「新東名・名神高速道路」のトンネルの延長は全て5km未満

 今年の4月に「新東名高速道路」が部分開通して「静岡県」内の交通の流れが大幅に変わりました。「新東名高速道路」は従来の「東名高速道路」よりも山あり谷ありの山間部を走る分長大トンネルが多いですが、全てのトンネルの延長は5km未満になっています。

 何故かと言いますと、危険物積載車の通行を可能にするためです。消防法により、危険物積載車は延長が5km以上のトンネルの通行を禁止されているのです(←「関越トンネル」、「飛騨トンネル」、「恵那山トンネル」などがモロ引っかかる)。しかし、「日本」の大動脈となるこの路線にこのような制約をつけるのは、色々と不便なものです。そこで全てのトンネルの延長を5km未満としました。

 近年開通する高速道路で5kmを超えるトンネルが1つもないのは結構珍しいとも言えますが、「新東名・名神高速道路」は片側3車線で設計されているため、トンネルの断面積が片側2車線の高速道路トンネルの2.3倍になります。「新東名高速道路」で最も長い「金谷トンネル」(延長4663m、断面積190㎡)の掘削量は、片側2車線の高速道路トンネルに単純換算すると10722m分にもなります。

 ちなみに、「新東名・名神高速道路」は片側3車線で計画されていますが、なんやかんやな事情で当分は片側2車線として運用されます。ただし、3車線化にできるよう、その分の用地買収は完了させ、トンネルや長大橋梁などは3車線の幅で造っています。設計速度は120km/hとされていますが、140km/hでも十分に走れる線形をなしています。ただし、140km/h運転は警察関係者が断固反対の姿勢をとっているため、当分は普通の高速道路と同じ100km/h制限になりそうです。「静岡県」が140km/hの実現化の要望を出しているらしいので、ひょっとしたらかなう日が来るかもしれませんが、とにかく今はネズミ捕りが激しいらしいです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム