「静岡鉄道静岡清水線」、15年ぶりの急行復活!!

 今年の10月1日に、「静岡鉄道静岡清水線」のダイヤが改正されて15年ぶりに急行が復活しました。かつて「静岡鉄道静岡清水線」では、朝夕のラッシュ時に3~4本に1本の割合で急行が運転されていましたが、平成8年(1996年)3月1日のダイヤ改正で廃止になりました。以来、全てが普通列車の日が15年6カ月にわたり続きました。


静岡鉄道ダイヤ
 今回のダイヤ改正で設定された急行の停車パターン図です。参考としてかつての急行の停車パターンも載せました。停車パターンは「新静岡」発「新清水」行き(急行)と「新清水」発「新静岡」行き(通勤急行)で若干異なっています。「音羽町」の代わりに「日吉町」に急行が止まるようになりました。各駅の利用者数の変化によるものでしょうか?
 かつての急行とも全体的に比較してみると、停車駅の大半は共通します。とくに「草薙」~「桜橋」間の各駅停車はすべて一致します。急行は乗降客の多い駅に停めるよう設定したので、停車パターンが異なるようになったのでしょう。また、「新静岡」寄りの駅の多くを通過するのは利用客数以外にも、それらの駅間距離が短いという理由が考えられます。

所要時間は普通とくらべて5~6分短縮されています。普通の所要時間は細かく見れば21~22分と若干の幅があります。急行運転時は22分、それ以外では21分です。また、「県総合運動場」で普通との緩急接続を果たします。「県総合運動場」は待避線を所有する2面4線の駅で、追い越し・待避が可能であります。今回のダイヤでは追い越し・待避は無く、待避線を緩急接続に利用する形です。ちなみに、このダイヤ改正4日後の10月5には「新静岡」のターミナルビルである「新静岡センター」が「新静岡セノパ」としてリニューアルオープンしました。それに合わせた改正ともいえます。




 早速ニコニコ動画に急行の前方風景がうpされていました。自分が平日の朝走るこの列車に乗れる機会は非常に少ない(物理的かつ生活習慣的に)ので、こういう動画はとてもうれしいです。

 余談ですが、「入江岡駅」(急行は通過しますが)周辺は、漫画・アニメ「ちびまる子ちゃん」のモデル舞台です。アニメでは、「入江岡」~「桜橋」間の越線橋(上の動画の17:20~18:40あたり?下の動画の3:00~3:30あたり?)上の風景がよく登場しますよ(たとえば、「藤木」がクラスメイトの「笹山」さんに、自分ではオシャレなつもりの服装を「それ、変じゃない?」と突っ込まれて卒倒した場面とか)。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム