瀬戸内旅行 2日目 その2 「海上自衛隊呉地方隊総監部」

 そのまま、「海上自衛隊呉地方隊総監部」の見学へ行きました。

IMGP8304.jpg

IMGP8302.jpg
 「海上自衛隊呉地方隊総監部」は、海上自衛隊「呉地方隊」の本部にあたる施設で、庁舎は明治22年(1989年)に建造され、戦前は「呉鎮守府」として機能していました。庁舎は1日に3回、外側からの見学会が開かれています。また、ドラマ「坂の上の雲」でもロケされました。

IMGP8316.jpg
 庁舎正面の松は、海上自衛隊のシンボルである錨を表しています。微妙に「日立の樹」に似てなくもない?

IMGP8309.jpg
 レンガの積み方が凝っています。レンガの隙間には、石英閃緑岩(御影石)が入っています。

IMGP8307.jpg
 庁舎脇には、古い大砲が置いてあります。これがどうして置いてあるのかは、自衛官でもわからないそうです。

IMGP8311.jpg
 玄関扉が開いたので、一瞬だけ中を見ることができました。

IMGP8310.jpg
 柱に使われている石英閃緑岩には、火山岩(恐らく安山岩)が混入していました。「松山城」の石垣と特徴が同じです。もしかしたら、両方共近い場所、地質帯から採掘されたのでしょうか?

IMGP8312.jpg
 反対側からはこう見えます。形が変わっています。

IMGP8313.jpg
 この石段は、「明治天皇」の訪問のためだけに4ヶ月の突貫工事で造られましたが、当日、「明治天皇」はこの石段を使わずに脇の坂道を馬車で登ってきました。

IMGP8315.jpg
 「横浜」の「赤レンガ」みたいです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ヒバリ - 2013年07月17日 07:07:34

明治。大正期のレンガ造りの西洋建築の建物って良いですねぇ。
日立の木はもっと馬鹿でかいですね。日立の木ぐらい大きな松って存在するのか興味があります。

- 太郎 - 2013年07月28日 22:41:13

>ヒバリさん
 高さはともかく、横幅で日立の樹まで広げられる松は聞いたことがないなあ。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム