「のと鉄道」に乗ってきた その1 「のと鉄道」

 「金沢」から「新潟」に映る1週間前の11月半ばに、「のと鉄道」に乗りに行きました。

 「のと鉄道」は、「七尾」を起点に現在は「穴水」までの33.1kmを、かつては「能登半島」の先端に迫る「蛸島」と「輪島」まで線路が延びていました。最盛期は総延長が114.5kmにおよぶ大規模な地方ローカル線でした。残念ながら乗客の減少と「能登空港」への投資優先による行政補助の縮小で平成13年(2001年)3月1日に「のと鉄道尾線」の「穴水」~「輪島」間(20.4km)が、平成17年(2005年)4月1日に「のと鉄道能登線」の「穴水~「蛸島」間(61.0km)が廃止されました。ちなみに「穴水」~「輪島」間には49個のトンネルがあり、南側から「い・ろ・は~」の順番に愛称がついています。

PB138090.jpg
 「和倉温泉駅」には、地元の祭りの山車の車輪が展示してありました。

PB138091.jpg
 現役の気動車(NT200形)です。「穴水駅」には、昔使われていた「NT100形」が停めてあります。

PB138109.jpg
 車窓はこんな感じです。ローカルですね。

PB138112.jpg
 「能登中島駅」には、国鉄時代の郵便車が停めてありました。

PB138092.jpg
 「穴水駅」です。かつては「能登線」と「七尾線」の分岐駅、現在は終着駅となっています。

PB138104.jpg
 「NT100形」です。

PB138105.jpg

PB138106.jpg
 「穴水駅」越線橋より、「輪島・蛸島」方面を撮影。5年前までは車止めの先にも線路が延びていました。

PB138096.jpg
 次の列車が出発するまでの間、「穴水駅」付近の廃線跡を見てみました。これは、橋梁の跡です。この付近で「能登線」と「七尾線」が分岐しているはずです。

PB138098.jpg
 踏切跡です。廃線跡を横断する、新たに敷かれたアスファルト(恐らく線路を通す溝を埋めるため)と標識が目安ですね。

PB138099.jpg
 廃線跡には線路から出たサビ汁で茶色く染まっているバラスト(鉄道路線に敷く砂利)がきちんと残っています。

PB138101.jpg
 かつて線路だった場所は、今はバラストにススキが生えている状態です。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ヒバリ - 2010年12月17日 07:49:52

廃線後とか見るとこの人の動画を思い出します。
http://tarouroom.blog89.fc2.com/blog-entry-931.html

- 太郎 - 2010年12月19日 17:57:38

>ヒバリさん
 たまにこれ関連の動画を見るけど、うp主いつも体張ってるよなあ。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム