5月旅行 4日目 その1 「北陸新幹線」乗り込み(「金沢」~「富山」)

 「福井」を後にしてから「金沢」に泊まり、次の日は「北陸新幹線」に乗って「富山」と「長野」によりつつ、帰りました。まずは、開通後2か月しかたっていない、「北陸新幹線」の新規開通区間に乗ってきました。


5年前の「金沢駅」(平成22年(2010年))
PB208145.jpg
 「北陸新幹線」のこの区間が開業する14年も前に造られた高架橋のみで、線路や駅舎がまだありません。

現在の「金沢駅」(平成27年(2015年))
DSCN2217.jpg

DSCN2209.jpg
 そしてこちらが開通後の「北陸新幹線」です。5年前の写真もこの写真も、近くの立体駐車場から撮りました。

DSCN2214.jpg
 おそらく、写真を撮る人が結構いるのでしょう。立体駐車場屋上には、このような注意書きがありました。

DSCN2219.jpg
 「金沢駅」構内です。駅の高架橋自体は13~14年前に完成していたため、若干風雨にさらされた感があります。

DSCN2342.jpg

DSCN2223.jpg
 新型車両の「E・W7系」です。今までの新幹線車両とは違った色合いとカッコ良さがあります。

DSCN2224.jpg
 室内もどこか木製質です。どちらかというと、「九州新幹線」の「800系」よりな感じです。

DSCN2231.jpg
 すべての座席にコンセントがついています。コンセントが多い=配線が多い=その分重量が増すため、座席の重さまでg単位でこだわる「東海道新幹線」では果たして実現するのでしょうか?

DSCN2235.jpg
 「神通川」上流を撮影。手前に「富山北大橋」、そのさらに奥には「新富山大橋」が見えます。

DSCN2351.jpg
 「富山駅」から「金沢」側を撮影。線路が結構直線なので、「神通川橋梁」も移せます。「北陸地方」は豪雪地域のため、分岐器のある所には、雪覆いがつけられています。

DSCN2359.jpg

DSCN2238.jpg
 「富山駅」でも「E・W7系」を撮影。

※現在の「富山駅」
DSCN2241.jpg
 一言でいえば、駅が昭和から平成に代わりました。

DSCN2240.jpg
 コンコースもこの通り。「金沢駅」よりも広々しています。

DSCN2339.jpg
 最大の見せ場といえば、自動改札において他はありません。ついに「北陸」の駅に自動改札がやってきました。思わず撮影しました。

DSCN2291.jpg
 在来線(第3セクター)のほうは手動改札なのでご安心ください。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム