5月旅行 4日目 その3 現在の「富山市内線」 「新富山大橋」~「大学前」

 「富山駅」のほかに、近年4車線化+複線化された「新富山大橋」~「大学前」の、路面電車の進化を見に行きました。
 「富山市内線」は大部分では複線ですが、1方通行運転をしている「富山都心線」の「丸の内」~「西町」間の単線区間以外に、かつては「安野屋」~「大学前」間の約1kmは両方通行の単線でした。「富山市内線」は密度の高い区間は5分間隔で、この区間は道路と同様ネックであったため、「富山大橋」を丸ごと架け替えて、平成24年(2012年)3月24日に4車線+複線化が実現しました。これが以下の進化過程です。


⑭
 この写真は、単線時代と複線化時代の「大学前駅」の比較です。


「新富山大橋」東側
DSCN2247.jpg
 「新富山大橋」の東側をから橋を撮影。橋の手前に見える停留場は、新しい「安野屋」です。以前と比べてめちゃくちゃ広々すっきりしています。かつてはこの交差点には歩道橋がありましたが、撤去されました。歩道橋の上から橋を撮影出来たら結構よかったのですが。

DSCN2248.jpg
 少し「新富山大橋」と「安野屋」を拡大。かつての「安野屋」は、もっと橋のほう、写真でいう奥の渡り線。坂の途中にありました。

DSCN2251.jpg
 さらに「新富山大橋」へ接近。見事に複線化の4車線化が実現しています。かつては、写真の渡り線の場所より奥は単線、道路も対面通行でした。坂の線形も、緩やかになりました。

DSCN2256.jpg
 「新富山大橋」の右岸(東側)から、東方面を撮影。


「新富山大橋」橋上
「新富山大橋」東側から西側を撮影(「富山大橋」跡)
DSCN2257.jpg

「新富山大橋」西側から東側を撮影(「富山大橋」跡)
DSCN2258.jpg
 上の2枚の写真は、あえて「新富山大橋」ではなく、先代の「富山大橋」が通っていた場所を撮ったものです。黄色線で描いているのが、かつて70年以上活躍した「富山大橋」の輪郭です。

DSCN2262.jpg
 そしてこちらが「新富山大橋」本体です。

DSCN2263.jpg
 保存請願も地元から出ていましたが、老朽化により解体された「富山大橋」跡をモニュメントとした公園が、西側の土手に造られています。「富山大橋」の欄干や架線柱、「富山市内線」の線路が一部現地保存されます。


「新富山大橋」西側
DSCN2259.jpg
 「新富山大橋」左岸(西側)から西側を撮影。こちらも非常に開けています。左側が「富山大橋」につながっていた旧道の跡です。新道と旧道合わせて50m近くの幅があります。でも、先の建物はまだ見覚えのあるものがちらほら。

DSCN2260.jpg
 西側の坂をもう少し拡大。かつては「新富山」という名の停留所であった「富山トヨペット本社前(五福末広町)」もまた、以前は写真中央の坂道の途中にありました。今では奥のほうへ移動しています。

DSCN2265.jpg
 もうちょい奥を拡大撮影。4車線化された区間は、奥の交差点まで続いています。

DSCN2266.jpg
 カメラを水平にして坂の断面を撮影。結構傾いています。果たして何‰あるのでしょうか?

DSCN2267.jpg
 西側の坂、かつての「富山大橋」へ通じていた旧道跡にアングルを合わせています。土手への側道に代わっています。

DSCN2269.jpg
 そしてこちらが新道です。東側と同じく、広いの一言に尽きます。

DSCN2271.jpg
 さらに「大学前」よりから遠目で撮影。あの「富山トヨペット本社前(五福末広町)」(旧「新富山」)もまた見違えた複線駅となっています。


「大学前」
DSCN2272.jpg
 そして終点の「大学前」です。「南富山」と同じ配線構造で単線となっています。路面電車のような小回りの利く路線では、ターミナルが単線でも折り返しが素早くできるため、これでも高頻度運転(3~5分間隔とか)が可能です。そして、歩道橋は無くなっていました。

DSCN2273.jpg
 昔と比べて、ホームが長くなりました。これなら2両の縦列停車も余裕でできます。

DSCN2275.jpg
 ホームから「富山」方面を撮影。線路が非常にきれいです。

DSCN2274.jpg
 ホームから西側(「富山大学」側)を撮影。現在構想されている「富山大学工学部」方面への延伸は、いつ実現するのでしょうか?
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- railway - 2015年10月31日 15:04:05

初めまして。私も富山の路面電車に乗ってきました。駅前に出現したデルタ線走破を兼ねて、富山大橋の部分も乗ってみました。ブログ記事大変参考になりました。「太郎」さんの記事は実に観察力が高く敬服しております。これからもよろしくお願いします。

- 太郎 - 2015年11月07日 21:28:00

>railwayさん
 こちらこそ初めまして。記事の閲覧ありがとうございます。この10年ほどの「富山」の路面電車の躍進には本当に感服しています。走破する気持ち、よくわかります。お互いこれからもよろしくお願いします。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム