「京急」の三線軌条 その1 概要

 せっかく「関東」に立ち寄ったので、コミケ3日目に行く前に「京浜急行電鉄逗子線」にある三線軌条を見に行きました。三線軌条とは、車輪の幅が異なる2種類の列車を走らせられるように線路を3本敷いたものです。まあ、下の写真を見て原理を解釈してください。

 「京急」の線路幅は新幹線と同じ標準軌(幅1435mm)で、JR在来線の狭軌(幅1067mm)と異なります。「京急逗子線」の「金沢八景」の隣には「東急車輛製造」、すなわち鉄道車両を造る工場があります。その完成車両を「逗子線」を経由してJRの「横須賀線」に輸送しています。しかし、「逗子線」と「横須賀線」は線路幅が異なるため、輸送区間が三線軌条になっています。

PC318613.jpg

PC318617.jpg
 終着駅一つ手前の「神武寺駅」より撮影。標準軌である「逗子線」の線路(右方向)と狭軌である回送線の線路(左方向)が分岐しています。線路の幅によって振り分けられる分岐器なので、結構シンプルです。回送線はここで「逗子線」の線路に合流して「金沢八景」まで続きます。

PC318618.jpg
 線路の使用頻度の多い順に、左端>右端>その間、となります。間にある線路は狭軌幅の回送列車の時のみに使われるので、普段「京急」の車両が使う両端の線路よりも若干さびが残っています。

PC318622.jpg
 「金沢八景」にて撮影。ここで見る限りでは、線路の継ぎ目が「逗子線」用(青色矢印)と回送線用(黄色矢印)で位置をずらしておかれています。そのほうが丈夫だからでしょうか?(シールドトンネルの壁の継ぎ目を互い違いにしているのと同じ原理?)

PC318625.jpg
 「金沢八景」より「新逗子」側を撮影。三線軌条の分岐器は、間に回送線用の線路が1本通っているため、多少複雑な造りになっています。

PC318623.jpg

PC318624.jpg
 「金沢八景」より「金沢文庫」側を撮影。回送線が「東急車両製造」へ向けて、「京急」の線路から分かれていきます。狭軌の線路は1本道で分岐器に関係なくのびています。




狭軌と標準軌の両方がどちらにも分岐する場合
800px-Hakone-Itabashi-Dualgauge.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Hakone-Itabashi-Dualgauge.jpgより。

800px-Riding-past-crossing-3rail.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Riding-past-crossing-3rail.jpgより。

 上の2枚の写真は「箱根登山鉄道」にある三線軌条の分岐器で、「京急」と違って三線両方ともが2方向に分岐しています。狭軌が片方のほうにだけ分岐する「京急」のそれよりも複雑な構造になっています。残念ながら、これらの分岐器は平成18年の配線改造で廃止されました。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム