「熊本電気鉄道」に地下鉄「銀座線」の車両が来た背景

今年の3月12日に「銀座線」から引退した「01系」は、「熊本電気鉄道」で再利用されています。しかし、地上を走る普通鉄道に地下鉄「銀座線」の車両を乗り入れ指すのは、普通の中古車両を再利用するよりも大変なことです。

↓「銀座線」の「熊本」入り
http://tarouroom.blog89.fc2.com/blog-entry-1467.html
http://tarouroom.blog89.fc2.com/blog-entry-1468.html



「銀座線」車両の改造はかなり面倒

① 軌間の違い

「銀座線」:1435mm
「熊本電気鉄道」:1067mm

② 集電装置の違い
「銀座線」:第三軌条方式・下の集電用レールに車両の集電靴を接触させる
「熊本電気鉄道」:架空電車線方式・架線にパンタグラフを接触させる


 このように、軌間と集電という、大きな要素が全く異なるため、台車の軌間改造や集電装置の改造まで施さなければいけません。
 一言でいえば、再利用するのがかなりめんどくさい車両です。地方鉄道は経費節減のために都会の路線の中古車両を安く仕入れるため、はたから見たら効率が悪く見えます

それでも「銀座線」車両を入手した理由⇒近年は適切な中古車両を手に入れにくい
 
① 都心部の路線は、混雑対策のために車両を大型化していった
 乗車率を少しでも緩和し通勤地獄を減らすためには、車両の大型化が効果あります。ほかにも運転本数を増やす方法がありますが、線路容量の関係ですでに限界です。
 そして時は流れ、大型化した新車も古くなり、中古車両に大型の車両が増えてきました。ただし、中・小型車両に合わせた設備を保有する地方鉄道と規格が簡単に合わず、いつも通りに大都市の車両を手に入れることが難しくなりました。大型車両を入手して、それが走れるように路線を改造する手間が非常に大きいためです(そんなことするくらいなら新しい中・小型車を導入した方がいい)。

②「銀座線」の車両は昔も今もこれからも中・小型
 今から82~90年前に造られた「銀座線」はトンネル自体が昔の規格で造られているためかなり断面が小さいです。したがって、車両もそれに合わせて小さいままです。車両を大型化するには、トンネルを拡幅する必要がありますが、今後それをやる可能性は低いでしょう。

 そんな理由から、改造の手間は出ても「銀座線」車両は地方鉄道のサイズに合った貴重な中古車になりました。

スポンサーサイト

飛行機からの景色(「熊本」~「羽田」) その2 「名古屋」~「羽田」

 「熊本」~「羽田」航路の続きです。

「伊勢湾」と「中部国際空港」
20170304_134550.jpg
 「中部国際空港」は、滑走路1本の空港島としては独特な形です。恐らく海岸線の地形と、滑走路をなるべく陸地から話した影響でしょう。
 「伊勢湾」の奥が「名古屋」です。写真中央ちょい左側の河口は、右側から「木曽川」、「長良川」、「揖斐川」です。つまり、社会の教科書で習った河川より低い土地である輪中の街、「海津市」です。

「知多半島」
20170304_134659.jpg
 「伊勢湾」三大半島の一つです。肉眼でも「中部国際空港」がよく見えます。

「豊橋」
20170219_135209.jpg
 「豊橋」上空。このあたりは水深が浅いため、埋め立てが盛んです。

「浜名湖」
20170219_135335.jpg
 水深や塩分濃度?などの関係で、色が場所によって変わっています。そして、手の形です。聞いた話では、「ダイダラボッチ」が
「琵琶湖」で穴掘りをしてその土砂で「富士山」を造るという意味不明なことをしていた時に転んで手をついた後が「浜名湖」らしいです。

左から(各文字の真下に相当)
「飛騨山脈」、「木曽山脈」、「赤石山脈」、      「富士山」

20170219_135517.jpg
 「富士山」と「日本」三大アルプスが1目で見られました。

「富士山」(「御前崎」付近より)
20170219_135540.jpg
 「遠州灘」の上空より。「富士山」がだんだん見えてきました。左側の「赤石山脈」はまだまだ白いです(3月)。「赤石山脈」から流れる「大井川」がめちゃくちゃ蛇行しているのもよくわかります。

20170219_135602.jpg
 写真中央少し右下に「富士山静岡空港」があります。その名前の元の「富士山」はそこから80kmほど離れています。こうして「駿河湾」の海岸沿いに「富士山」を見られるのも新鮮です。

「富士山静岡空港」
20170219_135635(0).jpg
 他の地域でもそうですが、開港までに紆余曲折ありまくりの空港です。「牧之原」大地の一尾根を見事にぶち抜いています。

「富士山」と「静岡平野」(「駿河湾」より)
20170219_135856.jpg
 雪の積もっている山は右から「富士山」、「赤石山脈」、「木曽山脈」です。

20170219_135825.jpg

20170219_135710.jpg
 「駿河湾」より、「静岡平野」、「富士山全体」、更にはその奥の「甲府盆地」まで見渡せます。改めてみると、「富士山」だけ地形が特殊です。

「静岡平野」
20170304_135608.jpg
 「静岡平野」全域を俯瞰。「三保半島」~「静岡県」北端の「赤石山脈」までがよく見えます。「静岡平野」を縦断する「賎機山」を境に、東西の高低差の気配がわかります。
 どれだけ知名度があるかわかりませんが、「静岡平野」の右半分の「清水」こそが、「ちびまる子ちゃん」の舞台町であることを書いておきます。

「富士山」拡大(「駿河湾」より)
20170219_135940.jpg

20170219_135936.jpg
 飛行機は、「駿河湾」沖合を飛びます。そこから、海面よりそびえたつ、「東海道新幹線」から見るアングルの「富士山」を眺めることができます。飛行機は着陸態勢に入りはじめ、若干高度を下げています(「富士山」よりはだいぶ高い)

「伊豆半島」の「弓ヶ浜海岸」と「下田」
20170219_140058.jpg

20170219_140118.jpg
 「伊豆半島」の奥座敷である「下田」です。下の写真が「下田市」市街地、上の写真が「下田」の南側の「弓ヶ浜海岸」です。遠浅の海と砂浜が非常にきれいな、おススメ海岸です。

「天城峠」
20170304_135900.jpg
 「天城越え」で有名な「天城峠」(写真左側)と「天城山地」が見えます。右側には風力発電所が並んでいます。よーく目を凝らしてみると、写真を4等分した区域の中心に、「河津七滝ループ橋」(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Kawazu_roopbridge01.JPG)が見えます。

「富士山」(「伊豆半島」南端より)
20170219_140150.jpg
 「富士山」を「伊豆半島」越しに俯瞰。「富士山」東側の「御殿場」は他より雪がたっぷり積もっています。

「房総半島」
20170219_140806.jpg

20170219_140913.jpg
 「房総半島」の南端に差し掛かりました。東側へ向かう国内線は、「東海地方」南側の沖合を進み、「房総半島」を反時計回りに回り込んで「羽田空港」に着陸します。こうしてみると、半島が長いです。そして、かなり高度が下がっています。

「東京湾アクアライン」
20170304_141036.jpg
 「シンゴジラ」登場場所となった「アクアライン」が、写真中央右側に見えます。

「外房」の海岸
20170219_141235.jpg
 海が非常に澄み切っています。ここも深さごとに色が変わっているのがよくわかります。

「千葉」の工場群
20170219_141812.jpg
 工場マニアの人にとっては萌え画像です。マニアではありませんが、すごい設備群です。

「東京湾」
20170219_141930.jpg
 上空から見ると、湾内の船舶の数が異様に多いのがわかります。

「鶴見つばさ橋」
20170219_142010.jpg
 写真真ん中少し上にあります。

「川崎浮島ジャンクション」
20170219_142202.jpg
 「羽田空港」到着直前に、「タモリ倶楽部」の「首都高」造りかけ大賞でも紹介された「川崎浮島ジャンクション」を通過。このジャンクションは、「首都高湾岸線」と「東京湾アクアライン」の交点で、計画倒れになったパーキングエリアなどの未成用地があります。写真を横切っている白い高架が右側で途切れていますが、これが造りかけの部分です。パーキングエリア予定地は現在、太陽光発電所になっています。

飛行機からの景色(「熊本」~「羽田」) その1 「九州」~「紀伊半島」

 「熊本」~「羽田」間を飛行機で移動したので、その1時間半ほどの間に150枚くらい写真を撮ってみました。

 わりかしきれいに映った景色をうpしていきます。

20170304_112720.jpg
 ちなみに、「熊本空港」では馬刺しなどが食えます。
 
 それでは、景色をうpしていきます。
「九州」
「熊本平野」と「熊本空港」

20170304_130807.jpg
 飛行機は「熊本空港」から西側に離陸し、「熊本平野」上空を180°旋回して東に向きを変えます。
これは、旋回を始めた様子で、「熊琴平野」上空から「熊本空港」と「阿蘇山」を眺めています。

「阿蘇山」(南西から)
20170219_131032.jpg
 「熊本平野」の南寄りから撮影。なだらかな平野の上に、「阿蘇山」の険しいカルデラ地形がよく見えます。

「中央構造線」の地形
20170219_131259.jpg
 「九州」にも「中央構造線」が横断し、上空からはその地形がよく見えます。写真右下から左上にかけて、「中央構造線」による筋状の谷地形がまっすぐに延びています。


「阿蘇山」と「熊本空港」(南側から)
20170219_131339.jpg
 写真中央左側が「熊本空港」、右側が「阿蘇山」です。

「熊本平野」(南側から)
20170304_131134.jpg
 少し視点を左(西側)に移すと、「阿蘇山」の火山灰などで形成されたなだらかな「熊本平野」が見下ろせます。

「阿蘇山」全体(南側から)
20170304_131337.jpg
 「阿蘇山」のカルデラ全景を俯瞰。上空から見ると、巨大なカルデラ地形、外輪山の様子がよく見えます。こうしてみると、この火山の巨大さがよくわかります。こういう火山地形の中に町を造っていることがなんだかすごいです。

「大分市」
20170219_131942.jpg
 「九州」を横断し、「大分」上空を通過。「大分県」の特徴でもある「国東半島」が見えます。


丸っこい「国東半島」(上側)ととんがっている「佐賀関半島」(下側)
20170219_132155.jpg
 「大分県」の2つの半島はこんなにも形が違います。「佐田岬半島」は「中央構造線」によりこの形にとんがりました。

「九州」の「国東半島」(左側)と「四国」の「佐田岬半島」(右側)
20170219_132226.jpg
 「中央構造線」によって引き伸ばしちけいとなった2つの半島を同時に見れました。

「四国」~「淡路島」
「来島海峡第一~三大橋」

20170219_132953.jpg
 「愛媛県」上空を通過。写真中央に3連続吊り橋として有名な「来島海峡第一、二、三大橋」が見えます。

三高速の分岐点(「川之江」、「川之江東」ジャンクション)
20170219_133239.jpg
 「愛媛自動車道」、「高知自動車道」、「徳島自動車道」の3高速道路が2つの三叉ジャンクションによって繋がる「四国」の交通要所です。

「瀬戸大橋」
20170304_133024.jpg

20170219_133339.jpg
 「瀬戸大橋」です。飛行機の高度は約12kmとかなり高空なため、全長が9km以上もある「瀬戸大橋」も一斉に見渡せます。「四国」側の平野は、「讃岐富士」などの硬質な岩相で回りと比べて削れ残った小山がよく見えます。

「大鳴門橋」
20170219_133816.jpg
 「大鳴門橋」を急角度でなんとか見られました。

「淡路島」
20170219_133849.jpg
 「淡路島」も大部分が形がわかるほど見渡せました。高空を通る便は視野が広いです。

「明石海峡大橋」
20170219_134026.jpg
 「淡路島」北端にある橋が辛うじて見えました。飛行機は、「淡路島」南端(もしくはさらに南の海上)を通っています。「本州四国」の三大連絡橋を制覇です。

「大阪」~「三重」
「大阪湾」
20170219_134159.jpg
 左下に「関西国際空港」、その上に「淡路島」の北端、真ん中上側に「神戸空港」、「ポートアイランド」、「六甲アイランド」、「神戸」の街並み、右側に「大阪平野」が見渡せます。「六甲山地」から北側は雲に覆われています。写真下の「大阪平野」南部には、古墳(小さい緑色の丘)が多く見えます。

「大阪平野」
20170219_134218.jpg
 少し右(東側)に視点を移すと、「大阪平野」全体が見渡せます。街並感が半端ないです。

「関西国際空港」(コナン映画視点)
20170219_134112.jpg
 確かこんなアングルだったと思います。

「大仙古墳」
20170219_134320.jpg
 写真中央に、教科書でも見たことのある、「大仙古墳」(面積が世界最大の墓)が見えました。

「奈良盆地」
20170219_134419.jpg
 「奈良盆地」を、その南端部から俯瞰。見事に山に囲まれています。写真左は「生駒山地」と「大阪平野」です。

「三重県」「松坂市」
20170219_134835.jpg
 「紀伊半島」を横断して「三重県」「松阪市」を通過。上空からは、水深の違いも川や海の色からよくわかります。

「鼻ぐり井手」(全自動除灰システム)

 「日本」全国に無数にある用水路の中で、「熊本」だけにしかない超貴重な形式の水路が「鼻ぐり井手」です。自分は、「ブラタモリ」で知りました。

 「鼻ぐり井手」は、「加藤清正」の時代の400年前に造られ、言い換えれば「全自動除灰システムつき用水路」で、水路の水に含まれる土砂(「阿蘇山」の火山灰)が水底にたまらないようにする形をしています。

20170226_145727.jpg
現地の説明書にはこう書いてあります。要約すると

「鼻ぐり井手」
場所:「熊本県菊陽町」(「阿蘇熊本空港」から数㎞北側)

建造時期:1608年

水路の概要:「阿蘇山」山麓~「熊本平野」の水田へ水を供給する全長12kmの水路

特徴:うちこの区間400mは岩山で、深さ20mもの溝を掘りぬいて水路が造られた。
→普通の溝ではなく、2~5m間隔で厚さ1m、高さ4mの仕切り壁を残し、そこ下部に2mほどの半円穴掘って水路にした

この形のいいところ:
①この壁と穴の形で流れる水に渦を発生させることで、水に含まれる「阿蘇山」の火山灰が巻き上げられ、底jに堆積せずに流れ去る
=深さ20mの谷から定期的に土砂を取らなくてもよくなる
②掘削量を減らせる



水路の様子(渇水期)
20170226_145749.jpg

20170226_145753.jpg

20170226_150228.jpg
 見てきた時期は2月ですが、この時期は渇水期で水がほとんど流れていないため、水路の底までがしっかり見渡せます。もとは川でも谷でもない、岩山だったのですが、水路のために、これだけの深さの岩盤を400年前に掘りぬきました。

 造られて400年たちますが、現在も25か所が残り、現役バリバリで全自動除灰作業を行っています。

20170226_145839.jpg

20170226_150122.jpg
 少し拡大。現在も、定期的に水路の除灰を人の手でする必要は全くありません。

 ちなみに、現在は28基が残っていますが、建造当時は80基ありました。江戸時代に52基が破壊されましたが、それはこの水路の機能を知らない(引継ぎができていない)役人が(恐らく)「仕切りを取ってもっと水を流そうぜ」とでも考えていたようです。それでも現在に至るまで十分に除灰機能は健全です。
プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム