「熊本」の路面電車が線路の一部を路肩に寄せたそうです

 日本の路面電車の路面区間は、ほとんどが道路の真ん中を通っています。それについてはこちらの記事を参考にしてください→『路面電車の線路は何故道路の真ん中を通っているのか?』。

 今年の4月26日に、「熊本」の路面電車の一部の「田崎線」が線路を路肩に寄せました(「サイドリザベーション化」という)。道路上で路肩に線路を寄らせている路面電車は今の日本では「富山ライトレール」の「富山駅北」~「インテック前」間くらいです。「熊本」の方はさらにその区間に停留所も設けました(「富山ライトレール」にはない)。これにより、利用者が停留所へ行きやすくなりました。

 「熊本」の路面電車(「熊本市電」)の説明や写真は、こちらのサイトに詳しく載っているのでどうぞ(→http://tram.2-d.jp/kt/http://www.geocities.jp/history_of_rail/kumamoto/01.html)。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム