【動画】 『鉄道登山学 その9 新幹線と勾配 -「北陸新幹線」の30‰-』

 鉄道登山学シリーズの新幹線編で一番取り上げたい路線こそが、今回から投稿している「北陸新幹線」です。これまでの新幹線の勾配は基本最大で15‰。距離を短くする場合のみ(1~2km単位)18や20‰、高速運転をしない区間では25‰までが許容されてきましたが、「北陸新幹線」からは30‰勾配を多用して数百mもの高低差を一気に結ぶ手法になりました。

つまり、新幹線の勾配走行技術の向上や、地形上緩い勾配では太刀打ちできない、太刀打ちしたら手間や費用が莫大になりすぎるという、さまざまな状況で、「北陸新幹線」から勾配のパラダイムシフトが起きました。「北陸新幹線」以降、これらの30‰以上の急勾配は、「九州新幹線」や「リニア中央新幹線」などでも運転条件や地形に合わせて採用されていきます。

 今回の動画では、30‰勾配がいかに強烈なものかを物理的に紹介します。次回からは、30‰勾配が多用されている「碓氷峠」や「飯山トンネル」の詳細を紹介していきます。



次回予定
『鉄道登山学 その10 新幹線と勾配 -「北陸新幹線」の「碓氷」越え-』

 今後、新幹線間借りシリーズの続きとどっちを優先して投稿するかは、気分次第です。
あと、最近動画の時間が長くなった(10分以上のものを投稿できるようになった)ことと、造りだめしていた原稿のストックが減ってきたため(ネタに困っているわけではない)、投稿ペースが若干遅くなりそうです(構想はてんこ盛りですが、執筆が追い付かないのです)。
スポンサーサイト

「むさしの号」のダイヤからくり

「むさしの号」といえば、「大宮」~「八王子」間を、乗り換えなし=「東北本線」-「武蔵野貨物線」-「武蔵野線」-「武蔵野貨物線」-「中央本線」を乗り継いで結ぶ特別列車です。
 各路線は通常乗り換えて行きわたりますが(特に「東北本線」~「武蔵野線」を乗り継ぐのが面倒)、この列車では一気に乗り継ぐことができます。つまり、「大宮」~「武蔵野線」沿線の駅間を利用するためには非常に便利な車両です。しかしこの1日3往復走る「むさしの号」は、便によって「東北本線」~「武蔵野線」を結ぶ時間がかなり違います。

「むさしの号」の「大宮」~「北朝霞」間のダイヤ(()内は所要時間)
 大宮     北朝霞
 8:54 →  9:09(15分)
18:47 → 19:06(19分)
20:31 → 20:42(11分)


 北朝霞     大宮
 8:52 →  9:03(11分)
17:31 → 17:45(14分)
19:37 → 19:49(12分)

 「大宮」~「北朝霞」間は、通常「東北本線」と「武蔵野線」の間に「埼京線」か「京浜東北線」を介して、最速16分で結びます(「埼京線」の特別快速経由)。
 対して最速の「むさしの号」は、11分と、特急レベルの優越感に浸れるものです。しかし、一番遅い便は19分と、倍近くかかります。

 その原因には、「むさしの号」がいくつもの路線を乗り継ぐため、アウェイな存在もあります。「大宮」~「北朝霞」間では「武蔵野貨物線」を乗り継ぐことから、この駅間の3路線を走る本来の列車のダイヤに合わせるため、「むさしの号」は「武蔵野貨物線」内で徐行運転、一時停止してこれだけの時間が便によってはかかるということです。

ちなみに、「武蔵野線」と「中央本線」を乗り換える際の「新小平」~「国立」間の所要時間も6~9分の開きがあります。「むさしの号」はとても便利な列車ですが、よりお得な気分に浸りたければ、各便の詳しいダイヤを確認するといいでしょう。
プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム