加速力の貢献 その2 「上越新幹線」のE2系

 「上越新幹線」の速達列車は、最高速度が下がったのに所要時間が短縮しました。これも新型車両の加速力によるものです。「上越新幹線」の「越後湯沢」を素通りする下り列車は下り坂を利用して「大清水トンネル内」~「塩沢トンネル出口」間約40 kmの大部分を275 km/h運転行い、当時は「東京」~「新潟」間を1時間40分で結んでいました。
参照↓
「上越新幹線」の車両が275 km/h運転をしていたことがある

 その後275 km/h運転は廃止され、「上越新幹線」内を走る車両は新型旧型問わずに最高速度が240 km/hに統一されました。しかし、最速列車は「東京」~「新潟」間を1時間37分と、275 km/h運転をしていたころより3分所要時間が短縮されています。

 これも加速力の向上が大きく関わっています。両者の現在の起動加速度(発進時の加速度値)が1.6km/sとほぼ互角ですが、どうして差がつくのでしょうか?

 乗り物は共通して速度が上がるにつれ、加速度値が下がっていきます。これは、速度が上がれば上がるほど空気抵抗が増大するのが大きな原因の一つです。ピンと来なければ、空気抵抗や摩擦が無くて一定の力を加えたら無限に速度が上がるという物理法則を思い出しましょう。そして、自転車を力いっぱこいでも速度が上がるほど空気抵抗が大きくなってそれ以上加速し辛くなるのを思い出しましょう。

 新型のE2系の方が、速度が上がっても相対的に高い加速度値を維持できるため、両者がトップスピードになった時にかなりの差がつきます。E2系自体、30‰の勾配を持つ「北陸新幹線」を爆走できるように、加速能力を維持することを大切にしていますからね。

 ただし、「E2系」が「上越新幹線」全線で運転されていたのは平成10年(1998年)12月~平成16年(2004年)3月の間で、現在は「高崎」より北側の線区では運転されていません(「北陸新幹線」の「あさま」が「E2系」で運転されているため、「東京」~「高崎」間では今でも見られる)。これは、「北陸新幹線」の列車と重複しない「高崎」~「新潟」の区間を走る列車の種類を減らし、ダイヤや信号システムを簡略化するために行われました。ですので、所要時間は最短で1時間40分台になっています。将来「東北新幹線」の「E5系」等の新型車両が大量生産されて「E2系」が余剰になったら、再び「上越新幹線」全線で「E2系」が走る日が戻ってくるかもしれません。

参照↓
「加速力の貢献 その1 「東海道・山陽新幹線」の「N700系」」

s-P9287854.jpg
 参考菜までに、左が「200系」、右が「E2系(1000番台)」です。「200系」は今も「上越新幹線」で現役です。「E2系」は「東北新幹線」(1000番台の方)や「北陸新幹線」で現在も活躍しています。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム