新潟探訪 その2 新潟みなとトンネル

 「信濃川」河口の下に「新潟みなとトンネル」があるので見に行きました。「新潟みなとトンネル」は、「信濃川」の水面下約20mを通る全長1423mの水底トンネルです。陸地であらかじめ作ったトンネルのコンクリートを現地へ輸送しそのまま沈めた後水底の下に埋める(予めトンネル本体を入れるための水を掘ってある)、埋沈工法により造られました。平成14年(2002年)5月19日に1本目のトンネルが暫定2車線で、平成17年(2005年)7月24日にもう1本が開通して4車線化されました。

s-P4176695.jpg
 トンネル西側入り口です。ちゃんと歩道もあります。先に見える建物は、トンネルの換気塔です(「山の下みなとタワー」)。

s-P4176697.jpg
 歩道用の通路です。最下部へ向かう勾配は40‰(4%)です。

s-P4176698.jpg
 少し進んだ先にもう一つの出入り口があります。景色は、北陸地方によくある地下道みたいです。

s-P4176700.jpg
 もうひとつの出入り口です。

s-P4176702.jpg
 換気塔には展望台が付いていて、上に昇ることができます。

s-P4176705.jpg
 展望台から東側の対岸を撮影。対岸にも換気塔(「入船みなとタワー」)があります。撮影地点と対岸の換気塔の間の下をトンネルが通ります。

s-P4176704.jpg
 換気用の煙突本体です。煙突の付属設備がずいぶん多い場所でした。

s-P4176707.jpg
 換気塔内部にも下の歩道に繋がる階段があります。

s-P4176708.jpg
 トンネルは地下3階に位置します。歩道を階段から見るとこんな感じです。

s-P4176709.jpg
 階段と歩道の合流地点です。エレベーターも備わっています。

s-P4176710.jpg
 トンネル内部です。内部は通行者だけでなく、歩いたり走ったりする人も利用しています。半分以上がトレーニング者でした。

s-P4176719.jpg
 所々、道路との連絡扉があります。おそらく非常用でしょう。

s-P4176720.jpg
 はい、トンネル中心部です。とはいっても案内が無いと実感がわかないです。

s-P4176718.jpg
 しばらく進むと、陸への上り坂になります。

s-P4176724.jpg
 前半は自転車が素晴らしい動きを魅せましたが、最後は面倒です…。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ヒバリ - 2010年06月18日 06:18:01

ほぼ同じ景色の連続だから、こんな場所を1.5kmも走りたくないぜ。

- 太郎 - 2010年06月20日 21:39:03

>ヒバリさん
 追い風が激しかったから時速30~40 km/hで充実して行けたよ。ただし、帰りは…

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム