「九州新幹線」の最速達列車

新幹線 鹿児島中央-新大阪に最速車両 3時間47分に
8月24日11時53分配信 毎日新聞

 来年3月に全線開業する九州新幹線と山陽新幹線の鹿児島中央-新大阪間について、既に公表されている「さくら」より所要時間が短い列車の運行が計画されていることが24日、JR関係者の話で分かった。新たな列車の所要時間は3時間47分で、「さくら」の4時間を切る。競合する航空機に対抗する狙いで、列車名はかつて九州と東京を結んだ夜行列車「みずほ」が有力。また全線開業日は3月12日で最終調整している。

 関係者によると、「みずほ」は1時間に1本を運行予定の「さくら」より運行本数が少なくなる。博多-鹿児島中央間では熊本のみ停車する見通しで、停車駅を絞って時間短縮を図る。

 新幹線の所要時間が3時間を超えると航空機需要が高まる傾向があるとされている。また九州と関西間では、スカイマークが9月から神戸-鹿児島に1日3往復で参入するなど新幹線と航空機の競争が激化しており、JRは「みずほ」投入で航空利用客を奪いたい考えだ。大阪(伊丹)-鹿児島の飛行時間は約1時間10分だが、市街地から空港までの移動や保安検査を受ける時間も必要で、JR関係者は「勝機はある」と見ている。

 新列車の車両は「さくら」に投入する計29編成のN700系を使用する予定。「みずほ」は1961年から94年に東京-熊本・長崎間で運行した寝台特急(ブルートレイン)。【綿貫洋】


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100824-00000006-maip-soci

 停車駅が増えているご時世で、ひとまず停車駅を極力減らした便を造るそうですね。「山陽新幹線」(全長553.7km)を今の最速「のぞみ」と同じ2時間28分(平均速度(正式には表定速度)は224.5km/h)で走破する場合、「九州新幹線」内(全長256.8km)を1時間17分で走破すると見積もられます(「博多駅」に2分停車すると仮定してその分を省いて計算)。すると、平均速度は200.1km/hです。停車駅の駅間距離は「山陽新幹線」と「九州新幹線」ではあまり変わらないので、「山陽新幹線」内では300km/h運転を、「九州新幹線」内では予定通り260km/h運転をするのでしょうか?

 列車名は、かつて寝台特急で使用されていた「みずほ」を採用するそうです。「九州新幹線」の「さくら」と「みずほ」、「東北新幹線」の新型車両の「はやぶさ」と、なんだか最近の新幹線の列車名には、廃止になった寝台特急で使用されていた名前が結構採用されていますね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム