毛利元就」の子孫である「吉川広家」により築造されましたが、「江戸幕府」の一国一城令により完成後わずか7年で廃城となりました。その後、昭和に入って鉄筋コンクリートの形で再建されて現在に至ります。

DSCN0027.jpg

DSCN0028.jpg
 ロープウェイの駅からの風景です。「岩国」市内と「錦帯橋」がよく見渡せます。

DSCN0031.jpg
 「岩国城」天守閣です。ロープウェイ駅から少し登ったところにあり、当時の位置よりも、下からの見栄えのいい場所にずらして再建されました。

DSCN0033.jpg

DSCN0032.jpg
 再建後に発見された、当時の天守台です。大小さまざまな石を程よく詰めたのずら詰みをしています。

DSCN0036.jpg

DSCN0035.jpg
 天守閣内部は、資料展示室になっています。下の階には日本刀がずらりと並んでいました。

DSCN0037.jpg

DSCN0038.jpg
 「錦帯橋」の裏まで精巧な模型もありました。

DSCN0039.jpg
 期間限定で、常時展示品の前にいろんな石が展示されていました。

DSCN0040.jpg
 天守閣から見た「新岩国駅」です。本当に山の中にあります。

DSCN0041.jpg
 「錦帯橋」付近の広場です。どうやら駐車場らしく、異様に広いです。

DSCN0044.jpg
 石には、変成岩が使用されていました。
プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム