七叉路がある 追記:取材してきた

 立体交差化工事中の「京急蒲田駅」付近に“七叉路”があるので、紹介します。これは7本の道路の交差点です。「タモリ倶楽部」で知りましたが、その番組を見たのは「京急蒲田駅」の撮影をした後だったので、写真は撮れていないです。

七叉路2
 こちらが七叉路の位置です。住宅街の中にあるっぽいです。

七叉路
 こちらが拡大図です。まるでフランスの凱旋門の交差点みたいです。ここで道に迷う人が結構いるようです。

七叉路
 こちらが空中写真です。上の地図と同じ縮尺(かな?)にしてあります。

2七叉路
 拡大図です。


追記:この場所に行ってきました。
DSCN0327.jpg
 久しぶりに最寄りの「京急蒲田駅」を訪問しました。要塞は完成済みです。

DSCN0331.jpg
 プラットホームは2階と3階にあり、それぞれを結ぶエスカレーターが別々に設置されています。

DSCN0326.jpg
 近くには、船みたいな建物がありました。


そして、七叉路です

DSCN0323.jpg


DSCN0322.jpg
 この七叉路は、造られ始めてから80年以上経過していますが、一度も事故が起きていない、模範的な交差点として扱われています。

DSCN0318_20140827000321207.jpg
 車が来ない隙に、真ん中で撮影してみました。

DSCN0319.jpg
 「タモリ倶楽部」で撮影に使われた建物です。放送では、屋上でロケが行われ、そこから七又路を見下ろして、車の通過ダービー(どの通りから来てどこへ抜けるかの駆け)をしていました。もちろん、一般人は入れず、残念ながら、周りに七又路を上から見おろせて、かつ一般人がホイホイ入れる建物はありませんでした。
スポンサーサイト

「東京スカイツリー」 【後編】 450m展望台

※「東京スカイツリー」にはコイン式望遠鏡がないため、行く際は双眼鏡の携帯をおすすめします。

 お次に、450m展望台の景色をうpします。

IMG00035.jpg
 450m展望台は、350m展望台から発進するエレベーターで登ります。このエレベーターは天井がガラス張りで、上を見渡せます。どこか一部、床が透明になっていたら面白そうです。

IMG00033.jpg
 上へ上がると周囲もガラス張りになり上左右が見渡せます。

IMG00027.jpg
 展望台の最高地点は、地面から451.2mあります。

IMG00030.jpg
 「東京都」で地面から最も離れたトイレです(飛行機は除く)。素朴な疑問ですが、ここででは汚物は450m一気に流れ下っていくのでしょうか?

IMG00016.jpg
 350m展望台の屋根を見下ろします。「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」で「エミリオ」が中二病を発揮してなぜか警察沙汰にならなかったアクションシーン作成に貢献し、「名探偵コナン 異次元の狙撃手」では、犯人が最後の狙撃をした場所でもあります。

IMG00024.jpg
 350m展望台と同じく、影スカイツリーを見下ろします。この影が徐々に動いていくのがわかります。

IMG00010.jpg
 北側の景色です。「埼玉」方面を眺めています。奥に横切っている白い建造物は、「東京外観自動車道」です。

IMG00032.jpg
 西側を眺めます。手前は「隅田川」です。地球が丸いのがよくわかります。周りの、高いはずの建物があまりにも小さいです。

IMG00029.jpg
 南側の景色です。すべてのビルを見下ろしています。「東京タワー」と「江戸東京博物館」の建物が見えます。

IMG00028.jpg
 写真中央は「東京タワー」です。完全に下から見下ろしています。

IMG00011.jpg
 「東京ドーム」です。もはや飛行機の上からの景色です。

IMG00018.jpg
 南東側の景色です。住宅街が碁盤の目状態です。Google Earthの斜め側からの景色と一致しそうです。

IMG00013.jpg
 中央の開けた平地は、「北千住」の貨物駅です。

IMG00012.jpg
 真下の「東武伊勢崎線」を走る特急「スペーシア」です。そしてこの先には…

IMG00015.jpg
 「隅田川」と、「浅草駅」へ繋がる急カーブです。そう、この橋こそが「名探偵コナン 異次元の狙撃手」作中の、第4の狙撃事件の現場です。この狙撃事件では、急カーブ直前で徐行運転をし始めた「スペーシア」に乗っていた被害者が、下流の「浅草通り」の橋から狙撃され、間にいて事件を阻止しようとした「コナン」と「世良」が巻き込まれました。

DSCN0316.jpg
 「東武線」車内から、被害者目線で現場を眺めます。手前の橋が、「コナン」と「世良」がいた橋、ひとつ向こう側の青い橋が、犯人がいた橋です。

「東京スカイツリー」 【前編】 350m展望台

 開業から2年がたち、そろそろ混み具合も落ち着いてきた頃だろう、ということで、「東京スカイツリー」へ行ってきました。「東京スカイツリー」といえば、高さが634mの世界一高い自立鉄塔で、最近の映画「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」では「エミリオ」が彷徨ってアクションシーンを作る原因となり、最新作の「名探偵コナン 異次元の狙撃手」では作品のメイン舞台(名前は「ベルツリータワー」←「東京タワー」と「東京スカイツリー」を足して2で割った感じ)となりました。

IMG00057.jpg
 「スカイツリー」は近くからでは、パノラマでない限り全体の撮影が難しいです。

IMG00056.jpg
 真下からでは、350m展望台に隠れててっぺんが見えません。

IMG00055.jpg
 1Fの玄関あたりでは、3次元に組み合わさった骨組みがよく見えます。

IMG00053.jpg
 350m展望台につきました。「名探偵コナン 異次元の狙撃手」の冒頭で第1の狙撃事件が起きた場所です。そして、本作のラストシーンで犯人とドンパチをやった場所でもあります。起きた場所は、写真奥のあたりで、右側の柱の裏に「世良」が隠れていました。場所は、透明な床を目当てに劇中のシーンを思い出して探しました。

IMG00046.jpg
 同作の冒頭で、「毛利小五郎」が立ってしまった、透明な床です。人が群がっています。

IMG00052.jpg
 350mからの真下の景色です。下に写っているのは、「東武スカイツリーライン」です。

IMG00050.jpg
 下に見える骨組みが優美です。

IMG00051.jpg
 カメラのレンズ(スマホ)を床にぴったり付けて撮るとこうなります。

IMG00043.jpg
 350m展望台は2階建て構造で、間の階段の途中から外の景色を見ると、地表が広範囲で見られます。景色は、「隅田川」、「浅草」方面です。

IMG00040.jpg
 反対側の「江戸川」方面です。

IMG00038.jpg
 「東京タワー」です。写真中央ちょい右寄りに見えるとんがりが「東京タワー」です。

IMG00039.jpg
 下の方には、「江戸東京博物館」(下駄っぽい建物)が見えます。

IMG00054.jpg
 「東京湾」方面です。「江戸川」河口に「葛西臨海公園」が見えます。写真には写っていませんが、すぐ左側に「東京ディズニーランド」があります。

IMG00036.jpg
 「東京スカイツリー」の影です。地方都市ではかなり高めのビルを軽々と飛び越えています。

3種類のゲージ(線路の幅)が同時に見られる場所

 鉄道の線路の幅は、路線によって異なることがあります。ただし、相互直通運転などの関係でこの種類は限られ、「日本」の場合は1435mmと1067mmにほとんどが大別されています。しかし、「三重県桑名市」の「桑名駅」付近の踏切では、1435mm(新幹線や大手私鉄に多い)、1067mm(在来線に多い)、762mm(軽便鉄道、トロッコに多い)の、3種の線路が同時に見られます。

桑名駅
 場所は、「桑名駅」より南側の踏切です。ここには、「三岐鉄道北勢線」(762mm)、「関西本線」(1067mm)、「近鉄名古屋線」(1435mm)と、異なるゲージの3路線が並んでいます。

桑名駅2
 各種の線路の配置はこうなっています。踏切は、この3路線をまたいでいます。

現地の様子を紹介します。

IMGP3634.jpg
 近くの跨線橋からは、全体が見渡せます。右側から762mm(三岐鉄道北勢線)1線、1067mm(関西本線)3線、1435mm(近鉄名古屋線)2線が並んでいます。各路線は、架線柱で区切られています。

IMGP3635.jpg
 拡大です。右側1線が762mm(三岐鉄道北勢線)、左側が1067mm(関西本線)です。

IMGP3631.jpg
 「近鉄」側です。右側3線が1067mm(関西本線)、左側2線が1435mm(近鉄名古屋線)です。

IMGP3620.jpg
 踏切からの景色です。「三岐鉄道北勢線」(762mm)側からの撮影です。

IMGP3628.jpg
 反対側の、「近鉄名古屋線」(1435mm)側からの撮影です。


各線路の拡大です。ゲージの違いが一目瞭然です。最大幅と最小幅で、2倍近い開きがあります。

「三岐鉄道北勢線」(762mm)
IMGP3621.jpg
IMGP3623.jpg

「関西本線」(1067mm)
IMGP3624.jpg
IMGP3625.jpg

「近鉄名古屋線」(1435mm)
IMGP3626.jpg
IMGP3627.jpg

「広島」旅行2日目 その3 「はつゆき型護衛艦」「しまゆき」(練習艦)の見学

 海上自衛隊「呉基地」で、護衛艦見学会をやっていたため、去年に引き続いて行ってみました。今回見学できた護衛艦は、護衛艦近代化の先駆者的な存在である、「はつゆき型護衛艦」の「しまゆき」です。

 「はつゆき型護衛艦」は、小さな船体に兵器をギッチり詰め込んだ、対空、対艦、対潜水艦攻撃と防御ができる護衛艦で、現在の護衛艦の基礎となったものです。対空にはシースパローミサイル、対艦にはハープーンミサイル、対潜水艦には短魚雷、アスロック、攻撃ヘリと、あらゆる兵器が揃っています。また、ソフト面(電子戦など)でもパラダイムシフト的存在であります。現在では、護衛艦のなかでもっとも古株な部類ですが、まだ3隻が現役バリバリ、3隻が練習艦として活躍し、「しまゆき」もその一つです。ちなみに、前述のとおり「はつゆき型」は近代護衛艦であり、これを練習用に運用すること自体が、かなりすごいことらしいです。

「しまゆき」のスペック(Wikipediaより)

艦歴
発注 1982年
起工 1984年5月8日
進水 1986年1月29日
就役 1987年2月17日
1999年3月18日(練習艦に転籍)
主要諸元
艦種 練習艦
艦級 しまゆき型練習艦
排水量 基準 3,050 トン
全長 137m
全幅 13.6m
吃水 4.39m
機関 川崎ロールス・ロイス オリンパスTM3Bガスタービン 2基
川崎RRタインRM1C 2基
2軸推進、45,000PS
速力 29.7ノット
乗員 200名
兵装 62口径76mm単装速射砲 1門
Mk.15 mod.2 高性能20mm機関砲 2基
GMLS-3A シースパロー短SAM 8連装発射機 1基
ハープーンSSM 4連装発射筒 2基
74式C アスロック8連装発射機 1基
68式C 324mm3連装短魚雷発射管 2基
曳航式デコイ
艦載機 ヘリコプター甲板のみ(格納庫内に講堂設置のため)
C4I OYQ-5 TDS
81式射撃指揮装置2型-21/12A
SFCS-6A水中攻撃指揮装置
レーダー OPS-14B対空レーダー
OPS-18-1水上レーダー
ソナー OQS-4ソナー
電子戦・
対抗手段 NOLR-6B ESM+OLT-3 ECM
Mk.137チャフ発射機 2基

DSCN0124.jpg

DSCN0125.jpg
 一般道路から見える景色です。一般道路から、特に潜水艦をズラリと拝めるのは「日本」でここだけです。

DSCN0127.jpg
 海上自衛隊の潜水艦は、原子力以外で動くタイプでは世界最大で、全長が80m台、新幹線車両3両分以上もあります。

DSCN0128.jpg
 例によって、すごい人だかりです。

DSCN0130.jpg
 3隻並んでいるこれらは、「すがしま型掃海艇」です。機雷の撤去などを行う、海上戦略に欠かせない艦です。

DSCN0132.jpg
 左側が、今回見学する「しまゆき」、右側が「むろと型敷設艦」です。

DSCN0133.jpg
 正面に見えるのが、練習艦の「かしま」、左側に見えるのが去年見学した「ひゅうが型護衛艦」「いせ」です(『「瀬戸内」旅行 3日目 「ひゅうが型護衛艦」「いせ」の見学』)。

DSCN0137.jpg
 反対側には、「はつゆき型」と同じく小型でスペックの高い「あぶくま型」護衛艦が並んでいます。去年見た「せんだい」も停泊していました(『「瀬戸内」旅行 2日目 その4「あぶくま型護衛艦」「せんだい」の見学』)。

DSCN0134.jpg
 「しまゆき」の前からの姿です。現代の艦よりも、まだごついイメージがあります。

DSCN0146.jpg
 「しまゆき」のお隣には、支援艦「くろべ」の艦長、副長、先任伍長専用の自転車が並んでいました。

GMLS-3A シースパロー短SAM 8連装発射機
DSCN0147.jpg
 シースパローミサイル発射機です。要するに、空を飛ぶミサイルや航空機を打ち落とすミサイルを発射するランチャーです。8発を装填でき、戦闘時はランチャーがグルグル回って指定の方向にミサイルを発射します。

DSCN0149.jpg
 説明文はこんな感じです。

DSCN0155.jpg
 ランチャーの中には、懸垂式モノレールのようにミサイルが吊り下げられて装填されています。

ハープーンSSM 4連装発射筒
DSCN0140.jpg
 煙突の脇に、短魚雷発射機(下段)とハープーンミサイル発射機(上段)が見えます。ハープーンミサイル発射機の方は、狭いスペースになんとか乗せ切った感がある姿勢です。ハープーンミサイルは敵の艦船に打ち込むミサイル(対艦ミサイル)です。この艦で最も長距離を最速で巡航する、一番ダイナミックな兵器です。

DSCN0168.jpg
 説明文です。説明をよく読むと…↓

DSCN0169.jpg
登場作品参考:漫画、アニメ『沈黙の艦隊』、『フルメタル・パニック』、『スプリガン』、『ジパング』、『エルフェンリート』、『戦海の剣』、小説・映画【レッド・ストーム】、【亡国のイージス】など…
 よくわかってらっしゃいます。

DSCN0161.jpg
 通路には、甲板掃除道具がぎっしり並んでいました。

68式C 324mm3連装短魚雷発射管
DSCN0164.jpg

DSCN0165.jpg
 ハープーンミサイル発射機の真下にありました。近距離にいる潜水艦に魚雷をばら撒く装置です。

DSCN0166.jpg
 レーダーマストです。鉄塔みたいにゴツゴツしています。最近のは滑らかになっていますが。

74式C アスロック8連装発射機
DSCN0171.jpg
 少し離れた潜水艦用のアスロック(ロケット付き魚雷)の発射機です。シースパローミサイル発射機のようにランチャーがうねうね動きます。

DSCN0174.jpg
 説明文です。

62口径76mm単装速射砲

DSCN0183.jpg
 主砲の62口径76mm速射砲です。艦の前には速射砲とアスロック発射機、後ろにはシースパローミサイル発射機とヘリ格納庫、両脇には短魚雷とハープーンミサイル発射機と、この艦はいたるところに武器が目白押しです。

DSCN0177.jpg
 砲弾です。多分レプリカでしょう。重さは7kgあるそうで、1分間に80発発射でき、射程距離は16kmあるそうです。

DSCN0197.jpg
 甲板から、「ひゅうが型護衛艦」「いせ」、同じ「はつゆき型護衛艦」「せとゆき」(練習艦)、訓練支援艦「てんりゅう」が見えます。

DSCN0187.jpg
 反対側には、同じ「はつゆき型護衛艦」の、シスタープリンセスの妹キャラの1人である「しらゆき」(練習艦)が停泊していました。
プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム