今の雰囲気で、一昔前の新幹線駅を決めるとどうなるか?妄想してみた

 「北海道新幹線」の3つの駅名が決まりました。「奥津軽」(仮)→「奥津軽いまべつ」、「木古内」は変わらず、「新函館」(仮)→「新函館北斗」と、何やら長くて奥や新を入れなくてもいいんじゃね?とい言えるくらいです。最近の新幹線駅の駅名は、複数の地名を入れたものが多くなっていますが、それだけ地元の要望を良くも悪くも入れていく時代になったのでしょう。

 では、一昔前に造られた新幹線駅の駅名を今の雰囲気で決めたらどうなるのか?自分の独断と偏見で勝手に妄想してみました。真面目に受け取るも、風刺と受け取るも、それは各々にまかせます。ここでは、国鉄時代に造られた区間を対象にしています(駅の年代はJR化後も含む)。

「東海道新幹線」

「新横浜」→「新横浜川崎」 ←100万都市のメンツ介入
「小田原」→「小田原箱根温泉」 ←まさかの「箱根」介入?
「新富士」→「新富士田子の浦」 ←「田子の浦」が、百人一首に出てくる名所のため
「三河安城」→同じ?
「岐阜羽島」→同じ?
「米原」→「米原彦根」 ←「彦根」という由緒正しき街を無視できずに
「新大阪」→同じ?


「山陽新幹線」

「新神戸」→「神戸有馬温泉」 ←まさかの「有馬温泉」介入?
「西明石」→同じ?
「新倉敷」→「新倉敷玉島」 ←元々「玉島」を残して欲しいという要望があった
「新尾道」→同じ?
「東広島」→「東広島西条」 ←「西条」という場所にあるので
「新岩国」→変わらない ←地元の要望がこれ以外には、ほぼないため
「小郡(現在の「新山口」)」→「新山口小郡」 ←旧「小郡町」と「山口市」の妥協、「山口市」がちゃっかり先頭に名前を入れる
「新下関」→変わらない ←地元の要望がこれ以外には、ほぼないため



「東北新幹線」

「那須塩原」→「黒磯那須塩原」 ←「黒磯市」の夢が叶う
「新白河」→「新白河西郷」 ←「西郷村」から元々「西郷」を入れる要望があった
「白石蔵王」→同じ?
「くりこま高原」→「栗原くりこま高原」 ←「栗原市」をとりあえず入れる
「水沢江差」→「奥州水沢江刺」 ←「奥州市」をとりあえず入れる
「新花巻」→同じ?



「上越新幹線」

「本庄早稲田」→同じ?
「高崎」→「高崎前橋」 ←まさかの県庁所在地介入
「上毛高原」→「上毛月夜野」 ←「月夜野町」にあるため
「浦佐」→「魚沼浦佐」、「魚沼大和」 ←「魚沼」という地名が有名なため。「大和」は、「浦佐駅」の旧街名。
「燕三条」→「新弥彦燕三条」 ←「燕」や「三条」よりも「弥彦」の知名度が高いので。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム