「松山」のダイヤモンドクロス その1  「大手町駅」付近

 「ダイヤモンドクロス」といえば、鉄道路線の線路同士が直角化斜めにクロスする線形ですが、ほかの路線同士がこの形をとるのは、路面電車や軽便鉄道などが激減し、立体交差化が進んだ現代の「日本」には非常に貴重なもので、たった6か所しかありません。

 その貴重な「ダイヤモンドクロス」が「松山市」に2つもあります。どちらも路面電車と普通鉄道同士という、これまたここでしかないものです。


DSCN0157AVI_000109825 - コピー
 上図が「松山市」の市街で、矢印で示している2か所に「ダイヤモンドクロス」があります。
①直交型:「大手町駅」付近
②斜交型:「古町駅」付近


 交差しているのは2か所とも「伊予鉄道」の郊外電車「高浜線」と市内電車「大手町線」です。上では架線も交差していますが、同じ「伊予鉄道」の同じ電圧の架線のため問題ありません。
今回は①の方を紹介します。

DSCN0641.jpg
 こちらが「ダイヤモンドクロス」を両路線の列車が通っている瞬間です。郊外電車の「高浜線」の列車通過を市内電車の「大手町線」の列車が待っている形です。

DSCN0681.jpg
 「高浜線」の「大手町駅」ホームからの景色。こちらは「高浜線」列車の通過、

DSCN0688.jpg
 こちらは「大手町線」列車の通過です。
 「ダイヤモンドクロス」のところは線路の継ぎ目が非常に多く振動が激しいため、列車は通貨の瞬間に惰性します。

DSCN0636.jpg
 歩道からの景色です。踏切の景色としてはこんな景色はそこらかしこにありますが、路面電車までが道路と一緒にクロスするのは「松山市」だけです。

DSCN0638.jpg

DSCN0680.jpg
 両路線とも複線のため、全部で4つのクロスがあり、通過時に必ず2クロス分越えます。線路の隙間は1クロスに2つ(片側のみ)あるため、全体を通過すると片側車輪だけで4つの隙間を通ります。つまり、結構ガタガタします。

DSCN0684.jpg
 目視で見ると、互いの車輪がちゃんと通れるよう、隙間が空けられているのがよくわかります。

DSCN0634.jpg

DSCN0635.jpg
 線路だけでなく、架線もしっかりクロスしています。電気的にはどんな仕組みになっているのでしょうか?

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム