「電車でGo!」の原点鉄道

 題名の由来を知っている人は少ないかもしれませんが、「京都」観光では非常に有名な「嵯峨野観光鉄道嵯峨野観光線」です。この路線は「山陰本線」の「馬堀」~「嵯峨嵐山」間における旧路線で、平成元年(1989年)に「山陰本線」のこの区間の新線への切り替えに伴い廃止となりましたが、平成3年(1991年)に観光鉄道としてトロッコを走らせることで復活しました。

 当時は「年間乗降数23万人で数年のブームが最初にあったのちにまたローカルになる」と予想されていましたが、初年度でその3倍の69万人、現在では100万人もの利用者が押し寄せる超成功した路線となりました。これを考えた人の発想がすごいです。

 そして、あの「電車でGo!」では初級コースとして登場しました。「電車でGo!」が発売された平成9年(1997年)にはとっくに観光鉄道化されていましたが、ゲーム内ではあえて「山陰本線」現役時代として登場していました。

この路線は人気が非常に高く、特に下流→上流コースが中々乗れないため、上流→下流コースで行きました。

DSCN1558.jpg
 「トロッコ馬堀駅」です。右の複線+トンネルが「山陰本線」(新線)、左の単線が「嵯峨野観光線」(旧線)です。

DSCN1557.jpg
 上の写真と同じ場所から反対側を見ると、この路線が「山陰本線」に合流しそうなのがよくわかります。

DSCN1560_20170625213306d51.jpg

DSCN1561.jpg
 客車は「国鉄トキ25000形貨車」を改造したものを使っています。人を乗せるための車両でなく、荷物用の貨車そのものです。なので、車体の振動を直に感じることのできる楽しい人には楽しい車両です。

DSCN1562.jpg
 貨車専用の車両たちはしっかり自動連結器です(最近の乗客用は密着式連結器が主流)。

DSCN1563.jpg
 車両によっては窓ガラスなしの開放的なものになっています。チケットはすべて指定席ですが、椅子は赤の他人と相席になる上通路側だと人が邪魔なため、立ち席にしたほうがよいです。

DSCN1553.jpg
 ちなみに、「馬堀駅」近辺は、「明智光秀」が「本能寺」に向けて進軍した場所でもあります。それとは想像つかないゆるキャラになっていますが。

DSCN1564.jpg
 「馬堀」では馬車もみかけます。

DSCN1567.jpg
 「保津峡」です。車内は混んでいるため、景色を見る負担がかかります。「保津峡」の地質はメランジュが主らしく、チャートなどの険しい峡谷を造る原因となる硬い岩もあるそうです。

DSCN1569.jpg
 途中で3回「山陰本線」(新線)と交差します。「山陰本線」の列車と立体交差ができたらいいですが、今回は見られませんでした。

DSCN1576_201706252135344f4.jpg
 車窓からは、川下りをしている舟やボートをしょっちゅう見かけます。

DSCN1585.jpg
 「トロッコ嵐山駅」にて。ここで右の「山陰本線」(新線)と合流します。トロッコ列車は「トロッコ嵐山」~「トロッコ嵯峨」間の約1kmは、上下線とも「山陰本線」の下り線を走ります。つまり、上り列車は逆走運転をします。

DSCN1590.jpg
 「トロッコ嵯峨駅」にて。先頭の機関車は、「国鉄DE10形ディーゼル機関車」で、この形式は昭和44年~48年(1969~1973年)に製造された機関車です。現在もかくJRの車両所などで活躍しています。
スポンサーサイト

「嵯峨嵐山駅」の無料博物館

 「山陰本線」の「嵯峨嵐山駅」の隣には、歴代の蒸気機関車を展示している「19世紀ホール」があります。
 主に、トロッコを待つ間や小休止の合間に気軽に本物の蒸気機関車を見ることができます。

DSCN1535.jpg

DSCN1524.jpg
 広場には、「日本」の蒸気機関車ではおそらくもっとも有名な「D51」が展示されていました。

DSCN1527.jpg

DSCN1528.jpg

DSCN1526.jpg
 屋内には、歴代の「D51」、「C56」、「C58」が並んでいました。

DSCN1530.jpg

DSCN1533.jpg
 その中の「D51」は、半分が真っ二つになり断面を見ることができる、非常に珍しい思い切った展示形態をしていました。外から見れば筒ですが、なかはボイラーからの熱を効率よく伝えられるように細かい管がこれでもかと貫いています。

DSCN1529.jpg
「国鉄ア4形蒸気機関車」です。「日本」では3両しか走らなかった大変珍しく個性のある形をした機関車です。一通り活躍した後、あの「島秀雄」主体で練習用機関車に改造されたそうです。

DSCN1525.jpg
 かつては、人力鉄道も「日本」全国に走っていました。人力車とどっちが楽なのでしょうか?

川を渡る橋の上にある駅

 それは、非常に有名な「山陰本線 保津峡駅」です。

DSCN1538.jpg
 「保津峡駅」に降り立ってみました。高所から見ないと分かりづらいですが、本当に橋の上にかかっています。一応、「保津峡」の谷間にかかり、対岸のトンネルに通じていることから想像は容易です。

DSCN1549_2017060419121067f.jpg
 列車もこの通り、ほぼ橋の上に止まります。ホームの長さは10両編成対応の約200m。写真左下の切れ目が、橋梁との境目です。

DSCN1543_20170604191209125.jpg

DSCN1542.jpg
 ホームを「京都」方面に歩いていきます。バラスト軌道のあたりは、高低差が低くなっています。

DSCN1545.jpg
 「保津峡駅」に停まる列車は、ほぼ普通列車。速達列車は通過します。

DSCN1552_2017060419121474a.jpg
 橋梁との境目は、このように切れ目がはっきりわかります。

DSCN1537_20170604191250d42.jpg

DSCN1536.jpg
 橋の下から眺めるとこうなります。普通の橋梁と比べてホームがある分重厚です。

DSCN1540.jpg
 ホームの上からは、「保津峡」の絶景がよく見えます。

DSCN1539.jpg
 そして、頻繁に急流下りの舟を見られます。
プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム