帰省 その5 「鷲宮神社」で初詣

 3日の午前中に「静岡」を発ちました。休みはあっという間です、早速サザエさん効果に浸っております。次の連休に会う日まで、皆さんお元気で!です。乗り継ぎがよければ最短3時間で「新潟」まで行けますが、そのまま帰るのはもったいないので3年ぶりに「鷲宮神社」に初詣に行きました。ただ、正月の癖でついつい遅く起きてしまい、今日は神社によるだけで、町内をゆっくりする時間がありませんでした。

P1038279.jpg
 今日は雲が多く、新幹線の車窓から「富士山」が見えませんでした。これで天気が悪いといえる太平洋側の冬がすごいです。

P1038281.jpg
 「鷲宮神社」へは、「東北本線」の「久喜」から「東武線」に乗って1駅先の「鷲宮」で降ります。「久喜」は「東北新幹線」の駅が無いものの、すぐ隣を線路が素通りする状態で、駅設置要望も出ているらしいですが、未だにその様子は見られません。

P1038283.jpg
 「鷲宮駅」は、見た目は普通ですが、プラットホームには「らき☆すた」の一場面のモデルがあるし、駅前の店には「らき☆ほし」色になっているお店もあります。「らき☆ほし」がアニメ化されてそれをきっかけに「鷲宮町」が町おこしをしてから4年目になりますが、この町おこしを一過性のブームで終わらせない商工会の意気込みは健全ですね。

P1038284.jpg
 「鷲宮駅」~「鷲宮神社」間約1kmにかけて、このような垂れ幕が掲げてあります。他にも様々な展示品がありますよ。

P1038285.jpg
 そして、あの有名な「鷲宮神社」入り口です。僕以外にもこのアングルで撮影をしていた人が何人もいました。今日はめちゃくちゃ混んでいました。ので、この場で「かがみ」の真似をする人は見ませんでした。

 正月三日で「鷲宮神社」を参拝する人は、

平成18年(2006年):9万人
平成19年(2007年):13万人
この年半ばに「らき☆すた」が放映されて「鷲宮町」への聖地巡礼が始まる
平成20年(2008年):30万人
平成21年(2009年):42万人
平成22年(2010年):45万人
平成23年(2011年):47万人


と、ようもこれだけ続くなあと思える混みっぷりです。境内の広さの関係で、40万人を超えた時点で混雑が限界にきているそうです。正直、参拝待ちが長かったです(1時間は超えた)。冬コミ3日目の後に直接初詣に行く人も多いそうです。

 今回は撮影写真が少なかったですが、3年前の「鷲宮町」の景色は、以下の記事に挙げています ↓
5日目 その2 行っちゃいました、鷲宮神社へ

 また、「鷲宮町」の「らき☆すた」を用いた町おこしについて詳しく論文が書かれています。読んでみると、ここまで発展した経緯や商工会の行動力がよくわかります。↓
アニメ聖地の成立とその展開に関する研究 : アニメ作品
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム