飛行機からの景色(「熊本」~「羽田」) その2 「名古屋」~「羽田」

 「熊本」~「羽田」航路の続きです。

「伊勢湾」と「中部国際空港」
20170304_134550.jpg
 「中部国際空港」は、滑走路1本の空港島としては独特な形です。恐らく海岸線の地形と、滑走路をなるべく陸地から話した影響でしょう。
 「伊勢湾」の奥が「名古屋」です。写真中央ちょい左側の河口は、右側から「木曽川」、「長良川」、「揖斐川」です。つまり、社会の教科書で習った河川より低い土地である輪中の街、「海津市」です。

「知多半島」
20170304_134659.jpg
 「伊勢湾」三大半島の一つです。肉眼でも「中部国際空港」がよく見えます。

「豊橋」
20170219_135209.jpg
 「豊橋」上空。このあたりは水深が浅いため、埋め立てが盛んです。

「浜名湖」
20170219_135335.jpg
 水深や塩分濃度?などの関係で、色が場所によって変わっています。そして、手の形です。聞いた話では、「ダイダラボッチ」が
「琵琶湖」で穴掘りをしてその土砂で「富士山」を造るという意味不明なことをしていた時に転んで手をついた後が「浜名湖」らしいです。

左から(各文字の真下に相当)
「飛騨山脈」、「木曽山脈」、「赤石山脈」、      「富士山」

20170219_135517.jpg
 「富士山」と「日本」三大アルプスが1目で見られました。

「富士山」(「御前崎」付近より)
20170219_135540.jpg
 「遠州灘」の上空より。「富士山」がだんだん見えてきました。左側の「赤石山脈」はまだまだ白いです(3月)。「赤石山脈」から流れる「大井川」がめちゃくちゃ蛇行しているのもよくわかります。

20170219_135602.jpg
 写真中央少し右下に「富士山静岡空港」があります。その名前の元の「富士山」はそこから80kmほど離れています。こうして「駿河湾」の海岸沿いに「富士山」を見られるのも新鮮です。

「富士山静岡空港」
20170219_135635(0).jpg
 他の地域でもそうですが、開港までに紆余曲折ありまくりの空港です。「牧之原」大地の一尾根を見事にぶち抜いています。

「富士山」と「静岡平野」(「駿河湾」より)
20170219_135856.jpg
 雪の積もっている山は右から「富士山」、「赤石山脈」、「木曽山脈」です。

20170219_135825.jpg

20170219_135710.jpg
 「駿河湾」より、「静岡平野」、「富士山全体」、更にはその奥の「甲府盆地」まで見渡せます。改めてみると、「富士山」だけ地形が特殊です。

「静岡平野」
20170304_135608.jpg
 「静岡平野」全域を俯瞰。「三保半島」~「静岡県」北端の「赤石山脈」までがよく見えます。「静岡平野」を縦断する「賎機山」を境に、東西の高低差の気配がわかります。
 どれだけ知名度があるかわかりませんが、「静岡平野」の右半分の「清水」こそが、「ちびまる子ちゃん」の舞台町であることを書いておきます。

「富士山」拡大(「駿河湾」より)
20170219_135940.jpg

20170219_135936.jpg
 飛行機は、「駿河湾」沖合を飛びます。そこから、海面よりそびえたつ、「東海道新幹線」から見るアングルの「富士山」を眺めることができます。飛行機は着陸態勢に入りはじめ、若干高度を下げています(「富士山」よりはだいぶ高い)

「伊豆半島」の「弓ヶ浜海岸」と「下田」
20170219_140058.jpg

20170219_140118.jpg
 「伊豆半島」の奥座敷である「下田」です。下の写真が「下田市」市街地、上の写真が「下田」の南側の「弓ヶ浜海岸」です。遠浅の海と砂浜が非常にきれいな、おススメ海岸です。

「天城峠」
20170304_135900.jpg
 「天城越え」で有名な「天城峠」(写真左側)と「天城山地」が見えます。右側には風力発電所が並んでいます。よーく目を凝らしてみると、写真を4等分した区域の中心に、「河津七滝ループ橋」(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Kawazu_roopbridge01.JPG)が見えます。

「富士山」(「伊豆半島」南端より)
20170219_140150.jpg
 「富士山」を「伊豆半島」越しに俯瞰。「富士山」東側の「御殿場」は他より雪がたっぷり積もっています。

「房総半島」
20170219_140806.jpg

20170219_140913.jpg
 「房総半島」の南端に差し掛かりました。東側へ向かう国内線は、「東海地方」南側の沖合を進み、「房総半島」を反時計回りに回り込んで「羽田空港」に着陸します。こうしてみると、半島が長いです。そして、かなり高度が下がっています。

「東京湾アクアライン」
20170304_141036.jpg
 「シンゴジラ」登場場所となった「アクアライン」が、写真中央右側に見えます。

「外房」の海岸
20170219_141235.jpg
 海が非常に澄み切っています。ここも深さごとに色が変わっているのがよくわかります。

「千葉」の工場群
20170219_141812.jpg
 工場マニアの人にとっては萌え画像です。マニアではありませんが、すごい設備群です。

「東京湾」
20170219_141930.jpg
 上空から見ると、湾内の船舶の数が異様に多いのがわかります。

「鶴見つばさ橋」
20170219_142010.jpg
 写真真ん中少し上にあります。

「川崎浮島ジャンクション」
20170219_142202.jpg
 「羽田空港」到着直前に、「タモリ倶楽部」の「首都高」造りかけ大賞でも紹介された「川崎浮島ジャンクション」を通過。このジャンクションは、「首都高湾岸線」と「東京湾アクアライン」の交点で、計画倒れになったパーキングエリアなどの未成用地があります。写真を横切っている白い高架が右側で途切れていますが、これが造りかけの部分です。パーキングエリア予定地は現在、太陽光発電所になっています。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

太郎の部屋

Author:太郎の部屋
太郎の部屋にようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
部屋に来た人
地域別訪問者数

ジオターゲティング
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
バロメーター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム