100万都市の「広島」で路面電車が発展した理由

 かつて「日本」の各都市には多くの路面電車がありましたが、昭和30~40年代のモータリゼーションを機にほとんどが廃止されました。ただし、100万都市のように車だけでは都市内の交通需要をカバーできない都市には路面電車に変わって地下鉄が台頭しました。つまり、多くの都市、特に100万都市では路面電車を廃止する、それに加えて地下鉄へ置き換えることが当時の常識だったのです。

 その100万都市で唯一の例外が「広島市」でした。現在路面電車網がこれだけ発達しているのには、以下の理由があります。

路面電車の意義を見失わなかった
 モータリゼーションが進展しているころ、「広島市」中心でも車増加による渋滞で路面電車の存続が問題視されていました。それに対して、路面電車を所有する「広島電鉄」の関係者が「広島市」や「広島県警」などに路面電車を存続させてくれるよう説得を続けました。同時に「広島県警」も独自に調査団を当時路面電車が多数残っていた「ヨーロッパ」へ視察を行いました。「ヨーロッパ」の都市では路面電車は進化を続け、中心地の渋滞緩和のための方法としての新たな役割を任されていました。

 視察や検討の結果、代替交通機関が決まらないまま路面電車を廃止したら、中心街に大量の車が集約してさらなる交通環境の悪化を引き起こすという結論に至り、辛うじて存続が叶いました。

 「日本」の多くの路面電車所有都市では、車の通行を円滑にするために悪く言えば場当たり的に路面電車が廃止され、結果中心街の交通渋滞が激しくなり、最近になって路面電車の価値が見直されてきました(路面電車復活を考えている都市はいくつかあるが、様々な問題で実現しない都市が多く、それに成功しているのは今のところ「富山市」くらい)。

 最近の「富山市」の路面電車復活・発展の運動を、それより前に「広島市」が考えて実現させていたのです。
 さらに新線・新駅の建設計画やら車両の更新やらで、「広島」の路面電車は今でも進化をつづけています。


市街地が三角州にあるため、地下鉄が造りにくかった
 他の多くの100万都市と同じく、路面電車を廃止してその代わりに地下鉄を走らせる方法もありました。しかし、「広島市」ではこれも行いませんでした。それは、「広島市」中心部は「太田川」河口部の三角州に位置し、地下水脈や地質などの問題から当時の技術では大規模な地下鉄建設が難しかったからです(地下鉄の建設自体には莫大な費用を要するので、100万都市といえども建設の決断はかなり重いものがあります)。ちなみに、現在では一部地下路線として市の中心部を南北に走っている「アストラムライン」が、唯一の地下鉄として活躍しています。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ヒバリ - 2013年09月03日 15:12:47

バブルのころに作ろうと思えば作れたけど、1994年の広島アジア大会のためにアストラムライン作ったせいで地下鉄を作る金がなくなった。
と言われている。
広島市は財政難だからもう一生作らないと思うわ。

- 太郎の - 2013年09月08日 23:21:37

>ヒバリさん
 なるほどな。それに金をかけすぎたんだね。あれも延伸計画があると聞いたが、実際やるかどうか気になる。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム