静鉄の凄さを知る動画

 「静鉄」について詳しく解説している動画があったので紹介します(製作者「ミストラル 」)。 

「静岡鉄道静岡清水線」(略して「静鉄」)といえば、「静岡」~「清水」間を結ぶ、地元民の足となっているローカル私鉄路線です。自分も含めて、普段の利用者にとってはさりげなく利用している私鉄路線ですが、この「静鉄」、実は結構すごいものが目白押しです。




 地元民には普通の鉄道ですが、実は大手私鉄並みの超過密ダイヤを実現し、ほかの鉄道会社に先駆けての、ステンレス車体、自動改札機、カード(今は懐かしのパサールカード)、ICOCA等とのリンク、ラッピング電車、ワンハンドルマスコンの導入など、非常に先進的な鉄道であったのです。外国からは、最近日本で流行り?のLRT呼ばわりされています(←2両編成で5分間隔の高頻度運転、駅間距離が平均0.77kmと短く、普通の鉄道よりも気軽に乗れるため)。こうしたやり方で、スピード面では「東海道本線」にははるかに劣るものの、うまく並走経営をしています。

 また、「静鉄」は、「清水」付近で「東海道本線」と3kmほど並走(見た目は複々線)しますが、昭和25年(1950年)にそこで「東海道本線」の脱線事故が起き、本線の線路は不通になりました。その時「静鉄」は自ら進んで「東海道本線」との線路の緊急接続を行い、「東海道本線」の列車に「静鉄」の線路を貸したという、逸話があります(当時は、「東海道新幹線」も「東名高速道路」もないため、「東海道本線」の不通は致命的であった)。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム