「えちぜん鉄道」の「北陸新幹線」間借り その5 「新福井」~「福井口」(線路下)

 このシリーズも今回で最後ですが、今回は「新福井」~「福井口」間を地上から見ていきます。写真の大半が接続線の拡大撮影です。

DSCN0252.jpg

DSCN0254.jpg
 接続線は、本当に仮造りで盛土とH鋼を井桁状に組み合わせた橋脚で構成されています。

DSCN0267.jpg

DSCN0265.jpg
 勾配が34‰もあるので、短距離で橋脚がどんどん高くなっていくのがよくわかります。橋脚がプラレールみたいです。そのうちの坂曲線レール用のミニ橋脚のようです。

DSCN0251.jpg

DSCN0260.jpg
 真横から撮影するとこうなります。以前紹介した「九州新幹線」の35‰勾配なみに露骨に坂だとわかります。

DSCN0253.jpg

DSCN0255.jpg
 逆方向(「福井」方面)からも撮影。ここまで簡易に作ってある高架橋もそうそうないです。

DSCN0257.jpg

DSCN0262.jpg
 接続線と新幹線高架橋の境です。こうして下から見ると、両者の違いがよくわかります。こういう異物同士の接続構造物は「成田新幹線」高架橋などにもありますが、ここまで重構造なものと簡易なものがつながっている場所は大変貴重です。

DSCN0259.jpg
 「北陸本線」側から撮影。「北陸本線」側はすでに完成済みのため、よく整備されています。

DSCN0272.jpg
 本来の「えちぜん鉄道」の用地から撮影。この辺りも線路が撤去されています。

DSCN0282.jpg
 「新福井駅」付近。こちらも線路撤去済みです。

DSCN0274.jpg
 
DSCN0280.jpg
 踏切跡にはまだ線路が残っていました。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム