加速力の貢献 その3 「阪神ジェットカー」

 「日本」で一番加速力の高い鉄道車両と言ったら、「阪神電気鉄道」を走る「阪神ジェットカー」です。動画がしっかりうpされているので、じっくりと見てみましょう。








 上は発進する姿をホームから、中、下は発進してから次の駅に停車するまでの間を撮影した動画です。外から見ても、明らかに発進の様子が普通の列車と違います。下の動画から、発進後19~20秒で時速80kmに達しています。ブレーキ力も強く、次の駅には1分6秒後に到着しています。 

 「阪神ジェットカー」は今から50年以上前の昭和33年(1958年)に開発されました。初代の車両(「5001形」)は起動加速度4.5km/h/s(1秒に速度が4.5㎞ずつあがる)、常用減速度5.0km/h/s(1秒に速度が5.0㎞ずつ落ちる)というとんでもない加減速力を持ち、「日本」の高速鉄道車両内では今もこの記録は破られていません。80km/hまで25秒で加速し、1kmの距離を起動から停止までの動作を合わせても1分で走破できます。試運転時には6.5km/h/sでの試験も行い、最大8.0km/h/sまで引き上げることも検討されたましたが、乗客が多いと車両が重くなり、そこまで加速力を上げられないこと、8.0km/h/sの場合は全員着席状態が限界とされたこともあり、最終的には4.5km/h/sに落ち着きました。

参照↓


以下に、現役の鉄道車両の起動加速度を並べます。あの「京急」車両よりも凄まじい加速力です。

「阪神ジェットカー」:4.0~4.5km/h/s
「京急」の車両:3.0~3.5km/h/s
「山手線」等の車両:2.5~3.3km/h/s
「新幹線」車両:1.6~2.7km/h/s


 現在の車両は、起動加速度4.0km/h/s、減速度4.5km/h/sと、従来よりも0.5km/h/sずつ落とされました。その代わり中・高速状態での加速力維持を上げたため(乗り物は、速度が上がるほど加速度は落ちる)、結果的に前の車両以上の性能となりました。起動から80km/hまで21秒、営業最高速度である91km/hまでも25秒となり、乗り心地も滑らかになりました。

「阪神電鉄」に「ジェットカー」が反映した理由

①駅間距離が短い
 「阪神電鉄」は駅の数が多い分駅間距離が短いため、加速減速能力を上げてトップスピードの時間・距離を長くして、平均速度を上げて所要時間短縮を図ったのです。

②他路線、他車両との兼ね合いが少ない
 車両の種類が多かったり、別路線と直通運転を行ったりすると、性能の異なる車両がとの調整が必要になります。加速減速能力が高くても、低い車両と間隔が詰まって結局その性能を生かしきれないのでは本末転倒なので、「ジェットカー」のような特異な列車を走らせる路線は少ないです(かつて、そういう路線はあったが、上述の理由でやめたらしい)。「阪神電鉄」は3年前に「近鉄」と直通運転を始めましたが、そこはうまく調整しているのでしょうか?

参照↓
『加速力の貢献 その1 「東海道・山陽新幹線」の「N700系」』
『加速力の貢献 その2 「上越新幹線」のE2系』
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ヒバリ - 2013年12月05日 03:59:22

大阪にいた時は京阪・阪急・大阪地下鉄ぐらいしか利用してなかったから
阪神にこんな電車があるとは知らなかったわ。

- 太郎 - 2013年12月08日 19:27:20

>ヒバリさん
 確かに、「阪神」を利用する機会が僕もないなあ。阪急派か阪神派にでも分かれているのかな?

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム