日本地質学会第117年学術大会(富山大会)

 先週の三連休に、なにやら20年近くぶりに「富山大学」で地質学会の学術大会が開催されやがりました。ちょうど連休初日の土曜日に会社の講習会で「富山」に来ていたので後はそのまんま大会会場である「富山大学」を訪れて、夜は「tomoyan」の家に停めてもらいました。彼もまた自分の学科の学会の大会のためにポスター作りに励む毎日でとても忙しそうでしたが、夜のお酒が健全なところは相変わらずでしたwww。

 大会ですが、地球科学科の先生や学生、「富山」や「福井」の博物館関係者、恐竜の化石発掘に来られている方々など、学生時代に顔を合わせた方が来られていて久しぶりとも言い切れませんが再会を果たしました。また、この学科の関係者全ての大先輩である先生を偲ぶ会も行われ、ここでもOBや関係者の方々と顔を合せました。みなさんお元気そうでなによりです。偲ぶ会の主役となられた先生が去年亡くなられたのは本当に残念です(最後までお元気でしたので)。日中はポスター発表や講演などを聞いて回りました。最近はジルコンを使った年代測定がおはやりのようで。

P9197791.jpg
P9197792.jpg
 「富山」は標高約3000mの「立山連邦」と水深約1000mの「富山湾」を所有し、両者の標高差が4000m近くあるので、長年このようなアピールをしていますねえ。「静岡県」は同じようなことを言わないのでしょうか?

おまけ
P9197790.jpg

P9197789.jpg
 学生会館が取り壊されています。どうやら来年の初めころまで改修工事を行うようです(恐らく基礎部はそのまま再利用?)。「富山大学」はここ10年弱少しずつ建物を改修しています。残る古い建物は教育学部と共通塔の一部(あと工学部かな?)くらいでしょうか。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ヒバリ - 2010年09月27日 23:47:47

2年離れただけで学校の様相がだいぶ様変わりしてますね。
まあ在学中も理学部 教育学部 サークル棟 校門の前のカフェ
と割と建て替え工事は行われていましたが。まじで浦島状態です。

トモはまだ富山にいるのか。
偲ぶ会とか 年に1度来る同窓会の紙面で初めて知るものばかりですからね。
習ったことある先生が亡くなるのは残念です。

- 太郎 - 2010年09月30日 22:43:30

>ヒバリさん
 素人から見て富大は金あるんだね。しかも工事請負が僕と同期の彼が務めている会社なのがすげえ巡り合わせ。僕らと違う学科でも故人となった先生がいますね。同期があと半年、後輩が2~3年「富山」にいるからその期間が積極的に「富山」へ行けるわね。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム