「富山地方鉄道」のターミナル駅、「富山駅」の名前は何故「電鉄富山」になっているのか?

 私鉄の駅名の頭には、その会社名の略称を入れることがあります。これは、他の鉄道会社(特にJR)も乗り入れる駅に使われ、自分の会社を宣伝するのと同時に駅名が完全にかぶるのを防ぐ効果があります。特に、複数の鉄道会社が同じ駅名を使っていても互いの駅が1、2㎞離れていることもあり、間違いを防ぐ意味でつけるともいえます。


「京王電鉄」:「京王八王子」
「京阪電気鉄道」:「京阪山科」、「京阪石山」
「京浜急行電鉄」:「京急蒲田」、「京急川崎」、「京急鶴見」、「京急久里浜」
 

さらには、かつて「東京メトロ」(正式名称は「東京地下鉄株式会社」)は「営団地下鉄(「帝都高速度交通営団」の略)」と呼ばれていました。会社名が変わったことにより「有楽町線・副都心線」の「成増」と「赤塚」に相当する駅がそれに合わせて

「営団成増」→「地下鉄成増」
「営団赤塚」→「地下鉄赤塚」


となったのです。ずいぶんと直球な名前になりましたね。

「電鉄富山」の場合は?
 かつて「富山地方鉄道」は「富山電気鉄道」という名前でした。「電鉄富山」の「電鉄」は昔の「富山電気鉄道」からとったのです。名前が「富山地方鉄道」に変わったときに「地鉄富山」にでもすればすんなりしたのでしょうが、昔の会社の略称をそのまま現在まで使い続けているということです。
何故でしょうか?「富山」が保守的な地域性を持つ街だからか?昔の会社名への思い入れが強いのか?
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム