日帰り「佐渡金山」の旅 その9 「大切山抗」見学【前編】

 6年ぶりに「佐渡金山」へ行ってきました。一応日帰りで行っているので、6年前のシリーズと同じ題名で続きとします。

 現在、「佐渡金山」では、ヘルメットと長靴懐中電灯をもってガイドの案内により「大切山坑」を見学できます。今回は、そのツアーの報告です。

「大切山坑」
概要
 江戸時代初期に山師・味方与次右衛門が、「この先に必ずや金脈があるはずだ!」との信念で地上から400mもの距離を1633年ころから14年かけて掘り進んだ坑道。そのかいあって1647年に大鉱脈を発見。

特徴
 2本の坑道が数m並行している。目的は2本の坑道を先端で繋げて換気をするため。現在では江戸時代の小さい坑道と近代の大きい坑道が並行している。コンプレッサーによる換気とダイナマイトによる掘削がおこなわれる現代では決してみられない非常に貴重な坑道。

 「大切山坑」を見る前に、近くの景色を紹介します。

山側からの「道遊の割戸」

 「佐渡金山」のシンボルであり、「ブラタモリ」で「タモリ」が「人間の欲望は凄い」と唸っていた、「道遊の割戸」を、普段の観光本で写されている海側と逆から見てみます。
DSCN0959.jpg
 山側から見ると、山を掘った感が広々とみることができます。こちらの方は遮蔽物が少なく近くからも見られ、手前の掘削跡が崖状態になっているため、スケールが大きいです。

DSCN0961.jpg
 拡大すると、山肌に坑道の跡(恐らく江戸時代)や、割戸の崖感じがよく見えます。


トキの森公園
 割戸の下、手前には土砂が大量に堆積しています。おそらく割戸沿いに掘り進んだ時にでたズリでしょう。

DSCN0955.jpg

DSCN0958.jpg
 そして山肌。坑道孔がそこら中に見られます。山上の方は江戸時代に掘られた坑です。割戸横にも欲望のままに詮索を続けたのでしょう。

「大立堅坑」
DSCN0971.jpg
 「大立竪坑」は、明治8(1875)年に開削された日本初の西洋式立坑(垂直坑道)です。ここは、「佐渡金山」の鉱脈群(東西約3km、南北約600m)のほぼ中央に位置し、平成元(1989)年の採掘中止の時まで大動脈として使用され続けました。最終深度は352mと、「東京タワー」を上回ります。

DSCN0972.jpg
 この鉄製やぐらは、昭和13(1938)年の金の大増産期に建設されました。

DSCN0968.jpg
 やぐらを間近で見られる場所です。これ以上は立ち入り禁止で近づけませんでした。すぐ隣に封鎖されている坑道が見えます。
 
DSCN0966.jpg
 近くにも封鎖されている入口がちらほらとあります。

「無名異坑」(平成29年春から見学可能)
DSCN0978.jpg
 江戸時代の採掘状態を見学できる「宗太夫坑」の近くにある坑道です。佐渡特産の「無名異焼」の原料となる赤い岩石の採掘が行われ、明治以降金鉱脈を発見し昭和中期あたりまで試削が続けられました。この坑道は、30分かけてガイドの案内により懐中電灯を使って探検するようです。

DSCN0980.jpg
 中をのぞいてみると、江戸時代の形であろう狭く曲がりくねっている坑道が続いています。もし開いていたらこのツアーにも間違いなく行っていただけに惜しいです。

大佐渡 (1)
 近くに「宗太夫坑」のルート上にある人形が展示してありました。

「大切山抗」入口
DSCN0862.jpg
 今回の見学坑道の入り口です。周りにある封鎖坑道と見た目は同じ=普通の観光坑道よりもリアルなありのままの坑道跡ということです。

 次回はその内部を紹介します。

あと、江戸時代と近代の坑道の特徴をさらっと。

江戸時代の坑道
・狭い(人が通れればそれでよい)
・曲がりくねっている(人が通れればそれでよい)
・傾斜が急(人力で最短距離を行き来するため)
・坑口が山の中腹にボコボコ見える(傾斜が急なため)


近代の坑道
・広い(トロッコ列車や銃器を通すため)
・直線が多い(トロッコ列車や重機を通すため)
・水平緩やか(トロッコ列車や重機を通すため)
・坑口が山の麓に多い(坑道が水平で鉱石を通洞に落とすため)
・でっかい竪坑が多い(より深いところに効率よく行き来するため)

 

参照
日帰り「佐渡金山」の旅 その1 丑三つ時の出発

日帰り「佐渡金山」の旅 その2 とりあえず歩いた
日帰り「佐渡金山」の旅 その3 「宗太夫坑」
日帰り「佐渡金山」の旅 その4 「道遊坑」
日帰り「佐渡金山」の旅 その5 「道遊の割戸」
日帰り「佐渡金山」の旅 その6 様々な展示物
日帰り「佐渡金山」の旅 その7 金山をあとに
日帰り「佐渡金山」の旅 その8 「ジェットフォイル」
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム