「鳥取」旅行 2日目 「鳥取砂丘」 → 「鳥取城跡」

 1夜開けた2日目は、昨日が疲れた日であったこともあり、ゆるめの日程を考えていましたが、結果的にちっともゆるくありませんでした。


「鳥取砂丘」

 まずは、「鳥取」と言えば最も多くの人が思い浮かぶ、「鳥取砂丘」に行ってきました。「鳥取砂丘」は、日本三大砂丘の1つで、南北2.4km、東西16kmに広がる日本最大の観光砂丘です。地質百選にも登録されています。何帯のどんな地層か知ったこっちゃあありませんが、「鳥取県」の山中は花崗岩が豊富です。その花崗岩が風化してできた砂(「マサ」といいます)が海に流れ、海岸に堆積して「鳥取砂丘」としてできたそうです。そのため、砂がとてもきれいです。

P5028568.jpg
 海岸から1~2km離れた道路からでもこんな景色が見えます。

P5028531.jpg
 入口から見た、海よりの景色です。広すぎます、これでも全体の一部でしかないのが驚きです。

P5028533.jpg
 ラクダに乗りました(キラッ!。こぶに触ってみましたが、脂肪の割には硬さがありました。なんだかラクダが連休の疲れか?そっぽを向いていました。

P5028538.jpg

P5028549.jpg

P5028539.jpg
 砂丘の最も高い“山”の一つである、「馬の背」です。高さはなんと、60mもあります。全部砂山です。傾斜は45度くらいあり、海岸に向けてずっと下っています。

DSCF8521.jpg
 てなわけで、走り抜けてみました(「ヒバリ」撮影)。「富士山」の「御殿場登山道」にある砂走りみたいに、華麗に疾走できました。大体20秒ほどで海まで60m下れました。練習すれば、15秒をきれるかも。

P5028541.jpg
 下からみた様子です。「えっ!ここ登るの?」と思いました。まあ、迂回して緩やかに上ればそんなに大変ではありませんが、一度は最短で直に登りたい、という安易な発想でここ、登って帰りました。

P5028544.jpg
 下りは天国ですが、登りは地獄です。砂に足を取られて45度の急斜面を登るのですから。心拍数がよゆーで120をこえてオーバーヒートしそうになり、かろうじて登りきった後は、上の写真のようになりました。若者たちが僕と同じように疾走をして登って戻ってきましたが、みんなグロッキーでした。中には、仲間から「顔上げろよ~ww」と言われてました、可哀そうに。経験者の「ヒバリ」は、「予想通りだった」と言ってましたwww。


P5028550.jpg

P5028542.jpg

P5028557.jpg
 反対の陸地側の斜面です。下は水がたまっているオアシスです。こっちはくだっても緩やかに上る場所があるため、楽です。

P5028554.jpg
 「ヒバリ」が疾走してきました。他人から見ると、下っている人は非常に速いです。

P5028558.jpg
 オアシスの水は、近くの川の伏流水が染み出してきたものです。

「鳥取城跡」
 その後、駅前のカレー屋さんでカレーを食べて「鳥取城跡」を見に行きました。「鳥取県」は、「日本」でもっともカレーの消費量が多い都道府県だそうです。「鳥取城」は、標高263mの「久松山」(きゅうしょうざん)の上に聳え立つ平山城です。
P5028573.jpg
 こんな山の上に城があるのです。登るだけでもけっこうなのに、この上に人力で城を作ることが想像つきません。

P5028575.jpg
 近くに歴史博物館がありました。土器復元コーナーがあったので、元の木阿弥に戻してみました。

P5028579.jpg
 麓には、「仁風閣(じんぷうかく)」という、洋館が立っています。「仁風閣」は、明治40年(1907年)、当時の皇太子嘉仁親王(のちの大正天皇)の山陰行啓時の宿泊施設として鳥取城跡の扇御殿跡に建てられました。

P5028582.jpg
 皇族専用の御休所などが2階に備えられています。

P5028581.jpg

P5028589.jpg
 心柱の無い螺旋階段がありました。構図はとある資料を参考にさせていただきました。

P5028595.jpg

P5028596.jpg
 麓には、豪華な石垣が残って・復元されていました。石垣の石は、花崗岩や安山岩が多いようです。

P5028603.jpg
 そして、山頂まで登りました。最近暑いので、かなり汗だくになりました。上には、天守閣の跡らしき石垣がありました。考査の影響か?残念ながら「大山」などの景色は拝めませんでした。かろうじて、「鳥取砂丘」は見渡せました。

P5028609.jpg

P5028610.jpg

P5028612.jpg

P5028614.jpg
 近くには、廃止になったロープウェイの山頂駅?跡がありました。マニアが来そうですね。

 そんなこんなで、のんびり日程の予定がパーになるくらい歩きまわりました。そして、体中に砂丘の砂をおんもちかえりぃ~いたしました。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

こんにちは - 旅行好き - 2011年05月18日 01:54:37

ちょっと気になる情報が載っていましたので立ち寄らせていただきました。
また機会ありましたら立ち寄らせていただきます。
その節は、よろしくお願い致します。

Re: こんにちは - 太郎の部屋 - 2011年05月20日 22:08:06

>旅行好きさん
 はじめまして、ブログに立ち寄っていただき、ありがとうございます。またの訪問を楽しみにしています。これからも、よろしくお願いいたします。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム