「東北」旅行 6日目 その1 「碓氷峠鉄道文化むら」

 「東京」から「新潟」へ戻る途中、「信越本線」の廃線跡を見に行きました。場所は「碓氷峠」が間にそびえる「横川」~「軽井沢」間で、鉄道マニアにとってはあまりにも有名な場所です。明治25年(1893年)から「北陸新幹線」が部分開通する平成9年(1997年)の104年もの間鉄道路線が通っていました。

 両駅の駅間距離は11.2kmですが、高低差は552mもあります(海抜は、「横川」が387m、「軽井沢」が939m)。そのため、駅間のうち約8kmが66.7‰もの勾配になっています。←66.7‰は、tanθ=66.7/1000≒1/15(θ≒3.8°)の傾斜です。ぶっちゃけ、15m進むと1m上下する坂道です。

 鉄道にとってはあまりに急なこう配のため(普通は25‰、33‰で相当急な部類)、建設当時は「アプト式」と呼ばれる、路盤にギザギザのレールを設置し、特殊機関車に取り付けた歯車と噛みあわせてこの区間を走破していました。しかし、それでは平均速度速度が9~18km/hと遅くて輸送力に問題が出たため、昭和38年(1963年)に同じ勾配の新線が建設されてそこを強力な電気機関車(「EF-63系」)のけん引で走破するようになりました。昭和41年(1966年)には複線化されました。

 残念ながら平成9年(1997年)に「北陸新幹線」が開通したと同時にこの区間は廃止されました。この区間は「北陸新幹線」が開通する分通る列車や乗客が減る一方、峠越えの車両や設備などの費用が割高で採算が合わないため、「群馬県」と「長野県」で廃止反対運動を行った努力にもかかわらず廃止が決定したのです。しかし、いずれ観光鉄道として復活させる構想を持っているらしく、廃線跡はかなり整備されています。


P3199194.jpg
 「横川駅」から「軽井沢」方面を撮影。かつては、この先にもずっと複線の線路が延びていました。


P3199059.jpg
 「横川駅」構内で廃線になった部分を利用して「碓氷峠鉄道文化むら」が造られました。ここには、主に「碓氷峠」越えに携わった鉄道車両が多数展示されている鉄道保存施設です。


P3199060.jpg
 「碓氷峠」を超える線路は66.7‰というとてつもない勾配のため、当時の車両、特に蒸気機関車では太刀打ちできませんでした。そこで、線路間にラックレールと呼ばれるギザギザのレールを通し、専用車両の床下に着けた歯車を噛みあわせて通過していたのです。

P3199076.jpg

P3199080.jpg
 かつて、この区間のけん引をになっていた「ED421系」です。この区間は蒸気機関車で運行するにはかなりのリスクがありました(パワーが足りない、線路が傾いているため、トンネル内で煙が逆流するなど)。そのため、電化も早かったのです。

P3199078.jpg
 床下には、ラックレールと噛みあわせるための歯車が取り付けられています。歯車の歯は位相をずらして3列並んでいます。これは、歯を1列にするよりもかみ合わせがいいからです。この方式を「アプト式」と呼び、「大井川鉄道井川線」の「アプトいちしろ」~「長島ダム」間の90‰勾配区間にも採用されています。

P3199062.jpg

P3199065.jpg
 施設内には、在来線時代の「あさま」が展示されていました。

P3199069.jpg

P3199072.jpg

P3199074.jpg
 こちらは、アプト式が廃止された昭和38年(1963年)以降けん引車として活躍した「EF63型」機関車です。車両技術が進歩してアプト式が必要なくなっても、この区間だけは強力な機関車のけん引が必須なのです。これにより、「横川」~「軽井沢」間の所要時間が半分になりました。

P3199079.jpg
 「EF63型」の連結器は、密着式と自動式の両方が取り付けられ、ほとんどすべての車両と連結できるようにしてあります。

P3199112.jpg

P3199193.jpg
 奥のヤードには、多くの国鉄時代の鉄道車両が展示されています。これだけ多くの車両を見れる場所は、「日本」国内にそうは無いでしょう。ただ、屋外に展示されているためか?車内には入れませんでした。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム