「えちぜん鉄道」の「北陸新幹線」間借り その2 「福井駅」

 今回から、現地の写真を交えて解説します。まずは、「福井駅」です。

現在、「福井駅」は全体の高架化の真っ最中です。「北陸新幹線」、「北陸本線」、「えちぜん鉄道」のうち、「北陸本線」は高架化完了、「北陸新幹線」は「福井駅」部とそれより「金沢」側の800mが先行高架化され、現在「えちぜん鉄道」の高架化工事が始まっている状況です。

 「北陸新幹線」の高架橋は基礎部ができている状態で、新幹線用の線路や架線、プラットホームや建屋はまだ未設置です。そんなどだいに「えちぜん鉄道」に必要な最小限の設備が造られています。

高架橋下より
DSCN0324.jpg
 まずは、「福井駅」のプラットホームをしたから見上げてみます。新幹線の高架橋自体が豪勢なため、2両編成の車両がかなり違和感あります。高架橋は必要最低限造られていて、線路脇の壁も未設置です。

DSCN0329.jpg
 もう少し近くから見てみます。「福井駅」より「敦賀」方面はまだ造られていません。手前の空き地は「えちぜん鉄道」の本来の用地で、ただいま高架化工事の準備中です。前回の記事の空中写真では線路が見えましたが、今はありません。

DSCN0192.jpg
 「敦賀」方面から撮影。高架橋がスパッと途切れています。まだ建設途中なのが露骨にわかる珍しい形です。


DSCN0194.jpg
 こちらが高架橋真下の「えちぜん鉄道」の仮駅改札口です。かなり簡素な造りです。

DSCN0195.jpg
 階段も完全な仮設です。両側は金属板で囲われ、単管パイプを組み合わせた雨よけが取り付けられています。将来新幹線ができた時はちゃんとした設備になるでしょう。


プラットホームより
DSCN0201.jpg
 次にホームへ登りました。線路はもちろんのこと、プラットホーム、枕木、架線、バラストなどなど高架橋の躯体以外はすべて仮設です。冒頭でも語りましたが、壁すらないので結構迫力があります。「北陸新幹線」の高架橋は、この辺りではスラブ軌道ですが、「えちぜん鉄道」用にスラブ軌道の路盤の上にバラストや枕木などが置かれました。

DSCN0239.jpg
 「えちぜん鉄道」の車両は基本2両編成なので、この設備にはかなりちっちゃいです。ホームは仮設のため、「えちぜん鉄道」の車両に合わせた規格になっています。

DSCN0199.jpg

DSCN0238.jpg
 終端側の線路は、ホームよりもかなり先まで延びています。かつて車止めを突き破った事故がほかの鉄道路線で起きたため、その対策で余裕を持たせたのでしょうか?先っぽにも壁がないため、線路を越えたら下に落ちます。
 「北陸新幹線」の線路は当然ここが終点でないため、この先にも用地が確保されているのがよくわかります。

DSCN0203.jpg
 新幹線用のスラブ軌道のコンクリート路盤の上に「えちぜん鉄道」用の枕木と線路が乗っかっている様子です。さりげない景色ですが、こんなものめったにお目にかかれません。枕木の間に円柱のコンクリートの柱が出ていますが、これがスラブ軌道の基礎部の突起で、新幹線を造るときにこの突起とスラブ軌道をかみ合わせます。

DSCN0204.jpg
 さらには、スラブ軌道の路盤の上にバラストまで積まれています。バラストが周りに崩れ散らないように、端に壁が造られています。

DSCN0210.jpg
 ホームの端から「福井口」方面を撮影。写真中央手前の基礎部は、恐らくプラットホームの基礎です。

DSCN0214.jpg
 奥を少し拡大。「えちぜん鉄道」用の線路は、新幹線の軌道路盤とあまり関係な配線されています。これを実現するために、スラブ軌道基礎の上にバラストをジャラジャラ盛土状に積み上げています。

DSCN0209.jpg
 さらに奥を拡大。右側にスラブ軌道の路盤がすでに造られています。円柱の支柱がちゃんと並んでいます。新幹線は、この路盤に沿って「えちぜん鉄道」よりも緩やかに進みます。

DSCN0206.jpg
 少し右に視点を移すと高架橋全体が見渡せます。写真中央に「新福井駅」、右端に現在完成済みの高架橋の端部と、その先の地上との接続線が辛うじて見えます。

おまけ
 写真を撮りに行ったのは3月27日でした。この時は全く考えていませんでしたが、この日は 「福井鉄道」の「福武線」の「越前武生駅」~「えちぜん鉄道三国芦原線」の「鷲塚針原」間で相互直通運転を開始し、同時に「福井駅前」を「福井駅」西口広場に移設した日でもありました。

DSCN0342.jpg
 今までは路面電車の線路は「福井駅」からちょっと離れた場所で途切れていましたが、143m延長されました。この路面電車にも「ヨーロッパ」っぽい車両が増えてきました。

DSCN0344.jpg
 かつては「福井駅前」の線路は1本線でしたが、2本線に増えていました。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ヒバリ - 2016年05月31日 00:52:42

①高架 ②途中切れた路線 ③切れた路線の先に壁がない
①②③をすべて満たすとかゲームの世界だけのものだと思ってたけど
現実で見れるとは驚きです。

えちぜん鉄道と北陸新幹線の接続部の話は次回以降かな?

- 太郎 - 2016年06月04日 22:42:45

>ヒバリさん
 確かに、そうそうないすごい景色だよね。線路の先に仮にでも壁を造ると相当な強度を出すために改造がめんどそうだから(恐らく)耐久性の高い車止めとブレーキをかけるための遊び距離をつけたと考察。
 先ほど間借り区間の中間付近の記事をうpしたので、次回から接続線に触れます。

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム