「鳥取旅行」 5日目 「岡山」 → 「名古屋」→「静岡」

 5日目は「岡山」から「名古屋」の「リニア・鉄道館」を訪れつつ「静岡」に滞在しました。朝に「ヒバリ」と別れを告げて新幹線で一路東へ向かいました。

P5058717.jpg

P5058721.jpg
 「新大阪」までは、「九州新幹線」最速列車の「みずほ」に乗って行きました。車両は「700系7000番台」で、最高速度は「山陽新幹線」内では300km/h(「九州新幹線」内では260km/h)です。「九州新幹線」にある35‰の勾配でも走れる設計です。室内は、木製風の作りになっていました。

P5058722.jpg

P5058724.jpg

P5058726.jpg
 「新大阪駅」です。現在27番線の線路とプラットホーム、2本の留置線を増築中です。あと1~2年で完成し、「新大阪駅」は5面8線の巨大駅になります。そして、「のぞみ」を片道1時間につき10本さばけるようになります。

「リニア・鉄道館」

P5058728.jpg
 「リニア・鉄道館」は、今年の3月に「名古屋」にできた、「JR東海」が所有する鉄道博物館です。さいたまの鉄道博物館のように、かつて現役で動いていた車両が多数展示され、鉄道の仕組みについて分かりやすく展示してあります。規模はさいたまの方より小さいものの、新幹線やリニアについて重点的に展示してあります。

P5058735.jpg

P5058750.jpg
 一番の目玉ともいえる「0系」です。「東海道新幹線」が開通した昭和39年(1964年)10月~平成20年(2008年)12月の、実に44年にわたり活躍してきた車両です。そして、「日本」の、世界の高速鉄道のパイオニアとして斜陽と言われていた鉄道を大きく道が選らせた存在でもあります。ここでは、割かし初期に多かった広い窓の車両が展示されていました。

P5058736.jpg

P5058745.jpg
 「シンデレラエクスプレス」と称された「100系」です。新幹線としては、初めて2階建て車両が組み込まれました。現在は「山陽新幹線」内で4両編成の「こだま」として現役稼動しています。ただし、今後新型車両が増えていけば近いうちに引退するかもしれないので、早めに乗っておくべき車両でもあります。

P5058759.jpg

P5058760.jpg
 「クハ111形式電車」です。湘南電車とも呼ばれ、「東海道本線」の通勤電車で近年まで活躍した最初の新性能近郊形電車です。「東海道本線」の沿線の人にとっては最もなじみ深い電車の一つでしょう。「静岡」では車体の色が茶とみかんに似ているためかなり親しまれていました。

P5058766.jpg
 蒸気機関車として非常に有名な「C57」です。おおよそ35年前まで活躍し、現在ではごく一部が動態保存されています。

P5058767.jpg
 このように、廃車になった、もしくは今後減少する車両が多く展示されています。

P5058786.jpg
 「ドクターイエロー」と呼ばれている、電気軌道総合試験車です。かつて活躍していた「0系」型の「922形」です。通過時間を把握していない限り、普段はほとんど見ることのない幻の車両でもあります。

P5058791.jpg

P5058800.jpg

P5058805.jpg
 現在、敷地面積が日本一広い鉄道ジオラマがありました。ジオラマは「東海道新幹線」沿いの町や景色を基に作られ、様々な時代の列車が走ります。1編成あたりの車両数も実際の数に合わせて作られています。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム