何故、「鳥栖市」と「久留米市」の両町に新幹線の駅が作られたのか?

 今年全線開業した「九州新幹線鹿児島ルート」(以下「鹿児島ルート」)には「新鳥栖駅」と「久留米駅」があり、両駅間隔はわずか5.7kmです。今や最高時速240km/h~300km/hで列車が走る新幹線の駅間距離は30~40kmが望ましいとされ、短くても15~20kmの場合が多いです。確かに、「東海道新幹線」の「東京駅」~「品川駅」間の6.8kmや、「東北新幹線」の「東京駅」~「上野駅」間の3.6kmのように、駅間距離が極端に短い例はこの限りではありません。しかし、この2例は大都市内で列車の運行速度が遅く(急カーブが多い・騒音対策など)、利用者の利便向上や利用者の流れ分散、ダイヤ調整をするためにこれだけ駅間距離が短くてもいいのです。一方で「新鳥栖駅」~「久留米駅」間は普通に列車がフルスピード(260km/h)で走る区間です。

 この区間に2つの駅が隣り合っている成り行きには、「九州新幹線西九州ルート(長崎ルート)」(以下「西九州ルート」)がからんでいます。「久留米駅」は普通の新幹線駅、「新鳥栖」は「西九州新幹線」との分岐駅を目的に作られました。鉄道路線は、路線が分岐する場所に駅を造った方が何かと合理的なのです。ただし、「西九州ルート」はまだ建設中のため、「新鳥栖駅」が普通の駅に見えるのです。分岐駅として作る以上は「新鳥栖駅」はまだ作らなくてもいいように見えますが(沿線住民はそうは思わないでしょうが)、「西九州ルート」建設のめどがついてきたので「鹿児島ルート」建設と同時期に作ったのです。

新鳥栖と久留米 
 図にするとこんな感じです。ちょうど「新鳥栖駅」が「長崎」へ向かう「長崎本線」と交差する場所に位置します。「西九州ルート」は「新鳥栖」~「武雄温泉」間、「諫早」~「長崎」間は糖分が在来線の線路を利用する形での開業です(本当の新設路線は「武雄温泉」~「諫早」間のみ)。将来は全線を新幹線形式の新設路線で作り、「新鳥栖駅」にもそれなりの分岐路線が整備されます。しかし、現段階では「新鳥栖駅」で双方の線路をフリーケージトレインの変換機で結ぶか、「博多」~「長崎」間全線を在来線の列車が利用するかになります。ちなみに、後者の可能性が高いですが、それですと「新鳥栖駅」は分岐駅の役割を担いません。

かつて計画された大ジャンクション構想

 そうすると、「わざわざ「久留米駅」まで造らなくてもいいじゃないか?」という疑問がわいてきます。実は、「西九州ルート」と「鹿児島ルート」は完全な立体交差による三角線(デルタ線)で繋ぐ予定で、「久留米駅」もその分岐のための基地として計画されました。接続に関係する線路を全て立体交差にすることで交差支障を解消し、三角線にすることでどの方向からもスイッチバックをせずにスムーズに行き来できるのです。三角線のイメージは、高速道路のジャンクション(上空から見て道路がTの字を描くタイプ)や、線路でいえば「瀬戸大橋」の「四国」側の三角線を想像するとわかります。

新鳥栖と久留米2
 図にするとこんな感じです(※「西九州ルート(青線)」のルートはてきとーです)。「新鳥栖駅」と「久留米駅」がそれぞれの分岐点に位置します。ちょうど分岐点が2都市にまたぐため、分岐設備に駅が付加されて感じです(よーするに丸く収まる)。「東北新幹線」と「上越新幹線」が分岐する「大宮駅」や「上越新幹線」と「北陸新幹線」が分岐する「高崎駅」みたいなものが集まった形ですね。この異様に間隔のせまい2駅は、この大ジャンクション構想の名残なのです。

 ほかにも、「山陽新幹線」の「小倉駅」~「博多駅」の間にも、「東九州新幹線」との分岐点が、「岡山駅」付近には「中国・四国横断新幹線」との十字交差によるジャンクションがかつては計画されていました。
スポンサーサイト

「四国新幹線」を見てきた

 知っている人は知っている、あの113系800番台の魔改造を遥かに凌ぐ、「キハ32系」の「0系」への魔改造車両を偶然見かけました。この車両は「ホビートレイン」として今年の3月から「予土線」の「宇和島」~「窪川」間などで走っています。ディーゼルで動く気動車の「キハ32系」を改造し、最高速度85km/mで走行します。「北海道」や「九州」と比べて、地方としてはどうしても観光資源が少ない「四国」で、なんとかインパクトのある車両を作ろうとして、このような予想斜め上の列車が誕生しました。夢のままに終わりそうな「四国新幹線」を連想するために、そして、この列車の走る「愛媛県」が新幹線の父の一人で、新幹線成立に絶対欠かすことのできなかった「十河信二」の故郷ということでこうなったらしいです。


DSCN0800.jpg
 全体的に「0系」の塗装をこれでもかというほど、忠実に?再現しています。「0系」のシンボルでもあった(「100系」も)、静電アンテナ(屋根の上のとんがり)も、しっかり再現されています。


DSCN0802.jpg
 片側は、塗装にとどまらず、「0系」最大の個性である団子鼻を、立体再現しています。誰の発想なのでしょうか?

DSCN0804_2014091922583859f.jpg
 よく見たら、線路上の障害物を跳ね飛ばすことによって高速運転の実現に貢献した、スカートと、レール直上のゴム板までしっかりついています。

DSCN0805.jpg
 車内は青色で装飾され、歴代の新幹線車両の模型が展示されていました。 

DSCN0808.jpg
 さすがにドアは、改造されていませんでした。

DSCN0812.jpg
 よく見たら、「キハ32系」のライトの位置が「0系」のライトの位置と上手く一致しています。

DSCN0814.jpg
 近くには、「アンパンマン」列車がありました。さすが「やなせたかし」の故郷です。そして、「アンパンマン」のほっぺたと鼻の位置が窓と見事に一致しています。

DSCN0815.jpg
 側面には、「やなせたかし」デザインのキャラが描かれていました。

【動画】 新幹線、雪との戦い その2 -「東北・上越新幹線」の雪対策-

 「新幹線、雪との戦い」シリーズの2作目です。今回は、その1で解説した「東海道新幹線」の思わぬ雪害の続きです。「東海道新幹線」で発覚した雪害を克服するために、豪雪地帯を通る「東北・上越新幹線」の雪対策の歴史と仕組みを紹介します。今回は、迷ネタと呼べるものはなく、仕組みを淡々と紹介していきます。ちなみに、この動画で使用したBGMは、珍しく、最初から決めてありました。



原作↓
『「上越新幹線」のトンネルについて』

次回予定
『新幹線、雪との戦い その3-「東海道新幹線」の現状-』


このシリーズの最終回です。「東海道新幹線」で未だに完璧な雪対策をできない現状を解説します。
プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム