「郡上八幡」の鍾乳洞巡り その3 「縄文鍾乳洞」

 「大滝鍾乳洞」から500mほど離れたところには、「縄文鍾乳洞」があります。この鍾乳洞は、科学的に存在が予想されてから発見された、珍しい鍾乳洞です。洞内では、縄文人が暮らしていた遺跡が発見され、このことからこの名になっています。ちなみに、縄文人が暮らしていた頃の穴は、現在は塞がれていて行方知れずだそうです。この鍾乳洞で特筆すべきは、上下左右の立体迷路感も半端ないことです。中の見学ルートは、上下左右に小刻みに曲がりくねり、方向感覚は完全に失われます。たとえで言うなら、全てトンネルの「ビックサンダーマウンテン」のコースを歩いているようなものです。中は明かりが無いため、入口で配布される懐中電灯だけで進むため、探検感とスリル感は、「郡上八幡」の観光鍾乳洞では、一番高いでしょう。係りのおじさんに、「念のため2個持っていった方がいいかも♪」と軽く言われて、2個持って行きましたが、最初につけた1個目の電池が切れかかりになってきて、これで1個しか持っていなかったらかなり焦っていました。

「縄文鍾乳洞」
全長:1000m以上
観光できる距離:400m
分布範囲:分布範囲:東西100m、南北55m、上下55m(7層)



IMGP7731.jpg
 残念ながら、洞内は撮影禁止のため、中の神秘を記事で公開することはできません。そのため、本記事では外の景色だけをお伝えします。。中に興味のある方は、是非行ってみてください。ルート上には、コースから外れないよう、案内札が明示されていますが、それがなかったら冗談抜きで迷います。というか、これを探検して把握した人がすごいと思います

IMGP7730.jpg
 「縄文鍾乳洞」の概要です。

IMGP7732.jpg
「大滝鍾乳洞」と比べて、入口から既に石灰岩露頭が露骨に露出しています。

IMGP7803.jpg
 出口です。出口は入口より少し上にあります。突き出ている岩は、石灰岩です。

IMGP7805.jpg
 この周囲は、石灰岩が露出する、カルスト地形をしています。

IMGP7804.jpg

IMGP7807.jpg


IMGP7806.jpg
 各石灰岩には、化石らしき?筋やら、よく溶岩に見られるガス抜き穴っぽいの(水に溶けた部分)があります。説明には、ウミユリなどの化石があるらしいですが、残念ながら見つかりませんでした。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ヒバリ - 2013年12月05日 04:18:45

写真がだめなら動画を撮ればいいじゃない。と思ってしまったがどうなんだろう?

明りがないとか、プチ遭難できそうだな。

- 太郎 - 2013年12月08日 19:30:37

>ヒバリさん
 動画ならば、のださんに期待する。彼ならやりそう。あと、この洞窟、入り組み具合がすごいから、1人で入って明かりが消えたり道を一つでも間違えたらプチどころかガチで遭難しそうだよ。そういう意味でもスリルがあった。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム