「明延鉱山」 その3 外の展示物

IMGP4358.jpg

IMGP6303.jpg

IMGP4352.jpg
 外には、かつて活躍していた鉱山鉄道車両が展示されていました。「明延鉱山」で採掘された鉱石は山をひとつ隔てた「神子畑選鉱所」へ運ばれます。当初はロープウェイや荷馬車で輸送されていましたが、昭和4年(1929年)に山を貫く長大トンネル(3997m)が開通して鉄道主体の輸送にかわりました。この鉱山鉄道は一時期一般人にも乗車料金1円で開放されました。しかも、それは貨幣価値が上がっても1円のままでした。地域の重要な足となった「1円電車」でしたが、その話が全国に広まり観光客や鉄道マニアが集まりすぎて本来の作業員や鉱石の輸送にも支障が出てきたため、後に一般人乗車禁止に戻ってしまいました。

IMGP6306.jpg
 外の様子です。まだ雪です。当たり前ですが、太古から地表より掘り進められた鉱山は、岩盤が地表まで露出していて岩だらけですね。

IMGP6308.jpg
 山の上に、「大寿立坑」の巻き揚げ施設があります。つまり、あの建物から直下420m以上立坑が続いています。

IMGP6309.jpg

IMGP6311.jpg
 江戸時代の採掘跡です。これは、直下の体験坑道に続いています。

IMGP6313.jpg
 このへんの岩石は、圧力・熱変性したっぽい、一定の方向に劈開をもった泥岩?でした。石の印象については、ここだけの話で。

IMGP4356.jpg
 坑道の平面図です。すごい量です。全長550km…よくこれだけの坑道を掘り進めてそれを地図に正確に残したものです。しかも、かつての「日本」ではこういう鉱山がいたるところで創業していました。

IMGP4353.jpg

IMGP4355.jpg
 立体地図です。針金を使って平面図を忠実に立体化しています。当時の従業員によって作られたものでしょうが、有名な博物館に展示してもらいたいくらい見ごたえのある立体地図でした。

IMGP6318.jpg
 鉱脈は写真右の黄色矢印のように、高角度で一定の方向に、ある程度の間隔で傾斜して分布します。そのため、坑道が鉱脈のある部分に集中して掘られているのがわかります。

IMGP4424.jpg
 体験坑道あたりの断面図です。この辺は、30m間隔で18層の坑道が水平に延び、地下約520mまで掘り進められていました。

IMGP6322.jpg
 展示室には、当時の機械、道具、線路の部品など、様々なものが展示してありました。手作り感いっぱいの展示室ですが、これが逆に、普通の博物館よりもマニアックな展示をできる原因になっているでしょう。

明延鉱山の地質
 「明延鉱山」の地質は、非常にバラエティに富み、多種類の鉱物が見つかったことで世界的にも有名です。この地域では40種もの鉱物が発見され、これだけの種類が一つの山で見つかる場所は世界的にも非常に珍しいです。閉山直前には、世界中の地質学者が鉄道のさよなら運転に集まる鉄道マニアのごとく集まったとか。
 このへんの地質は、チャートが所々点在する変性した泥岩、砂岩(時代はペルム紀)が主体で、そこに花崗岩や安山岩や流紋岩が割り込んでいるという、地質図が退屈しない多種類の岩石が分布しています。鉱脈自体も更に深部にずっと続いていると言われ、太古から銅が主体でしたが明治に錫や亜鉛の鉱脈が発見され、噂では金鉱脈がでたとか言われているように、調査しだいではまだまだ色んなものが出てきそうです。

IMGP4422.jpg
 某大学とかで展示されている鉱物や岩石が目白押しです。これが全部一つの鉱山、山から採取されたのだから驚きです(普通の博物館展示では、他の県や国から寄付してもらったものが多い)。

IMGP4421.jpg
 錫の鉱石です。白い帯(石英?)の中心にある銀色の細い帯が錫です。

IMGP4423.jpg
 蛇紋岩までありました。このへんの山はチャートといい、蛇紋岩といい、海底やプレートの沈み込み帯で出来たと言われる石も分布していますね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム