「ほくほく線」の一部は「上越新幹線」より何年も前に完成していた

まずは、こちらの地図と両路線の歴史記載をご覧ください。
無題

 平成9年(1997年)に開通した「ほくほく線」の一部である「赤倉トンネル」は、開通よりも28年も前から造られ始め、23年も前に完成しました。これは、「上越新幹線」が建設され始めたわずか3年後、「上越新幹線」開通の8年も前になります。

 なぜこんなに昔から「ほくほく線」が造られたかといえば、かなり昔から計画されていたからです。ただし、昭和55年(1980年)~昭和60年(1985年)の5年間にわたり工事が凍結・停止され、開通が平成9年(1997年)まで延びた、いわゆる長い時間をかけて作られた路線になりました。

 そんな「ほくほく線」の「赤倉トンネル」は「上越新幹線」の「塩沢トンネル」とトンネル同士立体交差をしていますが、両トンネルの間隔はわずか1mと、完全に「東京」の地下鉄レベルに接触しています。そのため、「上越新幹線」のこの区間を建設したときは、先にできた「ほくほく線」の「赤倉トンネル」を補強してトンネルに支障がない措置をほどこしました。

 地図や大体のニュースを見れば明らかに「ほくほく線」の方が新しくできたと思われますが、実は歴史は逆というのが真相です。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム