「東北地方太平洋沖地震」 その3 「前震」と「余震」と別の地震の誘発について

 今回の超巨大地震では、2日前に「前震」と思われる地震が起こり、「余震」や誘発されて起きたと思われる地震も非常に多くなりました。この「余震」の影響で、被災地には数えきれないくらいの追い打ちが掛けられました。「新潟」の方でもたびたび揺れを感じ、地震速報が毎日のように飛び交いました。今回は、「前震」と「余震」を主に解説します。


 ニコニコ動画に、3月1日~4月16日までの、「日本」で起きたM4.0以上の地震をまとめた動画がありました。3月11日のあの時点(動画の2:24あたり)からの地震の数が凄まじいです。3月9日の地震が「前震」と言われていますが、この回数が従来の大地震だとおもうと、今回の地震の多さに唖然とします。

「前震」:「本震」の前に起こる地震。
 今回の地震の2日前の3月9日に、「三陸」沖でM7.3の地震が起きました。後から分かったことですが、この地震が一連の地震の前触れである「前震」の可能性が高いです。「前震」は、巨大地震の前兆現象の一つで、これを利用した地震予知が期待されますが、おこる確率が低く(大体1割)、「前震である!」と断言しにくいものです(「本震」が起きた後で「あの地震は前震でした」と分かることが多い)。

「本震」:一連の地震で最も大きい中枢の地震(今回でいう、M9.0の地震)

「余震」:「本震」のあとに、「本震」の「震源域」で起こる、「本震」の“起き残り地震”
 地震(「本震」)は、プレートに溜まったひずみが解放されて起きるものですが、これは一気に100%解放されません。どうしてもひずみの残りができるのです。その“残り部分”にエネルギーが集中し、「余震」となってひずみを解放するのです。そして「本震」が大きいほど、「余震」が起きる数とその規模が上がります。 今回の地震は、「震源域」が450km×200kmと、非常に広範囲に及んだため(Mが大きいほど「震源域」は広い傾向)、それだけ「余震」が起きる“機会”や“確立”が高まるのです。

誘発される地震:「震源域」以外の地域でも、「本震」に刺激されて起こる地震
 
 特に、地震(「本震」)の規模が巨大なほど別の場所誘発される地震の数が多くなり、それ自身も大規模になります。これは、広義の「余震」ともいえる地震です。
 「本震」の起きた翌日の3月12日には「長野」北部で、3月15日には「静岡県」でMと震度が6クラスという、単独で起きても確実に全国ニュースになる地震が起きました。これは、「東北地方太平洋沖地震」の衝撃に誘発されて起きたといわれています。確実な証拠(物的証拠)はありませんが、この近日で頻発している“状況証拠に近い”傾向から誘発が想像できるのです。「日本列島」自体が4枚のプレートの押しあいで力関係が常に不安定(特に断層部分)で、そこにM9.0というとてつもない地震が起きたので、それに刺激されて、不安定な場所がひずみを解放するために地震を起こしたのでしょう。

 3月11日以降、4月27日までの47日間に発生した「日本」国内で発生したM7.0以上、または最大震度5弱以上の余震、その他の地震は、以下の通りです(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%8C%97%E5%9C%B0%E6%96%B9%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E6%B2%96%E5%9C%B0%E9%9C%87#cite_note-20110313sankei-100

発生日時   震央地名    震源の深さ  マグニチュード  最大震度
3月09日
11時45分頃 三陸沖     約8km     M7.3        震度5弱 ← 前震の可能性

3月11日
14時46分頃 三陸沖     約24km    M9.0        震度7  ← 本震
15時09分頃 岩手県沖    約32km    M7.4        震度5弱
15時16分頃 茨城県沖    約43km    M7.7        震度6弱
15時26分頃 三陸沖     約34km    M7.5        震度4
16時29分頃 岩手県沖    約36km    M6.5        震度5強
17時41分頃 福島県沖    約27km    M6.1        震度5強
20時37分頃 岩手県沖    約24km    M6.7        震度5弱

3月12日
03時59分頃 長野県北部   約08km    M6.7        震度6強
04時32分頃 長野県北部   約01km    M5.9        震度6弱
05時42分頃 長野県北部   約04km    M5.3        震度6弱
22時16分頃 福島県沖    約40km    M6.2        震度5弱
23時35分頃 長野県北部   約05km    M3.7        震度5弱

3月13日
08時25分頃 宮城県沖    約15km    M6.2        震度5弱

3月14日
10時03分頃 茨城県沖    約32km    M6.2        震度5弱

3月15日
22時32分頃 静岡県東部   約14km    M6.4        震度6強

3月16日
12時52分頃 千葉県東方沖  約10km    M6.1        震度5弱

3月19日
18時57分頃 茨城県北部   約05km    M6.1        震度5強

3月23日
07時12分頃 福島県浜通り  ごく浅い    M6.0        震度5強
07時36分頃 福島県浜通り  約10km    M5.8        震度5強
18時55分頃 福島県浜通り  約10km    M4.7        震度5強

3月24日
08時56分頃 茨城県南部   約50km    M4.9        震度5弱
17時21分頃 岩手県沖    約20km    M6.1        震度5弱

3月28日
07時24分頃 宮城県沖    ごく浅い    M6.5        震度5弱

3月31日
16時15分頃 宮城県沖    約40km    M6.0        震度5弱

4月1日
19時49分頃 秋田県内陸北部 約12km    M5.0        震度5強

4月2日
16時56分頃 茨城県南部   約54km    M5.0        震度5弱

4月07日
23時32分頃 宮城県沖    約66km    M7.1        震度6強

4月09日
18時42分頃 宮城県沖    約50km    M5.4        震度5弱

4月11日
17時16分頃 福島県浜通り  約6km     M7.0        震度6弱
17時17分頃 福島県浜通り  約10km    M6.0        震度5弱
17時26分頃 福島県浜通り  ごく浅い   M5.6        震度5弱
20時42分頃 茨城県北部   約10km    M5.9        震度5弱

4月12日
07時26分頃 長野県北部   約20km    M5.5        震度5弱
08時08分頃 千葉県東方沖  約30km    M6.3        震度5弱
14時07分頃 福島県浜通り  約10km    M6.3        震度6弱

4月13日
10時08分頃 福島県浜通り  約10km    M5.8        震度5弱

4月16日
11時19分頃 茨城県南部   約79km    M5.9        震度5強

4月17日
00時56分頃 新潟県中越地方 約8km     M4.9        震度5弱

4月19日
04時14分頃 秋田県内陸南部 約6km     M4.9        震度5弱

4月21日
22時37分頃 千葉県東方沖  約70km    M6.0        震度5弱

4月23日
00時25分頃 福島県沖    約20km    M5.6        震度5弱



Histogram.png
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/2011_03_11_tohoku/aftershock/より
 上図は、これまでの余震の回数と規模をグラフ化したものです(誘発されたと思われる「静岡」、「長野」、「秋田」の地震が含まれているかは…不明)。4月27日までの47日間に、M5.0以上の地震(震源が浅ければ震度5や6になりえる規模)が435回、M6.0以上の地震(震源が浅ければ「新潟県中越地震のように震度6や7になりえる規模」)が75回、M7.0以上の地震(もはや1つの大地震クラス)が5回も起こっています。なお、このグラフは気象庁(上のURL)で毎日更新されています。


無題
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/2011_03_11_tohoku/yoshinhikaku.pdfより

 上図は、「東北地方太平洋沖地震」と、「北海道東方沖地震」をはじめとする過去に観測された「プレート境界型地震」の「余震」の回数を比較したものです。4月18日までの37日間におきたM5以上の余震、誘発された地震は約410回にのぼっています。これは、「日本で」1年間に発生するM5以上の地震(過去10年間)の平均120回を僅か1ヶ月ちょいで3.5倍上回っているということです。また、これまでM5以上の「余震」が最も多く観測された「北海道東方沖地震」(平成6年)の4倍近くに達しました。

 「余震」は、マグニチュードが「本震」より1低いらしいです。つまり、M8クラスの「余震」が起きることも考えられます。また、「本震」が大規模なほど回数だけでなく起こる時期も長期間にわたります。

 次回は、他の地域での地震の誘発についてもう少し踏み込みます。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム