「鳥取」旅行 4日目 「鳥取」 → 「岡山」

 この日は、「鳥取」から「岡山」へ「ヒバリ」のご両親に連れて行ってもらいました。おそらく今日が一番のんびりしていた日です。

P5048681.jpg
 「鳥取県」と「岡山県」の境付近。宅配車両が宅配されいていました。

P5048683.jpg
 途中にループ橋がありました。

「岡山城」
 「岡山」到着後は、今までお世話になった「ヒバリ」のご両親方と別れました。そのあとは近くにある「岡山城」と「後楽園(「東京」とは別のもの)」へ行きました。
 「岡山城」は、戦国時代末期に「豊臣秀吉」より「宇喜多秀家」に授けられた城で、「関ヶ原の戦い」の跡は一時期「小早川秀秋」の居城ともなっていました。

P5048690.jpg
 4重6階の立派な天守閣です。残念ながら天守閣は、大東亜戦争末期に米軍の空襲で破壊され、今では鉄筋コンクリート天守閣として復活しています。「日本」の城の天守閣は全体的に白いもの(「姫路城」、「会津若松城」など)が「徳川幕府」に忠実な大名の城、全体的に黒いものは(「熊本城」など)「徳川幕府」に反抗的な大名の城といわれています。「秀吉」時代の「大阪城」の天守閣が黒かったことから、「秀吉」に忠実な大名が黒い天守閣を造ったところからきているようです。なるほど納得です。

P5048691.jpg
 天守閣からの景色です。「岡山」市内や「後楽園」が一望できます。しかしまあ、この旅行では行く先々で靄がかかっていますね。雨が降らないだけまともとも言えますが。

P5048696.jpg
 「宇喜多秀家」時代の石垣が所々掘り出されていました。石垣は大体が花崗岩でした。

P5048698.jpg
 唯一残った現存の櫓があります。重要指定文化財ですが、敷地の隅にあって人気が少なかったです。

「後楽園」
 「後楽園」は江戸初期に「岡山」藩主の「池田綱政」によって造営された、元禄文化を代表する庭園で、「日本」の3名園(「金沢市」の「兼六園」、「岡山市」の「後楽園」、「水戸市」の「偕楽園」)の一つです。

P5048701.jpg

P5048711.jpg

P5048712.jpg

P5048715.jpg

P5048702.jpg

P5048707.jpg
 庭園内ではこのような景色が鑑賞できます。様々な植物や辻山、水の流れる休憩場(足湯と間違えてはいけません)などがあります。場所によっては「岡山城」の天守閣を見ることができます。

 その夜は、まったり過ごしました。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム