「熊本」の鉄道 その2 「熊本電気鉄道」の路面区間

「熊本電気鉄道藤崎線」の「藤崎宮前」~「黒髪町」間には、100数十mにわたり道路を通る、いわゆる路面区間があります。

DSCN1250.jpg
 路面区間の全景です。幅2車線ほどの道路に、単線の線路が曲がりくねって入ってきています。線路両側に塗られているオレンジ線が車両の限界線です。周囲は、普通の住宅街です。

DSCN1255.jpg
 「藤崎宮前」方面を撮影。曲がりくねって道路にやってきています。このくねり具合がかなりローカルっぽいです。

DSCN1254.jpg

DSCN1257.jpg
 線路は道路の左端に寄っています。線路の隣は、普通の住宅建屋です。普通に家の門や駐車場が線路の隣にあります。

DSCN1256.jpg
 カーブがかなり急なため、線路両側に脱線防止ガードが設けられています。

DSCN1260.jpg
 線路左側に道路延長には、「藤崎宮」?の鳥居が見えます。

DSCN1261.jpg

DSCN1262.jpg

DSCN1258.jpg
 路面区間では、線路と家がこんな感じに見えます。ここの住人たちは、家の出入りや車の入出庫のために、普通に線路を渡ります。

DSCN1264.jpg
 「黒髪町」方面から全体を撮影。線路以外は、どこにでもある光景です。

DSCN1265.jpg
 「黒髪町」方面では、「都電荒川線」みたいに道路とガードレールを隔てて分かれていきます。

DSCN1274.jpg

DSCN1275.jpg
 踏切手前から路面区間全体を撮影。

前世に戻った地下鉄車両
DSCN1252.jpg

DSCN1269.jpg
 地下鉄「銀座線」の中古車両「01形」(01系)が路面区間を走っています。元都会の車両がローカル路線を走る光景はよくありますが、これはなかなか新線です。
 交通歴史では、地下鉄は路面電車の生まれ変わり(路面電車廃止して地下鉄に置き換えた事例が多い)でもあるため、この光景は現在の地下鉄車両が前世に戻ったともいえます。

踏切と元「銀座線」車両
DSCN1271.jpg

DSCN1272.jpg
 地下鉄車両が踏切を渡るという、かなり珍しい画像。ですが、元の路線である「銀座線」にも「上野」の車庫に出入りする区間に踏切があるため、光景を継承しています。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム