「生野銀山」 その1 坑道見学(主に江戸時代)

 「生野銀山」は、今から1200年前の平安初期(らしい)に開山され、以来戦国時代から昭和の後半までを代表する鉱山となりました。「銀が砂利のように取れる」とも言われるほどでした。坑道全長は約350km、最深部は地下880mにもおよびます。江戸時代までは銀が主体、それ以後は銅や錫が主体に採掘され、「日本」を代表する鉱山でしたが、昭和48年(1973年)に鉱脈の現象と採掘位置が深くなりすぎて山はねの危険性や不採算化(深い=遠い=設備に金が、移動に時間がかかる)により閉山しました。今では観光地として行動の一部(約1000m)が一般公開されています。「生野銀山」の観光の目玉は、明治以降の近代坑道に沿って江戸時代の狭い坑道が並行して見られること、大規模な立坑エレベーターの巻上機や機械を入れる空間が見られるこです。

IMGP41950.jpg
 観光用坑道(金香瀬坑道)の出入り口です。左側が明治に建設されたフランス式の石積み坑口で、現役時には線路が通り鉱山鉄道が走っていました。右側が出口である、江戸時代式の坑口です。

IMGP4303.jpg
 観光用坑道周辺の坑道見取り図です。これは、「生野銀山」全体の内のほんの一部ですが、これでも1km四方です。ピンク色が観光用坑道、金色が立ち入り禁止の坑道です。立ち入り禁止の坑道は、観光用坑内や外からの坑口で確認できます。

IMGP4301.jpg
 江戸時代の坑道絵図です。当時もこれだけの坑道網が張り巡らされ、これらを絵図にするだけの把握力があったのです。

IMGP4200.jpg
 入口から入ると、すぐに素掘りの坑道になります。これは、近代に掘削された広い坑道でこれに沿って江戸時代に掘られた坑道が並行しています。

IMGP42031

IMGP4209.jpg

IMGP4212.jpg

IMGP4206.jpg

IMGP4235.jpg

IMGP4237.jpg
 江戸時代に掘られた坑道が、観光用坑道から堪能できます。当時はノミと鎚で人一人がやっと這ってすすめるほどの狭い坑道が命懸けで掘られていました。人形と比較しても、当時の坑道がいかに狭かったのかがわかると思います。余談ですが、行動に展示されている人形が「佐渡金山」のそれ(→http://tarouroom.blog89.fc2.com/blog-entry-1017.html)と比べて若干イケメン色をだしているようです。それでもこれはこれで生々しいですね。

IMGP4277.jpg
 当時は、ヘルメットもかぶらず作業をしていましたが、よく考えたらすごい時代です。あかりは、サザエの殻に菜種油をいれて灯すという、当時の知恵をうまく活かす方法で確保していました。

IMGP4202.jpg

IMGP4207.jpg
 当時の道具の使用状況です。

IMGP4276.jpg
 このへんの人形はイケメン度が減って「佐渡金山」のアレっぽくなっていました。

IMGP4208.jpg
 江戸時だぢの坑道にも換気用として立坑は掘られていました。この立坑は地上に通じているらしいです。

IMGP4278.jpg
 測量の様子です。

IMGP4282.jpg

IMGP4231.jpg
 錫などの鉱脈です。鉛色っぽい色をしているのが鉱脈です。昔の人は露頭の調査だけでなく、植生や川の水の味から鉱脈を探していたらしいです。

IMGP4214.jpg
 どうでもいいけど、断層粘土がありました。左上から右下にかけての白い薄層がそうです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム