瀬戸内旅行 2日目 その3 「海上自衛隊呉基地」

 休日は、「海上自衛隊」の護衛艦をどれか1隻見学できる(無料)ということで、「海上自衛隊呉基地」を一通り見てきました。

IMGP8183.jpg
 「呉」といえば、「横須賀」や「佐世保」と並ぶ「海上自衛隊」の基地であり、「戦艦大和」のふるさとでもあります。ここから見える造船所で、「戦艦大和」は建造されました。

IMGP8185.jpg
 道を進んでいくにつれ、基地にある艦が見えてきました。各護衛艦がひしめき合っています。よく見たら「ひゅうが型」や「おおすみ型」などもあります。

IMGP8186.jpg
 潜水艦専用桟橋手前です。門をくぐれば、すぐに潜水艦に辿り着きます。潜水艦は特に機密性が高いので当然立ち入り禁止ですが、これだけ近くまでいけるのも「呉基地」の大きな特徴です。

IMGP8190.jpg
 潜水艦がずらりと並んでいます。「海上自衛隊」の保有潜水艦は現在16隻+2席(練習用)で、そのうち9隻が「呉基地」所属です。この日は8隻も停泊していました。

IMGP8195.jpg
 奥の方には、最新型の「そうりゅう型」が停泊していました。「そうりゅう型潜水艦」は舵がX字のため、海面上に突き出ている舵を見ればすぐにわかります。背後には艦艇がびっしりいます。

IMGP8192.jpg
 潜水艦桟橋の隣には、敷設艦(通信ケーブルを設置する艦)の「むろと」(右側)と音響測定艦(潜水艦探査をする艦)の「はりま」が停泊していました。

IMGP8198.jpg

IMGP8262.jpg

IMGP8272.jpg
輸送艦の「おおすみ型」「おおすみ」です。全長は178m、排水量は通常が8900t、満載で13000tと建造当時はかなり大型な物資や兵員の輸送艦でした。

IMGP8201.jpg
 ヘリ空母と話題になっている「ひゅうが型護衛艦」「いせ」です。現在、海上自衛隊所属では最大の護衛艦です。こちらについては、後日詳しく紹介します。

IMGP8203.jpg
 写真右側より「たかなみ型護衛艦」「さざなみ」、「あぶくま型護衛艦」「せんだい」・「とね」、訓練支援艦「くろべ」、「むらさめ型護衛艦」「いなづま」です。護衛艦同士が本当にギリギリの間隔で停泊し、まるで鉄道車両基地に集結している車両のようです。

IMGP8210.jpg

IMGP8209.jpg
 正面から艦を見ると、いかに密集して停泊しているかがわかります。そして、正面から見るとかなりとんがっています。

IMGP8212.jpg
 至るところに護衛艦が密集していますが、これだけで、「海上自衛隊」全体の何割くらいを占めているのでしょうか?

IMGP8270.jpg
 「おおすみ」のすぐ隣に苔むした潜水艦が1隻停泊していました。練習用の艦か?退役して処理待ちなのか?とにかく、水に浮かんでいるものの苔むしやすさと整備の大変さを想像できた艦でした。

IMGP8352.jpg

IMGP8446.jpg
 「さざなみ」は、現在整備中でした。潮風などによるサビ防止の塗装を1度ケレンして再塗装しているのでしょうか。そういえば、これと同じ型の「たかなみ」は、以前「タモリ倶楽部」で紹介されていましたが、かなり面白いのでオススメです→(『護衛艦“たかなみ”のひみつ1/』『護衛艦“たかなみ”のひみつ2/2』

IMGP8273.jpg
 「呉基地」のすぐ近くには、在日米軍の基地もありました。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ヒバリ - 2013年09月03日 15:16:24

本当に潜水艦や護衛艦、空母がたくさんあるんだなぁ。

前に自分が行った時は大和ミュージアムと鉄のクジラしか見てなかったから分からなかったよ。

- 太郎 - 2013年09月08日 23:22:53

>ヒバリさん
 以外にこじんまりとひしめき合っているから、遠目では建物に阻まれて市内からは結構気が付きにくいかもしれない。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム