三線以上の軌条 その1 三線軌条(主に海外)

 これから、三線軌条とそれをはるかに超える軌条を紹介していきます。まずは、基本の三線軌条を外国の事例から紹介していきます。
 「日本」の三線軌条は以下の記事を参照にしてください(「京急」の場合)。
『「京急」の三線軌条 その1 概要』
『「京急」の三線軌条 その2 「六浦駅」の不思議な分岐器』

Dual gauge, 1,435 mm (4 ft 8 1⁄2 in) standard gauge and 914 mm (3 ft) track in Cuzco, Peru
 「ペルー」の三線軌条です。軌間は1435mmと914mmで、幅比は約1.57倍です。「日本」によくある三線軌条(1435mmと1067mmの幅比約1.34倍)と比べてかなり比が違います。

n Jenny, Sweden, the narrow gauge leaves the standard gauge
 「スウェーデン」の三線軌条です。標準軌と狭軌で軌間幅は不明ですが、恐らく1435mmと「スウェーデン」仕様の891mmでしょうか。それならば幅比が約1.61倍です。

Huesca_carril.jpg
 「スペイン」の三線軌条です。軌間は1668mmと1435mmで、幅比は約1.16倍です。かなり密になっています。

800px-Mixed-gauge-trackwork-north-geelong.jpg
 「オーストラリア」の三線軌条です。軌間は1600mmと1435mmで、幅比は約1.11倍で、非常に密になっています。この幅比が最下限値に近いのでしょうか。おまけに分岐器です。かなりの試行錯誤が感じられます。

450px-Dualgaugedevice.jpg
 同じく「オーストラリア」の三線軌条です。以前紹介した「京急」の「六浦駅」のあの分岐器と同じ形の分岐器(狭い軌間の方を反対側へ移動させる型)がありました。こちらの幅比も上の写真とおなじです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム