「嵯峨嵐山駅」の無料博物館

 「山陰本線」の「嵯峨嵐山駅」の隣には、歴代の蒸気機関車を展示している「19世紀ホール」があります。
 主に、トロッコを待つ間や小休止の合間に気軽に本物の蒸気機関車を見ることができます。

DSCN1535.jpg

DSCN1524.jpg
 広場には、「日本」の蒸気機関車ではおそらくもっとも有名な「D51」が展示されていました。

DSCN1527.jpg

DSCN1528.jpg

DSCN1526.jpg
 屋内には、歴代の「D51」、「C56」、「C58」が並んでいました。

DSCN1530.jpg

DSCN1533.jpg
 その中の「D51」は、半分が真っ二つになり断面を見ることができる、非常に珍しい思い切った展示形態をしていました。外から見れば筒ですが、なかはボイラーからの熱を効率よく伝えられるように細かい管がこれでもかと貫いています。

DSCN1529.jpg
「国鉄ア4形蒸気機関車」です。「日本」では3両しか走らなかった大変珍しく個性のある形をした機関車です。一通り活躍した後、あの「島秀雄」主体で練習用機関車に改造されたそうです。

DSCN1525.jpg
 かつては、人力鉄道も「日本」全国に走っていました。人力車とどっちが楽なのでしょうか?
スポンサーサイト
プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム