「瀬戸内」旅行 2日目 その1 「鉄のくじら館」と「大和ミュージアム」

 2日目は、「呉市」を探訪しました。まず訪れたのは「鉄のくじら館」と「大和ミュージアム」です。

「鉄のくじら館」

 「鉄のくじら館」は「海上自衛隊呉史料館」の愛称で、主に掃海活動と潜水艦の展示を行っている「海上自衛隊」の博物館(無料)です。

掃海活動についての前置き
 世間では「海上自衛隊」といえばイージス艦や潜水艦やヘリ空母などをイメージされやすいですが、掃海活動もそれと同等の、欠かすことのできないものです。掃海活動は海上に仕掛けられた機雷(陸で言う地雷で、船を撃沈させるための罠)を除去する活動です。先の大戦で「日本」近海には大量の機雷がばらまかれ、「日本」は海上封鎖されました。都市空襲や原爆投下がなくとも「日本」は海上封鎖による兵糧攻めで実質敗北が決定的となり、戦後も復興のためには海上に仕掛けられた機雷除去という非常に危険な活動が必要不可欠でした。現在でも残りの処理が行われ、さらには現代戦においても戦略的に仕掛けられる様々な機雷に対処する技能が海軍としては欠かせないというわけです。そのため、「鉄のくじら館」では掃海活動に関する展示にフロア2階分を丸々使っています。

IMGP8340.jpg
 「鉄のくじら館」の外見です。この敷地には、昭和61年~平成16年まで現役で活動していた「ゆうしお型潜水艦 あきしお」が実物展示されています。全長76m、満載排水量は2900tにもおよぶ、世界最大級の通常動力型潜水艦(←ディーゼルで動く、゛原子力じゃない゛潜水艦のこと)です。ちなみに、スクリューは機密事項のため、ダミーに差し替えられています。

IMGP8280.jpg
 20mm機関砲です。これで、海上に浮上させた機雷を打ち抜き爆破処理します。

IMGP8276.jpg
 機雷です。様々な仕組みのものが様々なパターンで仕掛けられ、地雷と同じく数十年経っても危険性が生きています。

IMGP8277.jpg

IMGP8282.jpg

IMGP8281.jpg
 機雷を探知、除去する機会です。これらで機雷を見つけて機雷を繋いでいるアンカーを切断させて海上へ浮上させますが、細かな作業は今でも生身の人間が行っています。

IMGP8289.jpg
 潜水艦に搭載されている魚雷です。十中八九ダミーでしょうが、中身は精密機械が詰まっています。

IMGP8288.jpg

IMGP8286.jpg
 館内には、潜水艦の寝台や椅子(=食料貯蔵庫)が模擬展示してありました。見るからに狭苦しそうです。

IMGP8292.jpg

IMGP8294.jpg
 潜水艦「あきしお」の中は、発令所などの一部は見学ができます。中は撮影禁止なので、外からのこれが精一杯です。昔は中を撮影できたそうですが、色々機密関係が絡んでいるのでしょうか。中はとにかく狭く、いたるところに配管やらバルブやら機械が複雑に入り組んでいました。この中で何日も陽の光を浴びることなく業務に励むのは相当な精神力が必要でしょう。


「大和ミュージアム」
 「大和ミュージアム」は「呉市海事歴史科学館」の愛称で、「戦艦大和」を中心とした。「呉」の海軍歴史博物館です。一貫して歴史を淡々と展示し、一切の思想表示はせず、俗にいう右よりにも左よりにも関わらない博物館で、それぞれの歴史認識や汲み取りは来場者に巻かせる方針をとっています。

IMGP8299.jpg
 「戦艦陸奥」の41cm砲です。現在の戦闘艦についている砲より遥かにでかいです。これらの戦艦が発達した時代は、「大艦巨砲主義」という、「でっかい船にでっかい大砲積めば最強」いう考え、戦闘方法が主流で、各国がでかい(=口径が大きい)砲の開発に勤しんでいました。

IMGP8337.jpg

IMGP8335.jpg

IMGP8321.jpg
 「戦艦大和」の10分の1模型です。でかいです。全長が263m、全幅38m、満載排水量が69000~73000tと、当時では世界最大の戦艦で、この「呉市」で造船されました。

IMGP8326_20130630000530.jpg
 「大和」の46cm砲の弾です。高さは195cm、重量は1460kgあります。こんなものを42km飛ばす能力が46cmにはあったのです。実現した砲では世界最大で、ギネスブックに登録されています。

IMGP8332.jpg

IMGP8327.jpg

IMGP8324.jpg
 館内には、「戦艦大和」だけでなく、「ゼロ戦」や特攻兵器の「回天」などの様々な兵器、「呉市」の歴史展示が行われていました。中でも生き残った「戦艦大和」の元乗組員の証言ビデオは、当時の「大和」の様子を知ることがあできる貴重なものです。

IMGP8301.jpg
 昼には海軍カレーを食べました。「鉄のくじら館」にもじって鯨肉和えでした。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- お団子さん - 2013年07月07日 13:24:59

写真を見て戦艦大和本当にみてみたい!あと、全然違う話ですが京都の蒸気機関車が素晴らしいと言われたのですが電車について詳しいと聞いたので何か知っていたら教えてもらえませんか?(^^;)

- 太郎 - 2013年07月07日 16:19:11

>お団子さん
 実際見てみると、迫力に圧倒されますよ。「京都」の蒸気機関車については、こちらを参考にしてください→http://tarouroom.blog89.fc2.com/blog-entry-1275.html

- ヒバリ - 2013年07月17日 07:00:54

記事にも書かれているけど中はとにかく狭く 
写真撮るのにいちいち立ち止まってたら進行の邪魔になるからだと思います。

- 太郎 - 2013年07月28日 22:34:58

>ヒバリさん
 確かに、特にヲタたちが止まって色々問題になりそうだな。残念だけど、撮影規制で良かったかも。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム