停車駅争奪戦

駅間5キロ…最速新幹線「みずほ」も各停?九州自治体が綱引き

産経新聞 9月3日(金)10時52分配信

 来年3月に全線開業する九州新幹線鹿児島ルートの停車駅をめぐり、JR九州に沿線自治体から「わが駅に停車を」と要望が相次いでいる。山陽新幹線を運行するJR西日本は「停車駅を減らし、航空機に勝てる新幹線を」との姿勢を崩さない。JR九州は、地域の熱意と対航空機競争との狭間(はざま)で苦しんでいる。(小路克明)

 ■久留米vs新鳥栖

 九州新幹線「さくら」の歓迎式が2日、久留米駅(福岡県久留米市)と新鳥栖駅(佐賀県鳥栖市)で行われた。楢原利則・久留米市長と、橋本康志・鳥栖市長は異口同音に「1本でも多くの停車を目指して努力する」と語った。

 両駅間はわずか5キロ。停車駅の綱引きはまさに真剣勝負だ。

 楢原市長は「久留米駅は在来線との併設駅で、連結がいい。また(人口約30万人の)久留米の規模もJRに考えてもらえるよう今後も要望していく」と話す。

 一方、高速道路の東西南北を結ぶ鳥栖ジャンクションを抱え「九州交通のクロスポイント」を標榜(ひょうぼう)する鳥栖市。橋本市長は「長崎県を含めた後背地人口を考えてもらいたい」と訴える。

 将来の九州新幹線長崎ルートをにらみ、佐賀県の古川康知事は「鹿児島ルートという縦軸に対し、横軸の効果をもたらすため、大分や長崎にも声をかけている」と、長崎県との“共闘”を強調。

 佐賀、長崎両県は8月、合同で新鳥栖駅停車をJR九州に要望した。

 ■同床異夢の4県

 「九州新幹線建設促進期成会」を構成する福岡、佐賀、熊本、鹿児島4県は歩調を合わせ、JR九州に「利便性の高い運行ダイヤ」などを要望しているが、思惑は別だ。

 特に、新大阪~鹿児島中央を約4時間で結ぶ「さくら」と、3時間47分で結ぶ計画の最速新幹線「みずほ」の停車駅やダイヤをめぐっては意見が異なる。

 「みずほ」は博多、熊本、鹿児島中央の3駅だけに停車する可能性が高い。熊本市の幸山政史市長は「みずほが熊本~新大阪間3時間を切れば、関西方面に与えるインパクトは大きい」と大歓迎。これに対し、佐賀県の古川知事は「みずほ」についても、新鳥栖停車を求めていくとしている。

 ■JR九州は板ばさみ

 JR九州によると、今年9月1日までに寄せられた停車駅や利便性に関する要望は34件にのぼる。

 しかし、航空機との競争を勝ち抜くため、JR西は九州新幹線の「時短」を強く主張している。

 沿線自治体からは「(停車駅を減らしたい)JR西に対し、JR九州はがんばってほしい」とエールも送られるが、JR九州幹部は「新幹線について実績を持つJR西の意向は無視できない」と板ばさみに苦しんでいる。

 九州新幹線鹿児島ルートのダイヤ、停車駅は年末にも発表される。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100903-00000530-san-bus_all


 この新聞記事の題名は、停車駅争奪戦が新幹線にとって最悪の結果になった想定でつけられたのでしょうか?いつの時代のどこの沿線地域でも起きえるのであまり驚きませんが、起きちゃいましたね。特に、「新鳥栖」と「久留米」の駅間距離は5.7kmしかないので、高速運転を生かしたい新幹線としては、完全なる各駅停車ではなくこのどちらかに停車する組合せで列車を設定したいくらいです。最近開通した新幹線、もしくは列車には停車する駅の数が多い便がよく見られますが、沿線地域の都市人口の格差が小さい、もしくは分散されている影響もあるかもしれません(特に「東海道新幹線」沿線は都市人口の格差が大きすぎるため、「静岡県」内の駅に「のぞみ」が停まらない原因になっている。しかし、大きい視点で見れば速達型があってこそ新幹線の高速性能を生かせるので設定されることを願います。まさかすべての自治体が「全列車をうちに停車させぃ!」と言わないですよねえ。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム